fc2ブログ

米国議会の調査報告まで否定したアベシ

沖縄に原発がない=米軍基地があるから=原発事故やテロが怖いから。
 
『この国(日本)は,どっち向いて政治してるんだ?』
上の動画音声(小出裕章ジャーナル)でも触れられているとおり,
日米同盟・地位協定に縛られながら
「米国に,付き従うことが国家の国益」として隷属する日本。
 
 
この国の現状は,米国の『言いなり』の奴隷国家。
本当に「主権を回復」したければ,
自国での裁判権すら奪われている不平等で理不尽な「日米地位協定」の撤廃や,沖縄の基地をひつでも廃止し,『おもいやり予算』の提供をやめるなど,独立国家としての正当な主張や政策が実行されるべき。
 
 
素直に「言うこと」をきくことが得意で,お勉強だけは優秀な
隷属大好き腰抜けオクゲ官僚達や,
侵略戦争の事実を否定する誤った歴史認識しかない
「世界的にチョー恥ずかしい」政治家達には
悲しいかな,隷属状態に対してNO!と言える気骨など,微塵もない。
 

にもかかわらず,妙なところで「ボクたん,屈しないもん」と,
屁の突っ張りのような貧弱答弁を繰り返す,ノミのシンゾー・アベシ。
米国議会の調査報告でも「歴史の修正論者だ」と非難されたことすら
国会で否定し,「ボクタン屈しないもん」のカラ強がり姿勢で
「それは米国の正式見解じゃないもん」云々には驚いた・・(゜o゜)。
 
 
 
そのうえ,アベシは,自身の侵略戦争否定の歴史認識こそが
「正しい」と思い込んでいるらしく,国会の場で公然と
「正しい歴史認識の情報を周知させていくこと」を力説する始末。
そしてそれを擁護するかのような国営ニュース報道。
 
 
時代劇なんかに出てくる
「気が狂ったオクゲさん」のことを「kichigai公家」)というけれど,
アベシを始め,擁護する一部の人間達は,
頭がどうかしてるとしか思えない。
かつての村山・河野談話の政府見解(侵略や従軍慰安婦の事実)すら,
アベ政権で「新たなもの(侵略&慰安婦否定)」に変更しようと
目論んでいる。
 
 
この件に関しては,人種・国家の壁もない。
米国ほか,まっとうな諸外国の人々と一緒になってアベシを叩くべきだ。
人道的に許されないからだ。
日本の恥さらしだ。
米議会(米メディア)からも,更なる反論がありそうだ。
イノセがNタイムズ紙に叩かれて久しいから,また怒らせる要因になる。
 
 
 
アベ擁護の「タカイチ」という自民党のバカイチ議員も以下同文。
この女は,昔,「朝まで生テレビ」に出演したとき,
侵略戦争の歴史認識を否定する発言をして
司会者の田原総一郎氏から怒られていたのを記憶している。
 
 
歴史認識=事実認識。
世界各国に,厳然と存在する(した)戦禍の事実記録は,
自国の都合と個人の独断と偏見で安易に否定できるものではない。
 

先日の主権回復の日(正しくは隷属開始の日)の式典では,
天皇陛下に「お言葉」を一切述べさせず,
戦時中の『天皇陛下,バンザ~イ!』を,公然とやったアベシバカ一同。
天皇を政治利用して,右翼思想を公然とアピールした。
 

ほかにもアベシは,スーツに迷彩服をはおって
装甲車の上で貧弱にカッコつけるイベント時の姿を
地上波広報TVなどで報道させ,軍国ヲタクを印象付け,
政府こぞって国民栄誉賞の授与で人気取りを画策し,
憲法96条の改憲アピールと自身の歴代総理番号をなぞらえ,
背番号96のユニフォームを着て,イベントに参加。
ヨミステ原発推進広報TVの協賛を得て,
まんまとスポーツまでも利用するという姑息さ。
思慮のある国民の目には,一連の行動が「異様」に見えるだけだ。
 
 
沖縄の基地問題に象徴されるように,
米国の『おしつけ国家状態』を,なにひとつ解消しないまま,
憲法ばかりをいたずらに『おしつけ憲法』だと銘打つことで
自虐意識と独立心を煽りたて,
これを改正することを目論む自民党や石原維新。
 
 
単純に言えば,米国の都合で
大東亜戦争敗戦後は「戦えない国」を押しつけられ,
朝鮮戦争時代には,やっぱり軍備せよと押しつけられ,
無理強いに慣れきった今現在に至っては,
押しつけ軍備増強状態の既成事実を自ら正当化するため
(まるで「できちゃった結婚」),
「御主人さまの米国と一緒に戦える国になりたいワ~ン」…と,
ベッタリすがりついて自己アピールしているという有様。
 
 
 
原発にしても,政治にしても,
押しつけ言いなり隷属状態から少しでも脱却する現状を実現した上で
たった独りきりで『万歳三唱』してみろ…と言いたくなる。
 
 
憲法改正は,米国と一緒に「戦える従属国家」路線の一環でしかない。
「戦える」…は,能動的な面があるものの,
実際の意味は,米国のために「戦わされる」はめになることだ。
「海外へ行って人殺しをして来い」というふうに押しつけられるのが
自民党ほかバカ同文の改憲の真実。
加えて基本的人権を根底から揺るがす「表現の自由」の弾圧が狙いだ。
権力に服従させるために
権力を非難させないために
権力の秘密を保持するために
公益及び公の秩序に反する活動や表現を封じる「言論弾圧」を行う。
 
たとえばこんな感じ…
原発は国益だ→民衆デモで再稼働反対!→逮捕・検閲・罰則で対処。
 
 
国家の益に反することを弾圧することも,改憲の目的になっている。
戦うこと(国益)に反対させないために,言論封じもセットになっている。
 
 
 
かつての侵略戦争の事実を捻じ曲げようとする連中の体制翼賛から,
至るところで武器を携行させた末,また,いらぬ血を流させる。
「グローバルな経済発展」に,軍備増強は必須だという名目を掲げる連中の金儲けのために。
 
 
 
憲法96条の改正について
国民の賛同を得難い空気を察した自民党の連中は,
選挙前にこれを目立たせることを控え始めるという卑怯っぷり。
とにかく「人気取り」第一主義で(やらせTVは極力,見ないほうがいい),
選挙が終われば公然と暴走する予定でいる。
そんなことを許しちゃいけない。
どうせ何も変わらないからどうでもいい…なんて言ってるうちに,
どんどん権力に都合良く「変えられてしまう」ことになる。
大多数の国民(庶民)の生活には,改憲したところで何のメリットもない。
寧ろ,軍国化に戻すことで,「徴兵制度」まで復活させられるのがオチだ。
 
 
子供達の世代に放射能の害を押しつけるばかりか,
再び血を流すよう強いる国に強制する…。
現実的な将来を思えば,悲惨な状況が目に浮かぶ。
賢者なら,「改憲するなら,今でしょ」…なんてことは言わないし,言えない。
 
 

最近,地上波放送を進んで見ることがなくなったから(ひつこい政府報道などは偶発的に見聞きしてしまうことはある)
アベシ政府の動向については(正直,見たくも聞きたくもない)
ネット放送の『デモクラTVや,ジャーナリストの内田誠さん(名前がまたイイ(^.^)が担当する
『ウッチーのデモくらジオ』などで,より詳しく知ることができる。
 
 
(次の記事は,デモクラTV&ラジオの内容を記そうと思います。)
 
スポンサーサイト



関連記事
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR