fc2ブログ

山梨学院、春の甲子園【初優勝】 100年の重い扉を開く快挙達成! 天地が逆転する新時代の幕開け!

NEW !

S3670020 png ① 50%

 

( ̄▽ ̄)前回、ブログにも書いたとおり、山梨学院の甲子園「初優勝」は実現されました。やはりオラの予言は見事に的中。

下馬評では「報徳学園が有利」で、決勝戦の新参者(チャレンジャー)である山梨学院が勝つことを確信していたのは、多分10人中ひとり(オラ)くらいでしょう。

 

 

 

 

ほんとに不思議な感覚なんだけどね、しゃかりきになって「絶対に勝つんだ!」「優勝するんだ!」と、無理に願望をかなえようとして意地を張ったりムキになるわけでもなく、頑張って勝ち取るんだあ!というわけでもない。もう既に「勝った現実しかない」という浮動の安心感のようなものがあったんだよね。

 

とにかく、大会初日の第一試合から決勝戦に至るまで、全てにおいて「ナンバー1」になるべくしてなったという不思議な流れが、山梨学院にはあった。クジ運からしてもね。

 

 

特にエース投手の林君は、いわゆる勝星を「もってる」タイプ。

マウンド上では独特の落ち着いたオッサン臭さがあった。

 

 

それが吉田監督と一緒になってチーム全体にドシっとした安心感を与えていた。

 

 

 

投打の要として活躍。効率よいピッチング。

「決勝戦も投げ終えたけど、なんなら明日も投げれますよ」といった「疲れ知らず」にも見える風情。実力的にも精神的にも「確実に勝利する風格」のようなものを備えているように見えたので、特別な「リキみ」もいらなければ、心配もいらない・・という感じだった。

 

そんな林でも、決勝戦では「おかしなボーク」で先制点を献上し、2点を先取されてしまった。

けれど、それでいい・・負う立場のほうがいい・・逆に「これからが楽しみだ」・・とワクワクした。

 

その後、5回裏の一挙7点の猛攻は、まさに甲州軍団:武田武士の旗印である「風林火山」そのものだった。突破口はやはり投打に活躍してきたエースの林。はやきこと風の如し、侵略すること火の如く、動かざること山の如し。当初から静かなること林の如し・・というより、とにかくアタフタせず、落ち着いていた。

 

 

林投手の投球フォームは、「早実の荒木大輔」投手にちょっと似てるかなと思った。

フテブテしさとタフさは、「横浜高校の松坂大輔」っぽかったし、

制球の良さは、「浪商の牛島」あたりに似てたかな・・と。

 

今回は、山梨学院の活躍から久しぶりに見た甲子園だったけど、

その歴史は時代が変わっても連綿と受け継がれてるんだなあ・・と

感慨深いものがありました。

 

 

ちょっと残念だったのは、7点をとられたとはいえ、もう少しばかり、報徳学園側の執念というか、粘りを見せてほしかったこと。前日、優勝候補の大阪桐蔭に勝利したあとの疲労も多少影響したのか、「負けが頭をよぎってしまう」選手たちの気力そのものが、空気的にガクッと落ちたのがわかった。それでも好守備や打撃でふんばりを見せていた選手もいた。監督がエース投手交代のタイミングを逸しただけでなく、7回あたりには「好投手の林から5点もひっくり返すことは無理そうだ」・・というので、春の大会の優勝は諦めて、夏の大会に向けて投手のマウンド経験ならしで調整をしようとするフシが感じられたこと。報徳学園が3点にしたのは8回。4点差くらいならワンチャンスで逆転可能。延長に持ち込めば、相手投手の林は投球制限で降板する。だから、まだ負けると決まったわけじゃない、諦めるな・・と、そういう意気込みと試合展開が、過去にはよくあったと思うのだけど・・。

 

実際、物事をひっくり返す際には、誰も予想しない、一見バカ丸出しのように奇想天外で、無駄すぎるほど無理なエネルギーが生じる。そこにこそ、「本物の実力と面白さ」がでてくるものなんだけどね。

 

 

無駄な動きのない、効率の良い野球。

試合展開も早く、あまり時間をかけない。

 

いまどきの高校野球のスタイルは、

管理する側が極力「時短」を好んでいるように思われる。

 

それに対し、

 

無駄かもしれない、でも、もしかしたら逆転できるかもしれない。

いや、できる。やれる。やるんだ。

間に合わないのに全力でベースにスライディングしてくらいつく。

相手の投手を疲れさせるために、何球でもファールで粘り、

バントの場面でもないのに、わざとかきまわすようなことをする。

 

そういった「余計なエネルギー」が、少なくなったような気がした。

試合展開にもよるだろうけれど、

ちょっとばかり、以前みていた甲子園の空気とは違う感じがした。

 

体力不足でもエネルギー不足でもない。ここ一番の爆発力はある。

無駄に発揮しないだけ、疲れるから・・とでもいう感じかな。

 

いちいち、その都度、諦めない・・というのも、無駄なエネルギーなのかと。

さっさと次へ向かう・・無駄になりそうなところに意識を置かない・・と。

 

ただ見てる側からすると、あっさり経過しすぎて見応えがない気がするけど、

やってる側からすれば合理的で、無駄な疲労は少ないに越したことはない。

 

 

子供の頃から高校野球は大好きで、

毎年、TVにかじりついて

ほぼ全試合ぶっ通しで見ていたこともあったので、

ちょっとした解説者と同じくらいの見識はあると思うんだけど、

近頃は、TVそのものがつまらなくなり、

野球にしても、変な大人たちの作為※を感じるのが嫌になり、

殆ど見なくなってしまった。

 

※例えば、組み合わせから細工して、

大会当初から強豪校をぶつけて

観客の動員や視聴率を上げようとする魂胆とか・・

選手よりも外部の人間が宣伝的に目立とうとするとか・・

大リーグにならって投球制限を執拗にかけるとか・・

 

高校野球をとりまく環境や事情が変わっていき、

次第に関心が薄れてしまった。

 

久しぶりに甲子園を見ると、

なんだか以前と景色が違うな・・と思えば、外野が人工芝になっていたり。

大リーグ球場のような「人工的な芝生整備のスジ」や

毒々しい緑色が気持ち悪いだけでなく、

ボールのバウンド具合が昔の芝生のときとは微妙に違うことも。

 

情報だけは知っていたけれど、実際にマジマジと見たことは無かった。

 

更には、コロナのせいで、4年間、「声だし応援」ができなかったことや、

今大会でそれが解禁されたことなど、説明を聞くまで知らなかった。

 

バカな大人たちの都合で、なんてことをしたんだ・・と。

 

いろいろあったけど、明るさが戻ってきた。

 

その節目の時に、「山梨」の文字が閃き、開かずの間の封印を突破した。

 

 

(地元の人間ならよく知ってるここだけの話・・)

 

山梨学院といえば、その昔は、頭の悪い不良のたまり場に屯す連中(いわゆる「日本版ヤンキー」)が通うのが相場で、すぐ隣の高校へ通っていたオラなどは、「学院へ行った友達」が、バカそうな連中と一緒に自転車で通って行くのを見るたびに、「あ~あ、あんなになっちゃってなあ~」と、ため息をついてたもんです。それが、学長が変わってからスポーツの強化でみるみる全国区に名を馳せ、箱根駅伝でも常連となり、サッカーでも全国優勝し、遂には野球でも全国優勝を果たしたわけですが、その実、他県から留学生を集めて強化した結果の賜物。県内生まれの子たちではないのがゾロゾロ。なので、かつての市川高校のときとは違い、若干、喜びは微妙になるわけですが、それでも、やっぱり、山梨県勢、初の甲子園優勝であることに変わりはないので、そこらへんは寛容に喜び、素直に祝いたいと思います。

 

 

 

山梨県の歴史に残る快挙だった。

 

ありがとう!おめでとう! 山梨学院!

 

やったゼ、山梨県! 甲子園、初優勝!!

 

スポンサーサイト



テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

山梨学院、甲子園で初の決勝進出!! そして初優勝も夢じゃない! ありえな~い!! 

NEW !

( ̄▽ ̄)毎度、甲子園へ出場する枠をつかむだけでも大変だった山梨県勢。当然ながら、出場しても、ほとんどが「出ると負け」でした。長年の「敗戦マインド」が定着してる地元民としては、今大会の「決勝進出」という快進撃は、まるで夢を見ているかのよう。

 

 

 

 

決勝戦の相手は、昔から「打の報徳」と恐れられていた報徳学園高校。準決勝で大阪桐蔭を下し、決勝進出を果たした。

甲子園では超有名高であり、本格的な実力を持つ強豪の報徳学園。

 

( ̄▽ ̄)「相手にとって全く不足はない」・・なんて余裕ぶったことを、対等な目線でいえる立場ではない山梨県勢ですが、今回の山梨学院に限ってみると、「いや、決してヒケはとってない。甲子園レベルだわ。しかも上位クラスの・・」という雰囲気があるだけでなく、なにしろ開会式直後の「第1試合」というクジ運から、「デルト負け」を打破し、あれよあれよという間にベスト8まで勝ち上り、準決勝では岸田首相の地元である広島の広陵高校に打ち勝つという勢い。岸田の「必勝しゃもじ」をも打破したわけで、気分爽快!!

 

あの目の覚めるようなスカイブルーのアンダーシャツ&ソックスの効果は絶大らしく、一目みたとき「あの色、さわやかすぎて、相手チームが多分やる気にならんぜ・・」「山梨学院の応援席も、あのさわやかな水色がワンサカ揺らめいてるし、味方は常にさわやか気分でプレーができるし・・心理的にも、実力的にも、これはイケるゼッ!!」・・と。

 

甲子園の決勝戦に「山梨」の文字が躍ることだけでも、本当に夢のようですが、現実なんですねえ(感涙モノ)。

オラの頭の中は、確実に「初優勝」の文字しかない!・・というので、一応、ブログにつずっておきます。

特に頑張らなくても、なぜか今回は最初から「山梨学院には勝利の女神がついてる」ように思えます。

 

時代の変わり目には、「ありえないこと」が起こるんですねえ。

 

報徳は強いんだけどさ、

なんだか知らんけど、もう山梨学院が勝つことしか考えられな~い!  

 

 

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

安倍帝の国民栄誉賞をエラーするイチローは最高のチョー野球人!


先日、イチローさんが引退したとき、
ブロ友さんと賭けをしました。

イチローが国民栄誉賞を受けるか受けないか、
互いに「受けないほうに賭ける!」でした。
というので~、勝手に
「賭場イチロー」ごっこ(^◇^)!

イチローの国民栄誉賞に反対するほうに賭ける奴ァ、ハン。
長州田布施野郎共の褒美を受けるほうに賭ける奴ア、チョーだ。
さァ、ハッタハッタ~!( `ー´)ノ!コロコロイチコロイチロー。

結果は、ハン!
ナイス!イチローは~ん!
やっぱり、アンタァ、最高の野球人だゼィ!
素晴らしい! 大好きだ~!

いい気味だよね~、
アスリートの栄光を
てめえの政治的好印象操作に利用する安倍の馬鹿にはさァ。

ところで、新元号「令和」の典拠を掘り下げると~、
「安帝」の腐敗政治を嘆いて、野に下った
後漢の役人:張衡(チョーコー)さんの
「帰田腑」※(中国の古典)が基なんだってね~。
※「安帝の愚政に嫌気がさしたから役所を辞めて帰農」が前提の
嘆きの詩としてまとめられ、それを転筆させたものが「万葉集」に記されただけ。簡単に言えば、中国古書からのパクリ。知能薄弱なエセ右翼の安倍には日本独自のものとしか見えないようだ。
 
出典から「中国の古典」を外して「万葉集」のごく一部だけを典拠として後付けし、『日本の国書から』と印象操作したわけで~、ほんと馬鹿丸出しの無知蒙昧とはこのことだよね!
「安帝」=安倍のことじゃね?( *´艸`)。アテツケだよね~完全に。





「令(例)月」とか言ってるけどさ、「月例」のことだよね。
「春も中頃の月例ともなれば、冷たい空気も和む時期だよね」
と、百姓あたりが時節の変化を肌身で感じる・・程度の一文だよね。
な~にが、「美しい調和」だかね。美化しすぎる安倍や応援団が気持悪すぎるくらいナマヌルイね~。

最後の文字を上にひっくり返して読むじゃん、漢詩ってさあ。
読み方、間違ってンじゃないの? 漢字も勝手にスリ替えてるし。
『万葉集』って、な~んかショボいよね~。

安倍は漢詩の意味を全く知らんかった・・ってことでしょ、要するに。
しかも、有識者だか、選定者だか知らないけど、
安倍の息がかかった人間が元号を考案するなら、
もとが「張衡の漢詩」なんかからとるわきゃ~ないっしょ~(*´▽`*)。

天皇家からの依頼で、国連(米国)の中国漢詩通の学者あたりが
提案したんじゃな~い? 腐敗した安倍帝へ中国の古典をさ~。 
安倍や無識者の考案なんかじゃないヨね~。ンプッ( *´艸`)爆!



だから、やっぱり、これっしょ?


日本政府の上位には、米国政府が君臨してますよ。
国際条約にしても、米国側から決め(られ)てるのを、お忘れですか?
天皇は国政には関与できないから、元号の否決権などありませんよ。
安倍が期待した「安久」を否定したのは天皇家だけではないでしょ?
「推測」ではなく、考察すれば、自ずとすぐにわかることでしょう。

▼以下、追記・・(転載記事のコピペ)


https://docs.wixstatic.com/…/9f1574_d3c9253e473440d29a8cc3b…
(「令和」の典拠である大伴旅人の原典には)テキスト全体の底に権力者への嫌悪と敵愾心(てきがいしん)が潜められている。断わっておきますが、一部の字句を切り出しても全体がついて回ります。つまり「令和」の文字面は、テキスト全体を背負うことで安倍総理たちを痛烈に皮肉っている格好なのです。もう一つ断わっておきますが、「命名者にそんな意図はない」と いう言い分は通りません。テキストというものはその性質上、作成者の意図しなかった情報を発生させることがままあるからです。
 安倍総理ら政府関係者は次の三点を認識すべきでしょう。一つは、新年号「令和」が〈権力者の 横暴を許さないし、忘れない〉というメッセージを自分たちに突き付けてくること。二つめは、こ の運動は『万葉集』がこの世に存在する限り決して収まらないこと。もう一つは、よりによってこ んなテキストを新年号の典拠に選んでしまった自分たちはいとも迂闊(うかつ)であって、人の上に立つ資格などないということです(「迂闊」が読めないと困るのでルビを振りました) 。
 もう一点、総理の談話に、『万葉集』には「天皇や皇族・貴族だけでなく、防人や農民まで、幅 広い階層の人々が詠んだ歌」が収められているとの一節がありました。この見方はなるほど三十年 前までは日本社会の通念でしたが、今こんなことを本気で信じている人は、少なくとも専門家のあ いだには一人もおりません。高校の国語教科書もこうした記述を避けている。かく言う私が二十数 年かかって批判してきたからです。安倍総理――むしろ側近の人々――は、『万葉集』を語るには あまりに不勉強だと思います。
https://galapgs.com/ec…/politics/domestic/meaning-of-reiwa/…

プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(68)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR