fc2ブログ

原子炉でウラン燃やせば放射能1億倍

福島第一原発事故は,延々と終わりのない状況で
放射能の毒が環境へバラまかれても
誰も裁かれないし,責任を取らない。
「除染」をすれば,放射能が消えるわけじゃない。
移動するだけ。
その場しのぎの,気休めでしかない。
 
 
子供に何を教えているのだろう?
「早く除染して,一日も早く,もとへ戻してほしい」
そんな投書を見かけた。
絶望的な汚染地帯に除染は不可能だし,
帰ることはできない。
残酷な状況でも目を背けてはいけない。
それが現実。
 
光を奪ったのは原発と,
それを推進してきた連中だ。
 
 
口先だけ威勢のいい政治家のタワゴト公約を品定めする前に,
原発事故の惨状を改めて認識することが必要。
毒を直視すれば,自ずと揺るぎない核心が持てる。
それと同化する道を選ぶべきなのか否かも,はっきりする。
 
原子炉を稼働させるということは,
簡単に言えば,ウランを燃やして放射能を増やすこと。
 
電気が流れて皆が安心安全!湯水のように使ってバン万歳!
…などというのは表向きの美しい姿でしかない。
化粧を引っ剥がせば,ハラの中は致死量の毒素でいっぱいだ。
 
 
小出先生の説明では,
 
新燃料のウランを原子炉の中で核分裂させて燃やしきった
「使用済み核燃料」の
放射能毒性は,
1億倍,増加する…とのこと。
1年,2年…原子炉で燃料を核分裂させて燃やし続けると,
年を経るたびに放射能汚染が増していく。
 
軽々しく再稼働をすることに反対する第1の理由はそこにある。
 
燃やして使いきった
「使用済み核燃料」は,
猛烈な放射能の塊。
熱を帯びた燃料棒を原子炉建屋内にあるプールの水で冷やし,
放射能を遮蔽しているに過ぎない。
 
 
今現在,福島第一原発1~3号機は
人が立ち入れないほどの高放射能汚染地帯。
 
事故当時,かろうじて4号機は運転していなかったため,
比較的放射能の程度が少なく,
原子炉建屋内に散乱したガレキなどを
撤去する作業を行っている…
YouTubeで見られる“ふくいちライブカメラ”
最近の様子を見た。
中へ落ちたクレーンを運び出していたり,
未使用の燃料棒を吊り上げていた…。
 
 
福島第一原発4号機のプールには,
1535本もの使用済み核燃料がある。
 
まずは,これを取り出さねばならない。
 
原子炉に入る燃料の許容量は約500本。
それの約2.5倍もある。
 
 
全国各地の原発にも,
おそらく許容量を遥かに超過した使用済み核燃料棒が
猛毒の放射能を帯びたままの状態を保ちつつ,
当然にして存在している。
 
 
事故の処理だけでなく,
そちらの処理も一切放置されたままだ。
 
 
原発は電気を生むだけの単なる道具ではないし,
経済発展や安全保障のための「必要悪」でもない。
 
簡単に言えば,
「超危険・毒物製造機」だ。
「麻薬」や「神経毒」なみに,
人の良心さえも歪みにゆがませる。
嘘つき,隠ぺい体質を養成する,
不必要な極悪偶像崇拝の対象建造物
でしかない。
 
再稼働するということは,
人間を即死させるほどの放射能を増やす行為そのものであって,
こんな犯罪的な機械を動かすための「安心安全な基準」など
無責任極まりない机上の空論か絵空事でしかない。
 
 
事故になって反省している…と言う傍ら,
またどんどん再稼働しようと目論んでいるムラビト達。
 
 
 
原子力などに,いつまでもすがりつく人間は
「愚劣」の象徴。
どんなに社会的地位が高かろうが,
人間として,尊敬に値しない。
 
 
福島第一原発事故では,
「使用済み核燃料」を取り出す人的作業が
今のところ4号機のみ可能なだけで,
隣の3号機などは,爆発後,物凄い高放射能汚染のうえに,
建屋そのものが潰れて壊滅状態に近いため,
人が中へ立ち入る作業すらできない。
 
内部の使用済み核燃料を取り出すことは,
非常に困難で,人的作業は不可能に近い…。
 
しかも,4号機プールの崩壊で放射能が拡散すれば,
冷却作業もなにもかもできなくなり,
日本国土のみならず,
経済も国家も人類も
死滅させてしまうという
時限爆弾を抱えていることに,
何も変わりがない…。
 
この日本で原発操業以来,
最終処分先すら決まらない核のゴミの総量は,
既に広島原爆の約120万発分に相当するという。
 
これをまだ未来永劫,平気で増やそうとする神経こそが,
憎悪すべき対象。
 
 
人物そのものを嫌っているのではなく,
毒物だと知りながら,やめようとしない,
その意志の薄弱さや傲慢さに対して嫌悪する。
 
 
そんなところには
いい人を装った仮初めの「つながり」や「絆」など,
一切なくてもいい。
 
 
12月1日(土)の『愛川欽也パックインニュース』に,
京都大学の小出裕章先生がゲスト出演!
世を憂う,見識者の方々には,
おすすめのネット番組です。
 
 
 
原発事故に関する小出先生のお話は,
今年の10月末に放送を打ち切られたラジオ番組
≪たねまきジャーナル≫などを通して
ある程度認識しているとはいえ,
時の経過とともに,
どこか遠い存在のようになりつつある世情の動向とともに,
思い起こすと息苦しく,重苦しい気分になるから,
気持ちのどこかで「忘れたがる」のが人の常だけれども,
「早く忘れて前向きに・・・」
と,「秋冬の味覚やグルメ情報」を追いかけてマッタリ幸せ…
とはいかない別世界の毒社会になってしまったことを
忘れることはできない。
 
忘れたように見えて,
仕事や家事や学業などに追われていたり,
ほかのことで気を紛らわしていたり…
なんとか「凌いでいる」…というのが,
多くの人の心の中には,少なからずあると思う。
 
延々と続く原発事故処理の惨状を目の当たりにしてもなお,
相変わらず「核兵器保有のために原発を存続させたがる意向」を
あからさまにして恥じることなく居丈高に振舞い,
「些細な原発」よりも何よりも,
憲法を改悪して戦争可能な国にしようと企てる
強気なだけのトチ狂った政治家達の
愚かしい意識と同化して
考えなしに旗を振ることだけは避けるべき。
 
「核保有国」になるためにはまず,
「核不拡散条約」から脱退しなければならず,
核兵器廃絶の世界的動向に違背しても構わない…ということ。
 
 
暴走して脱線する蝋ジンの基地外沙汰を
ヌケヌケとマヌケに支持するのは一体,誰ね?
 
「虎の威を借るキツネ」ほど
空々しく卑怯な言い訳で自己弁護する。
 
 
 
 
 
微力でも,不利益でも,
現状悪化に対抗する意志を持ち続けることが,
いつの時代も
人間として最低限必要な誇と勇気ではないかな…と思う。
 
 
禍を忘れず,俗(毒)悪美徳意識に屈しないことこそが,
真に心の強さの証明ではないかな…と,最近,特に思う。
 
 
「英雄然として威張る人間が,必ずしも強者ではない」
 
故人の教訓…今更ながら納得。
スポンサーサイト



関連記事
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR