fc2ブログ

で…でたアーッ!!

イノチがちゃんとあって,歩いていた…イノ…ッ!!

9月2日(水)。

一昨日(月曜日),久しぶりに爺様の入院している病院へ看病に行った。
回復している…そんな様子は全くなく(恋夜のバ~バは,ごまかしてた…(-_-;!)
寧ろ…
「衰弱しとるーッ!!」

なんか病院では検査らしいこともせず,ただ寝かせておくだけの放置状態…。
医者も看護師も,病気(糖尿病)の年寄りなんか,どうせ治りっこないんだし,
合併症でも出てきたら,オネンネしたまま早くオダブツしちゃえば…みたいな感じ…(怒!)。

エネルギーが有り余る恋夜は,爺様と同じ階の病棟を何気なく見回ってみた…。
すると…みんな気絶状態のように静かに寝たっきりで,見舞い客も殆どなし…静か過ぎる。
現状を維持するのみで,少しでも病状を改善しようというエネルギーのカケラもないような気がした。
病院から戻ってきた恋夜は,爺様の病が原因不明のまま推移しているため,独自に調べてみた。


瞼の片方がダラリと垂れ,突発的にオデコが痛く,たまに吐き気もあり…という症状。


調べた結果,
どうやら 突発性の三叉神経痛(医学用語では用いない,いわゆる顔面神経痛)ではないかと…。
ごく稀に,この三叉神経痛の原因が,脳腫瘍であることも…。
脳腫瘍が成長するにつれ,
脳の内圧が亢進して硬膜を圧迫するため吐き気も出てくるとか…(ヤバイじゃん爺様)。
しかし…脳神経外科でMRI検査をしても,なんら異常が見られなかったという爺様…ブキミすぎる。

まとめると,突発性三叉神経痛は,
脳幹から顔面に出入りする神経(オデコ・鼻から口・下顎と,三叉に分かれる末梢神経)が,
隣接する血管に圧迫され(動脈硬化などによる血管の蛇行が原因),
神経伝達物質が末梢神経から分泌される間の約30秒程度,
ビリッと電気が走るような激痛が発生するという症状だ。

この症状に有効な薬が…なんと「テグレトール」という,てんかん発作に効く薬…。

この薬,実は以前から爺様が糖尿病の末梢神経のシビレを抑止するために服用していたものだけど,
昼間眠くなったり,ふらつきが見られたり,なにより頭がボケ~ッとしちゃう副作用が強く,
なるべく飲ませないようにしていた薬だ。

かつて爺様は,脚のシビレが酷いため,このテグレトールを通常以上に飲みすぎ,
日中,街中で倒れ,救急車で運ばれるハメに…。
たまたま恋夜が出発前の救急車へ駆けつけたから良かったものの,
病院へ送り込まれて回復後,担当医が言った言葉は…
「●●さん(爺様のこと)…そんなに薬,飲んじょし…どうせ,効かんだから…」と,
思いっきり甲州弁で,
思いっきり医者の言葉とは思えん投げやりの文言をほざかれたという忌まわしい経緯があった。


よりによって,テグレトールが有効とはね…(-_-;なんと皮肉なこと…。


原因(圧迫痛)を取り除くため,
その1…投薬(対処療法)。
その2…耳の後ろから頭蓋骨に穴開けて,神経から血管を移動させる手術。
その3…ガンマーナイフによる放射線照射術。
その4…神経ブロック注射。グリセリン注射。

手術しても後遺症が発生する可能性があるだけでなく,再発の可能性もあるらしい…なんかムダ臭い。
と…ここまで全て暗記して頭の中に叩き込んだ“恋夜にわか医師”としては…爺様どうするよ?
病院変えて,別の医師による精密な検査が必要…との答えが出ることは出た…。

きっと,ベッドで寝かされっ放しの爺様にしても,
イノチがちゃんとあって,まだ歩いていた…イノ…ッ!!
と,思っているに違いない…。
そして,いつも家でつけっ放しにしていた時代劇の番組を,さぞ見たいに違いない…。

なにしろ,フラフラしながらでも,ナース・ステーションへ歩いて行き,そこへ居座る爺様…。
ナースや医者たちは,爺様に歩き回られちゃ困るから,
ベッドの周りに,簡易テーブルやイスでバリケードが築かれているという有様だ…(-_-;。
「ガタンと音がしたら,動いたことがわかるので…」なんて若いナースが説明したけど,
転んだら,どうすんだ…と,ニコニコしながらも,内心では怒りのアフガンだった恋夜…。
(断っとくが,爺様は,まだ徘徊老人レベルじゃないゾ! ヒト恋しいってだけなのだ!)
ずっと歩かないままでいると,筋力が衰えてしまうのにサ…ムチャクチャな病院…。


いかん!…こんな身内のことをダラダラ書くつもりじゃなかったんだっけ!


●実は,恋夜が病院へ行っている間,家のほうでは物騒なコトが勃発していたのだ!!

その物騒なソレは…昨日も,ご近所のマダムたちを震撼させていた!!
恋夜の家のアニジャ(兄)は,ソレと視線が合い,暫し硬直…!…ソレは庭先からフッと消えたらしい。
更にまた,ソレの目撃証言は後を絶たない…。
寧ろ,増えている。

ドコドコの通りを横切った!!…とか,庭を歩いてた!とか…。

そして,恋夜の可愛い甥っ子ちゃんは…昨日,ソレの足跡を家の入口階段上で発見し,驚愕!!
「の…のぼってきた…!!」…家中で騒ぐ。

お隣のマダムの目撃談によれば,
どうやら,隣の空家に棲みついているらしいとのこと…。

ええッ!?…その隣ってのは…恋夜の家から約3メートルくらいしか離れてないじゃ~んッ!!
瞬間,背筋に冷たい戦慄が走ったのは言うまでもない…(-_-;!
そういえば…以前から,深夜,部屋を暗くした1階でPC作業をしていると,

「ガふッ…ガふッ!!…」…のよ~な,獣声みたいなのが庭先から聞こえてきたよ~な…(-_-;。

犬にしちゃあ,ど~も腹減らしすぎてンじゃないのか?…っぽいガフガフ声だったから,
なんだか怖くなって,開いていた窓を閉めたこともあったっけ…。

勿体つけて,ここまで書いてきたけれど(バレバレ?),
まだお目にかかったことがない噂のソレの正体を空想のうえ,数十秒で描写してみた↓(ヘタクソに)。
                       

イノチがちゃんとあって,歩いていた…イノ…ッ!!

                         ↓…





★ここまで長らく読んで下さった方には,何がデターッって,恋夜のマズイ絵がデターッ!ってのと,

特別サービスで栗ちゃま(燃えよ剣)のオマケ画像がデターッ!!ってのが拝めるというカラクリです。

ちなみに,“イノ”に襲われイノチがヤバくなったヒトは,まだ誰もいなイノ…(-_-;サム痛イノ…。

近日中,どっかの新聞に「山梨県の住宅地で,髪の長い女性がイノシシに襲われた!」

なんて記事は…「あり得なイノ!」…と,言い切れない現実が,すぐそこに…。

こわイノね~…と言いつつ,いっぺん遇ってみたいなあ…イノちゃんに。
スポンサーサイト



関連記事
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR