fc2ブログ

新音声データ「昭恵氏から激励電話」が本物であれば 安倍総理は 辞任へ!





転載元: 鳥取あちこち見聞日記

スポンサーサイト



関連記事

大臣席でニヤつく閣僚たち 大嘘を認めず居直る異常な国会  沖縄を愚弄し国民には痛みを押し続けるアベ政権は許してはならない。今こそ民意をアベ政権に見せつけるときだ。



 マトモな民主主義国家の国会運営とは程遠い。29日から始まった衆院予算委の国会質疑。昨年から追及を続けている森友学園への国有地売却問題の解明について問いただす野党に対し、安倍首相を筆頭に麻生財務相ら閣僚の答弁する姿はデタラメの極みと言っていい。

 聞かれたことに対してロクに答えず、用意されたペーパーをダラダラと読み続けたり、はぐらかしたり。揚げ句、ふんぞり返って閣僚席に座り、質問する野党議員を小バカにしたように眺めながらニタニタと薄ら笑いを浮かべるばかりだ。とてもじゃないが「国権の最高機関」の場に身を置いているという大臣の姿とは思えない。大臣どころか、国会議員としての責任感も資質もモラルもナシと言っていいだろう。象徴的だったのが立憲民主の長妻昭代表代行が質問に立った時だ。

 長妻は、会計検査院が財務省の売却価格値引きについて「根拠不十分」と指摘したことを取り上げ、「首相の(国有地売却は)『適正』という発言は間違っていた。謝罪はないのか」と質問。これに対し、安倍は「適切に対応していると報告を受けていた」「嫌疑が生じた場合には会計検査院が検査する」と、責任逃れ発言に終始したのだ。

 おいおい、ちょっと待て。昨年の国会で「会計検査院に任せてある」と大見えを切ったのは他ならぬ安倍自身ではないのか。

 その「任せていた」会計検査院が、売却価格の根拠はインチキの可能性がある――と指摘したのだから、素直に誤りを認めて謝罪するべきだし、あらためて真相解明の徹底調査を指示するのは当然だろう。

 それなのにまるで他人顔。安倍は森友問題について、〈(疑惑を)真摯に受け止め、丁寧に説明したい〉と繰り返してきたが、やっぱり大ウソだったのだ。

■不誠実な安倍政治で国会は「学級崩壊」状態

 長妻は、森友と国が国有地売却で協議した際、籠池前理事長が担当者に〈棟上げの時に首相夫人が来られることになっている〉と迫り、森友小学校の名誉校長だった安倍の妻・昭恵氏の名前をチラつかせながら値引きを求める様子を録音した音声データの内容についても質問。「昭恵夫人は棟上げ式に行くことになっていたのか、総理」と聞くと、安倍はシレッとした表情で「突然、聞かれても私は答えようがありません」と言い放ち、「突然ではなくて(事前)通告しています」と食い下がる長妻議員を完全にスルーしていた。

 安倍と同じくアホ答弁していたのが麻生だ。音声テープの事実関係を問われた麻生は「近畿財務局の職員に事実関係の確認を行っている」とノラリクラリ。約8億円の値引きを「適正」と答弁していた佐川宣寿国税庁長官が一度も記者会見を開いていないことについても「国税庁の所管以外に関心が集まっていたから実施しないと決めたと聞いている」と答えていたから唖然ボー然だ。森友問題で虚偽答弁をした疑いのある人物が今の税務行政の責任者なのだから、国民が不信感を抱くのは当たり前。それなのに所管大臣が「会見しない」を容認しているのだから何をかいわんやだ。

 ならばと、野党は佐川長官の国会出席を求めたのだが、与党は一切応じない。長妻にその理由を問われた河村建夫予算委員長もシドロモドロで、もはや国会は“学級崩壊”状態だ。

 佐川人事については、安倍も麻生も「適材適所」と強調しているのだから、出席させればいいのに総力を挙げて隠蔽したいらしい。まったく呆れるばかりだ。

 政治評論家の森田実氏がこう言う。

「孔子の論語で『政は正なり』という言葉があるように、本来、政治は正義であり、善の追求なのです。ところが、安倍政権は不誠実そのもの。国会で平気でウソをつき、それがバレても知らぬ存ぜぬで押し通す。まさにデタラメの極みです。こんな政治が続けば日本はガタガタになります」

「沖縄県民に寄り添う」という口先だけのデマカセに騙されるな

 森友問題では、国民の多くが今もなお政府の説明に納得していない。政府の「森友と事前に価格交渉したことはない」「値引き額は適正だった」という説明が大ウソだったことがバレたのに、それを恥じるどころか居直っているのだから許し難い。ところが、そんなインチキ安倍政権が素早く動いたのが、沖縄で相次ぐ米軍ヘリの事故について「何人死んだんだ」とヤジを飛ばした松本文明内閣府副大臣の更迭だ。理由は簡単。2月4日に投開票される名護市長選の真っただ中だからだ。

「誤解を与えたのなら、おわびする」。松本はこう言っていたが、裏を返せば「誤解する人が悪いのであって、オレは悪くないよ」という意味に等しい。おそらく本音は悪いと思っちゃいないだろう。松本から辞表を受け取った安倍だって同じだ。「沖縄の方々の気持ちに寄り添う」とか言っているが、福島入りするたびに「被災者に寄り添う」と言い、拉致被害者家族と面会すれば「拉致被害者に寄り添う」と言ってきたが、寄り添った姿は見たことがない。いつも言葉だけだ。今回だって、頭にあるのは、とにかく名護市長選に勝つことだけだろう。

 「激戦の名護市長選で自民党はバラマキを猛アピールしています。辺野古基地移設反対を訴える現職の稲嶺市政が続けば『財政は火の車になる』と盛んに言っていて、『基地を受け入れるなら、国から交付される米軍再編交付金によって市民1人当たり年間所得が90万円も増える』と。一方、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では連日、機動隊が移設に反対する住民を強制排除している。住民からは『機動隊員から関節技などの暴力を振るわれた』との声が上がっています」(沖縄県政担当記者)

 札束で頬を叩くような真似をしつつ、力でねじ伏せる。血も涙もない政権が「寄り添う」なんて、どの口が言っているのか。

■メディアも自民党もダンマリの愚

 それにしても情けないのがメディアだ。安倍や麻生がヘラヘラし、横柄な態度でいい加減な答弁を続けている“末期症状”にもかかわらず、大新聞・テレビは〈論戦かみ合わず〉〈野党の追及かわす〉などと淡々と報じるだけで、批判的な視点は皆無といっていい。元NHK政治部記者で評論家の川崎泰資氏が言う。

 「メディアが本当に情けない。今の予算委の姿が果たして民主主義国家と言えるのか。『閣僚はきちんと答弁しろ』『野党はもっと追及しろ』というキャンペーンをなぜ、張らないのか。メディアが腰抜けだから安倍政権もやりたい放題になるのですよ。それに自民党もだらしがない。予算委のテレビ中継で石破茂さんがよく映るが、テレビ映りを意識する前に『国政の私物化はダメだ』と安倍首相にハッキリ言えばいいでしょう。一昔前の自民党であれば、とっくに政局ですよ。それが何の動きもないのだから、自民党の力も低下したということ。メディアも自民党も、今の異常な国会の状況に慣れてしまったのか、感覚がマヒしていると言わざるを得ません。この国はつくづく危うい方向に進んでいると思います」

 とことん国民を愚弄する政権に今こそ怒りの声を上げないとダメだ。


転載元: 北海道は素敵です!!

関連記事

安倍官邸がNHKを脅して、安倍氏に不都合な国会中継を中止させたのは“アタマ隠してシリ隠さず”のお粗末:今ではネットの方が大手マスコミを完全に凌駕していると知れ!

新ベンチャー革命201821日 No.1922
 
タイトル:安倍官邸がNHKを脅して、安倍氏に不都合な国会中継を中止させたのは“アタマ隠してシリ隠さず”のお粗末:今ではネットの方が大手マスコミを完全に凌駕していると知れ!
 
1.国際的に注目されている詩織さん事件を取り上げた国会中継を強引に中止したNHKにネットから猛反発が起きている
 
 本ブログでは今、詩織さんレイプ犯・山口某と安倍氏の関係が国会で追及された話題を取り上げています(注1)
 
 この事件を取り上げた柚木(ゆのき)議員が安倍氏に質問した内容について、ネット住民は前々からみんなよく知っています。ところが、この問題が国会で取り上げられているというのに、大手マスコミはそろって、ほとんど無視しています。そして、いつもは国会中継しているNHKが、詩織さん事件が取り上げられた2018130日午後に限って、国会中継を中止したのです。
 
 ネットでは、このNHKの勝手な中継拒否暴挙の方にむしろ関心が集まっています(注2)
 
 NHKはわれら国民から受信料を強制徴収していますから、国民に事実を報道する義務があります。にもかかわらず、安倍官邸の意向に沿って、勝手に国会中継を中止してよいはずがありません。
 
 このザマでは、NHKがエラソーに国民を啓蒙するかのような番組を放映しても、もうまったく説得力を持たないでしょう。
 
2.大手マスコミに圧力を掛ければ自分たちに不都合な真実をモミケシできると考えている安倍官邸の“アタマ隠してシリ隠せず”の滑稽さ
 
 安倍官邸でエラソーにしている連中は、安倍氏を筆頭に、大手マスコミさえ押さえれば、自分たちに不都合な真実をモミケシできると考えているようですが、彼らはネットによる情報拡散の威力を過小評価しています。
 
 この結果、彼らにとって締め付けの効かないネット界と、彼らが圧力を掛けられる大手マスコミの間には大きな情報ギャップが生じています。
 
 ネットがなかった時代には、情報入手において、国民よりマスコミが優位に立っていましたが、今では国民はネット情報に容易にアクセスできます。ネット情報は玉石混淆ですが、国民サイドで取捨選択できます。
 
 ところで、筆者個人は、日常、主にネットから情報を取っていますが、テレビや新聞の情報は単なる参考です。それらよりも、日刊ゲンダイや一部週刊誌の方がまだ、ましです。
 
 このような現状を踏まえると、安倍官邸が必死でやっていることは、まさに、“アタマ隠してシリ隠さず”のお笑いでしかありません。
 
3.安倍官邸がミエミエの姑息なマスコミ介入をやることは墓穴を掘るだけ
 
 今回、安倍官邸がNHKの国会中継を中止させた疑いが濃厚ですが、こういう姑息なことを安倍官邸がやればやるほど、国民の安倍氏への不信感が助長されるだけです、安倍官邸はなんでこんな簡単なことがわからないのでしょうか。
 
 今の安倍氏やその周辺がコソコソとやっていることは、結局、国民の不信を募らせているだけで、まさに逆効果なのです。
 
 人間というものは、いったん、不信感や疑惑を抱いたら、それが簡単に消えることはないのです。
 
今回の安倍官邸の露骨な小細工はお笑いです、たとえば、安倍ヨイショの提灯本“総理”の著者名を黒塗りにするなど、やればやるほど、逆効果です。
 
 今の安倍氏と安倍官邸がやっている姑息な疑惑隠し、言い逃れ、言い訳を続けていても、国民の不信、不満、怒りは逆に強まるだけです。
 
4.政権党である自民党の解決策は安倍氏を辞任に追い込むことしかない
 
 ここまで、安倍官邸が追い込まれている以上、あとは、自民党自身が、安倍氏に引導を渡すしかないのです。
 
 いずれにしても、安倍氏自身が自分から潔く辞める可能性は低いのです。安倍氏が福田康夫氏のような人物だったら、もうとっくに自ら辞表を出しているでしょうが、安倍氏自身には、そのような決断力も、潔さもないことはもうみんなわかっています。
 
 水面下では、アンチ安倍派が動いているかもしれませんが、一刻も早く、本格的な安倍おろしを実行に移すべきです。
 
注1:本ブログNo.1921“総理”と題した山口某の提灯本と詩織さんの本が並列されて国会の場に登場:安倍氏に国民の血税で奢ってもらっていても、大手マスコミ幹部はこれをまじめに報道すべき』2018131
 
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 


転載元: 新ベンチャー革命

関連記事
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(142)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(5)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(68)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(1)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR