fc2ブログ

恥の上塗り…ハジモト会見(^.^)

ハシモトもとい,ハジモトイヤ~ン!フッ…(-_-メ)下品で御免の外国人記者会見は,
ジコベンゴに長時間を費やしたもので,
諸外国からは悪評に終わる。
 
にもかかわらず,日本オバカメディアは,
まだ彼を擁護してるみたいだップウ~。
 
 
それだけでなく,慰安婦を性奴隷と指摘され,海外から猛烈に批判されている今の日本の現状でさえ,マトモに受け入れたくない意識があるせいか,
『もしかしたら,証拠もないのに諸外国が日本を陥れようとして嘘の事実をもとに,バッシングしているのかも~』
などと,視点や論点をすり替える始末…。
いかにも戦争を知らない
フヌケ世代の発想だこと…ドアホめ(-_-;)。
 
 
 
従軍慰安婦に関しては
「強制連行した証拠がない」という説を
風評的に流して一般認識化させている
国の関係者達。
そりゃそうだ。
だって,そういう資料証拠は全部焼却するように命令下してたんだもんね。
当時の軍部(国)は。
人間魚雷しかり。
人道無視の自爆玉砕攻撃の事実すら
証拠資料を隠滅するよう上官に指示した。
 
 
恋夜の亡き伯父さんは,陸軍の上官で,
満州行ってシベリアに送られて復員した
人だったから,今,生きてたら,当時のことをもっと詳しく聞けたかもしれないな…と。
戦後は,裁判官になり,弁護士になった。
国からの勲章(叙勲)は自ら辞退した。
 
 
 
資料証拠が「ない」と言い張るのは寧ろ,
証拠「隠滅してきた」ことを
国家的に公然と証明していることに
何故,気がつかんのかしらね。
 
 
証拠隠滅に直接かかわった人が
その隠滅の事実を証言しているし。
事実,命令に背いて秘かに隠していた
資料や遺品を,戦後,遺族へ配り歩いていた上官もいる。
 
 
その証言を全部否定して
「事実ではございません」などと,
他人が勝手に判断できるわけがない。
「事実でない」ってのなら,
ないことをアンタが証明できるのかい?…ってな感じ。
 
 
 
前の「クサレNHK」記事でも触れたように,
自国にとって「マズイことは隠す」。
いまだに同じことをやってる。
 
 
ハジモトは,戦時下の軍部による
強制連行婦女暴行を「必要だった」と
肯定し,ボクちゃんの国だけでなく諸外国だって同じことやってたじゃん,日本ばかりが悪いわけじゃないも~ん…との説で,会見でも恥の上塗り。
自身の発言の真意が伝わらないのは,
報道の「誤報のせいだ」とし,自己評価を落としたのは,あたかも報道(他人)のせいである…と主張する,
そのみっともなさ。
 
 
いまさら連れてきたネコみたいにスマした顔して言い訳したところで,
腹水盆に返らず…取り返しがつかない。
自らその人格(品格)を貶めてしまった。
で,結局,訪米は中止…良かった。
 
 
以前から彼の記者会見の様子は動画で
よく目にしていたけれど,酷いのなんの。
質問に対しては質問で返す。
都合が悪くなると時間切れと言って切る。
カッカして,どなり散らす。
質問の返答に窮すると,記者自身(会社)の対応(マズさ)をあげつらって,ひつっこく問いただした揚句に逆切れし,そのうち記者に反対尋問しているような風景等々…。
それでも彼の固定(隷属)的な支持者は,
毎度そういう「強気のハシモト」に憧れているらしく,記者を悪者に見立てる援護射撃をしながら,不気味なほど常にハシモトを翼賛・肯定している。
 
 
こんな野放図で傲慢な様子が万一,外国メディアの目に触れた日にゃ…というか,もう多分,知ってる人は知ってるだろうね。
 
 
ただし,ハジモトよりも,もっとタチの悪い人間がいることを忘れちゃいけない。
 
 
ハシモトが酷い表現で慰安婦問題を肯定する一方で,アベシンゾーは,
諸外国の摩擦を恐れ,表向き口先だけで慰安婦に謝罪しながら,腹の中では事実を否定し,侵略戦争否定論とともに日本の過去の歴史からその「汚点」を末梢したがっているという,とんでもない歴史の修正論者だ。
 
 
かつて(まだマトモだった)NHKが番組で
慰安婦に直接証言させようとしたのを
事前に放送しないよう圧力をかけた張本人がアベシンゾーだ。
そして,強制連行の事実を謝罪した河野談話を誰よりも変更したがっているのは,
現在の日本の総理大臣だという,
この忌まわしさのほうが,
ハジモトよりも,ずっとハジなことだ。
 
 
本来なら,こっちに目を向けるべきこと。
ハジモトはアベの隠れ蓑になっている。
スポンサーサイト



関連記事

腐れきったNHKニュース報道(再認識)

『米軍のF15戦闘機が沖縄海上へ墜落』
今日5月28日午前9時頃発生したこの事故のことが
当然の如く夜7時のNHKニュースで流れると思いきや,
まるっきりナシ。
嘉手納基地所属の米軍戦闘機が沖縄本島東海上に墜落し,
漂流していた米兵を自衛隊が救助したというもの。
これがニュースにならんとは,信じられん…。
 
 
次いで,ずさんな管理と実験で放射性物質を環境へ意図的に放出した
『茨城県東海村の放射能漏れ事故』
の続報があるかと思いきや,
これもその後の経過については何も報道されない。

本日夜7時のニュース報道トップ3は以下の流れ。
1.『南海トラフ災害への備え』(発生すらしちゃいねえものをダラダラ…)
2.『小学生の登山者無事帰還』(美談化)
3.『笹子トンネル天井板崩落事故の検証報告』(かなり前の事故)

冒頭の米軍戦闘機墜落事故については全く取り上げない(意図的だ)。
当日の事故発生について,報道を一切せず,
まだ起こってもいない災害や過去の事故のネタで時間を費やした。
こなるともう完全に「今日のニュース」番組ではない。
呆れたワ…。
 

その他,新聞記事でも共通のネタとして流布されているのと同様,
以下のような,とんでもない報道をしていた。
 
「甲状腺被曝の影響はチェルノブイリ事故の60分の1」
(情報源)
国連科学委員会報告
『明らかな健康影響は考えにくい』
『被曝がおさえられた』

これも大方,どっかのムラビトマフィア関連の差し金だろう。
今後もリアルタイムで
被爆測定の実体を調査していくことこそが必要であるにもかかわらず,
 
 汚染地帯の非難区域を解除しただけで
「もう放射能の影響はない,終わった」
 
 
この
見事な
事なかれ主義の流布
はどうよ。
 
有り得ないよ…。
こんな内容を公然と報道する,腐れきったNHKニュース。
信用できないね。
被爆の影響は,数年間見ていかなければ結論など出せないでしょうに。
 
怒りが込み上げて来るよ。
事実を歪曲して報道するから,諸外国に軽蔑されるんだ。
国民をバカにするのもいい加減にしてもらいたいね。
関連記事

どこまで漏らせば気が済むんだ…

『過酷な事故がある中で,高い安全基準を持っている日本への期待は大きい。』
原発輸出ラッシュと選挙前の人気(票)取りに励んでいる
オ~バカ大国・日本の首相「アベシ・ヒデブ」の発言(冒頭)は『北斗の拳』=『おまえはもうシンデれら』。
 
小出先生に指摘されるまでもなく,
アキエを妻に持つだけあって,誠にアキれた言動(コエダメ官僚の筋書きどおり)だ。
また海に汚染水を故意に流すしかない現在進行形・福島原発事故の惨状を
完全に無視するかのよう。
それだけでなく,ン?…ナニナニ?高い安全基準…?
 
過日の5月23日には,
東海村の原子力研究施設で放射能漏れ事故が発生。
放射性物質を吸いこんだ,1.7ミリシーベルトにも及ぶ内部被曝。
わかっている範囲で,既に約30名が内部被曝をしているという。
日本原子力研究開発機構での実験中の放射能漏れ事故。
これは誰が責任をとるのか。
放射線管理区域から放射能を外部に漏らした場合,
法的に裁かれねばならない。

フクシマから放射能がまき散らされたとき,拡散予測するSPEEDIの情報を伏せたのと同様に,
リアルタイムで事故を事故として伝えないだけでなく,
「事象」と誤魔化し,被曝についても,できるだけ隠ぺい体質を保持する原子力ムラ。
 
東海村は,まさにそのムラの頂点。日本の原子力発祥の地。
そこで今また,放射能漏れ事故を発生させた。
 
敦賀原発に関しては,
原子炉の真下に厳然と存在する活断層のことも否定し,
仲良し原子力推進マフィアを海外から呼び寄せてわざわざ記者会見をさせ,
現地調査もろくにせず,証拠も示さないまま「活断層じゃない!」とダダこねてる始末。

 
高い安全基準…とは程遠く,
「低レベルな不確定安全要素(思想))だけで安心したいのでR!」…しかない。

その結果,事故が起こる。

にも拘わらず,誰も何処も何も…無責任・無反省。
人っ子ひとりの生命の損失より,
社会的・経済的に損失が出ることを怖れる国家。
事なかれ&大勢流され主義で,個々の生活範囲でしかモノを考えない多くの国民…。
そしてとどめが,『孤立と軽蔑の大将(ハシモト)』を筆頭とするジコベンゴが達者な姑息ィ政治家ども。
いずれにしても歴史的認識が貧弱なことを棚に上げ,事故(自己)を正当化することだけは必死だ。
 

福島は,この先,どうなっていくんだろう。福島に行って,この目で調べねばならないことがある…。
皆より多く被曝した人の人生はどうなるのか…。
頭にモヤがかかっているみたいに,いつも気になる。
放射能汚染水で足をベータ線熱傷したフクイチの作業員などは…今,どうしているんだろう。
 

放射能に汚染された場所・食材について危惧することもなく,
ちっちゃな子供たちに田んぼで泥んこ遊びをさせ,畑で野菜を取らせ,生食させる風景がTVに映った…。
復興音頭で観光促進する傾向が最近特に目立つ。
その土・水・野菜・果物…
ちゃんと放射能測定しているのだろうか?
 

恋夜が住んでる山梨県に関しては,
最近,「富士山の世界文化遺産登録」がもてはやされているけれど,
福島の原発事故後,富士五湖にもセシウムが霧状になって降り注いだことは事実。
湖畔の「わかさぎ」からセシウムが検出された。
そんなことは,他県の観光者達が知る由もないだろう。
 

汚染された海や川や土地に,
率先して何もなかったかのように観光客を呼び込む材料を提供する公共放送を筆頭に,
被爆者のことを地道に取材し続ける大手メディアは,ほぼ皆無に等しい。
 
 
汚染地帯に客を呼び込む客寄せパンダのようなマネは,自分にはできない。 
そういった類と迎合したり,便乗したくないから,
福島に関連する歴史関係の記事については,今のところ,できるだけ封印し続けている。
公共放送ドラマに至っては,ザッとアラスジ見ただけでも気分が悪くなる一方。当然にして完全無視。
 

人の痛みより,懐具合の痛みのほうが気になるから,株式市場の上下動には敏感なメディア。
被爆者よりも,原発施設維持のほうが大事。
原発廃炉より,金儲け施設を維持する方針の政府を支持。
好きな言葉は,『キョジン・ゲンパツ・ジミントー』…そんなところが主流らしい(-"-)。
 

放射線管理区域から放射能が漏れた場合,
その事故は,刑事事件に発展する。
事故発生の責任を負う者が,同時に著しい被爆者である場合,
その損害とダメージは計りしれない。
 
 
そういった事件が,もしかしたら他人でなく,自分だったら…と,何故,考えないのだろう。
原子力を続ければ,遅かれ早かれ,
日本は勿論,地球自体が滅びることになる。
「おわりの日」に存在する人間ではないと思い込み,今はまだ大丈夫だと安心したがっている。
自分たちの生きている時代だけ幸福に生活できればそれでいい。
死んでからあとのことなんか,知ったこっちゃない。
 そうして,未来に生きる人間に,罪の種を押しつける。
原発維持に賛同する人間は,現在・過去・未来に因縁を残す人殺し罪人となる。
 
 
福島の原発事故も,国の責任者(経産省や保安院),東電が裁きを受けねばならない。
原子力政策を推進してきた自民党政権を,今また支持する人間もまた罪人のひとりだ。
 
 
使ってもいない施設(もんじゅや六ヶ所村の核燃焼サイクル)を維持し,
それらにかかる経費を電気料金に含めて徴収し,「黒字」として計上する。
できもしないものをできると嘘をつき,
あるものをないと言い張って,国民を欺き,
詐欺的に料金を徴収する悪徳原子力産業。
 
儲けになれば,嘘をつきまくり,良心の呵責すらない…地位は高くとも,人間として最低レベルだ。
 
 
この調子でいくと,
将来的には,日本が輸出する原発施設でも事故を発生させることになるだろう。
絶対的な安全基準なんてものはない。
原子力施設には,人間が処理できない,絶対的に絶望的な危険しかないからだ。
 

この国では,「危険」とわかっていても「安全だ」と言い張り,
活断層の真上に原発を「知っていながら建て」ても,処罰に該当する法すらない。
「場合によっては(推進派の意向を聞いて)・・・活断層もなかったことにしちゃおかな(田中規制委員長)」
規制する側が,丹念な調査の結果,自ら下した判断を覆すことなどあり得ないし,あってはならないこと。
昔の武士なら,切腹もん。

まさに,世界に誇れる『高い不安全基準』があるのでR(アベシ)。
 
 
関連記事

米国議会の調査報告まで否定したアベシ

沖縄に原発がない=米軍基地があるから=原発事故やテロが怖いから。
 
『この国(日本)は,どっち向いて政治してるんだ?』
上の動画音声(小出裕章ジャーナル)でも触れられているとおり,
日米同盟・地位協定に縛られながら
「米国に,付き従うことが国家の国益」として隷属する日本。
 
 
この国の現状は,米国の『言いなり』の奴隷国家。
本当に「主権を回復」したければ,
自国での裁判権すら奪われている不平等で理不尽な「日米地位協定」の撤廃や,沖縄の基地をひつでも廃止し,『おもいやり予算』の提供をやめるなど,独立国家としての正当な主張や政策が実行されるべき。
 
 
素直に「言うこと」をきくことが得意で,お勉強だけは優秀な
隷属大好き腰抜けオクゲ官僚達や,
侵略戦争の事実を否定する誤った歴史認識しかない
「世界的にチョー恥ずかしい」政治家達には
悲しいかな,隷属状態に対してNO!と言える気骨など,微塵もない。
 

にもかかわらず,妙なところで「ボクたん,屈しないもん」と,
屁の突っ張りのような貧弱答弁を繰り返す,ノミのシンゾー・アベシ。
米国議会の調査報告でも「歴史の修正論者だ」と非難されたことすら
国会で否定し,「ボクタン屈しないもん」のカラ強がり姿勢で
「それは米国の正式見解じゃないもん」云々には驚いた・・(゜o゜)。
 
 
 
そのうえ,アベシは,自身の侵略戦争否定の歴史認識こそが
「正しい」と思い込んでいるらしく,国会の場で公然と
「正しい歴史認識の情報を周知させていくこと」を力説する始末。
そしてそれを擁護するかのような国営ニュース報道。
 
 
時代劇なんかに出てくる
「気が狂ったオクゲさん」のことを「kichigai公家」)というけれど,
アベシを始め,擁護する一部の人間達は,
頭がどうかしてるとしか思えない。
かつての村山・河野談話の政府見解(侵略や従軍慰安婦の事実)すら,
アベ政権で「新たなもの(侵略&慰安婦否定)」に変更しようと
目論んでいる。
 
 
この件に関しては,人種・国家の壁もない。
米国ほか,まっとうな諸外国の人々と一緒になってアベシを叩くべきだ。
人道的に許されないからだ。
日本の恥さらしだ。
米議会(米メディア)からも,更なる反論がありそうだ。
イノセがNタイムズ紙に叩かれて久しいから,また怒らせる要因になる。
 
 
 
アベ擁護の「タカイチ」という自民党のバカイチ議員も以下同文。
この女は,昔,「朝まで生テレビ」に出演したとき,
侵略戦争の歴史認識を否定する発言をして
司会者の田原総一郎氏から怒られていたのを記憶している。
 
 
歴史認識=事実認識。
世界各国に,厳然と存在する(した)戦禍の事実記録は,
自国の都合と個人の独断と偏見で安易に否定できるものではない。
 

先日の主権回復の日(正しくは隷属開始の日)の式典では,
天皇陛下に「お言葉」を一切述べさせず,
戦時中の『天皇陛下,バンザ~イ!』を,公然とやったアベシバカ一同。
天皇を政治利用して,右翼思想を公然とアピールした。
 

ほかにもアベシは,スーツに迷彩服をはおって
装甲車の上で貧弱にカッコつけるイベント時の姿を
地上波広報TVなどで報道させ,軍国ヲタクを印象付け,
政府こぞって国民栄誉賞の授与で人気取りを画策し,
憲法96条の改憲アピールと自身の歴代総理番号をなぞらえ,
背番号96のユニフォームを着て,イベントに参加。
ヨミステ原発推進広報TVの協賛を得て,
まんまとスポーツまでも利用するという姑息さ。
思慮のある国民の目には,一連の行動が「異様」に見えるだけだ。
 
 
沖縄の基地問題に象徴されるように,
米国の『おしつけ国家状態』を,なにひとつ解消しないまま,
憲法ばかりをいたずらに『おしつけ憲法』だと銘打つことで
自虐意識と独立心を煽りたて,
これを改正することを目論む自民党や石原維新。
 
 
単純に言えば,米国の都合で
大東亜戦争敗戦後は「戦えない国」を押しつけられ,
朝鮮戦争時代には,やっぱり軍備せよと押しつけられ,
無理強いに慣れきった今現在に至っては,
押しつけ軍備増強状態の既成事実を自ら正当化するため
(まるで「できちゃった結婚」),
「御主人さまの米国と一緒に戦える国になりたいワ~ン」…と,
ベッタリすがりついて自己アピールしているという有様。
 
 
 
原発にしても,政治にしても,
押しつけ言いなり隷属状態から少しでも脱却する現状を実現した上で
たった独りきりで『万歳三唱』してみろ…と言いたくなる。
 
 
憲法改正は,米国と一緒に「戦える従属国家」路線の一環でしかない。
「戦える」…は,能動的な面があるものの,
実際の意味は,米国のために「戦わされる」はめになることだ。
「海外へ行って人殺しをして来い」というふうに押しつけられるのが
自民党ほかバカ同文の改憲の真実。
加えて基本的人権を根底から揺るがす「表現の自由」の弾圧が狙いだ。
権力に服従させるために
権力を非難させないために
権力の秘密を保持するために
公益及び公の秩序に反する活動や表現を封じる「言論弾圧」を行う。
 
たとえばこんな感じ…
原発は国益だ→民衆デモで再稼働反対!→逮捕・検閲・罰則で対処。
 
 
国家の益に反することを弾圧することも,改憲の目的になっている。
戦うこと(国益)に反対させないために,言論封じもセットになっている。
 
 
 
かつての侵略戦争の事実を捻じ曲げようとする連中の体制翼賛から,
至るところで武器を携行させた末,また,いらぬ血を流させる。
「グローバルな経済発展」に,軍備増強は必須だという名目を掲げる連中の金儲けのために。
 
 
 
憲法96条の改正について
国民の賛同を得難い空気を察した自民党の連中は,
選挙前にこれを目立たせることを控え始めるという卑怯っぷり。
とにかく「人気取り」第一主義で(やらせTVは極力,見ないほうがいい),
選挙が終われば公然と暴走する予定でいる。
そんなことを許しちゃいけない。
どうせ何も変わらないからどうでもいい…なんて言ってるうちに,
どんどん権力に都合良く「変えられてしまう」ことになる。
大多数の国民(庶民)の生活には,改憲したところで何のメリットもない。
寧ろ,軍国化に戻すことで,「徴兵制度」まで復活させられるのがオチだ。
 
 
子供達の世代に放射能の害を押しつけるばかりか,
再び血を流すよう強いる国に強制する…。
現実的な将来を思えば,悲惨な状況が目に浮かぶ。
賢者なら,「改憲するなら,今でしょ」…なんてことは言わないし,言えない。
 
 

最近,地上波放送を進んで見ることがなくなったから(ひつこい政府報道などは偶発的に見聞きしてしまうことはある)
アベシ政府の動向については(正直,見たくも聞きたくもない)
ネット放送の『デモクラTVや,ジャーナリストの内田誠さん(名前がまたイイ(^.^)が担当する
『ウッチーのデモくらジオ』などで,より詳しく知ることができる。
 
 
(次の記事は,デモクラTV&ラジオの内容を記そうと思います。)
 
関連記事

5月9日、栗ちゃま2013お誕生日



▲GIF画像▼スライドショー(リンク)

5月9日は栗ちゃまの、お誕生日です。
いつまでもお元気で御活躍下さいませ。
毎日毎晩(連日連夜)御祈りしていま~す!
 
 
『新選組血風録』は
栗ちゃま(28歳当時)の出世作であり
不朽の名作ですからね。
モノクロ画像を
カラー風にしてみました
 (正面顔のカラー化は、また後日。)
 
主役の土方歳三を演じられた栗ちゃまは
ず~っと「トシゾー」のイメージが取れないので、お誕生日に「歳増」になっても、
ず~っと「トシとれない」の(^.^)で~す。
そのおかげで、
今でも若いモンに負けないほど
明るく溌剌とされております~。


なにより精神が若々しいので~す。
お顔もカワユイままだし。
 
  
関連記事
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(68)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR