fc2ブログ

加計“告発”の前川氏 今治市で憤り「見たくないもの見た」 (2018年2月8日 日刊ゲンダイ)




「本来、できてはいけないものが完成した。見たくないものを見たという感じだ」――。

 加計学園の岡山理科大獣医学部の問題で、「総理のご意向で行政が歪められた」と“告発”した前川喜平前文科次官。3日に初めて獣医学部のある今治市を訪れ、講演したのだが、なぜか全国メディアではほとんど報じられていないから不思議だ。

 講演前、建設が進む獣医学部校舎を県道から眺め、「既成事実の積み重ねで校舎ができてしまった」と感想を漏らした前川氏。市公会堂で行われた講演には市民ら約1200人が詰め掛け、立ち見が出るほど盛況だった。

■安倍首相の「指示」に踏み込む場面も

「今治市と加計学園は構造改革特区へ15回申請して却下されていた。2015年4月2日に、今治市企画課の課長、課長補佐、愛媛県職員、加計学園事務局長らが首相官邸を1時間半訪れている。本人は記憶にないと国会で答弁したが、柳瀬唯夫首相秘書官(現在、経産省審議官)に間違いないと思う。官邸での会合は安倍首相の指示で、ここで国家戦略特区での認可の道筋が決まった」

「国家戦略特区で認定されたのが17年1月20日。それから1年で教員を揃え、工事を終えた。あり得ないことだ。政治判断で文科相が(昨年)11月14日に設置認可を出した。最初から開学の認可を得られると踏んで進めてきた結果がこれだ」

 前川氏はこう言って今回の問題を淡々と振り返り、「4月の開学を止めることはできないが、将来、禍根を残すのではと心配している。今は、獣医学部を目指して浪人している受験生もいるので、しばらくは入学者を確保できると思うが、18歳人口がどんどん減少するし、獣医師が多すぎることになり、将来どうなるか分からない。最低ランクの獣医学部だから、受験生が減ると思う」と語り、「市の財政悪化を招く恐れがある。今治市民は巨額の税金を一私学に投入することの是非を考えて」と訴えた。

 講演後の囲み取材では「加計学園も森友問題も、公有地が学園に提供されたという共通点がある。政府が関係文書、資料を出さないので未解明の点がいっぱいある」と言い、「国会、メディアのみなさんの努力で真実を追及してもらいたい」と締めくくった。

(取材協力=ジャーナリスト・浅野健一氏)


転載元: 情報収集中&放電中

スポンサーサイト



関連記事

今年は「明治維新150年」を記念する行事が各地で開かれますが、戊辰戦争の激戦地だった旧会津藩では今も遺恨が残っています。関係者は「仲直りはできない」が、「民間を通じて仲良くすることはできる」と語ります

…だと、思うよ。

会津の人々、長州に今も遺恨
「維新より戊辰のウエートが大きい」…と


結局はねえ、何かと…どうしても、魂にカタマリ残る…
そう思う。
People in Fukushima ・Higashi Nippon


転載元: 情報収集中&放電中

関連記事

異常な開票グラフ<名護市長選挙>異議申し出は14日以内!不正を暴け!

            国際評論家小野寺光一

異常な開票グラフ<名護市長選挙>異議申し出は14日以内!不正を暴け!

                                  http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/530.html



時刻 10:25 10:26 10:28 10:31 10:31 10:32
開票率 80.0% 81.3% 85.3% 86.7% 89.3% 90.7%
渡具知 15000 15500 16000 16500 17000 17500
稲嶺進 15000 15500 16000 16000 16500 16500

 時刻 10:33a 10:33 10:35a 10:35 10:51 10:53
開票率 94.7% 96.0% 94.7% 98.6% ___ 100%
渡具知 18000 18500 18500 20000 ___ 20389
稲嶺進 17500 17500 17000 17000 ___ 16931

今回、いつも不正が明らかになってしまうために
隠されている「票の途中経過」を把握することができたので
以下に示す。
不正をやる場合は「票の途中経過」にそれが出てしまうので
不正○挙をする場合は必ず、「開票の最終結果」だけを表示するように
しているのである。また、全国比例では開票途中結果を報ずるなと
わざわざ命令を出している不正の司令塔が存在している。

名護市長選挙、RBCの選挙速報では驚愕すべき奇妙な事がありました。誰も指摘されないようなので多くの方は速報を見ていなかったのでしょうね。これぞ密室の犯罪、不正選挙の実態を匂わせるものです。
異常1.終盤で稲嶺氏の票が500票減り、渡具知氏の票となる。
異常2.最終結果で、さらに稲嶺氏の票が減る!

まず結果はご存知の通り次のようになりました。
渡具知武豊 20,389票
稲嶺ススム 16,931票

RBC開票速報の経過
9時から開票が始まり、RBCの当日出口調査では55:45で稲嶺氏の優勢と同時に、期日前投票が44%、当日の投票率が30%強という低投票率であったことが伝えられます。
9時45分、最初の動きで、まず双方に2,000票ずつ入りました。その後は約3分おきに500票ずつ双方または一方が上乗せしていく流れで、終盤まで同数か500票差のまさにデッドヒートが繰り広げられます。以下が終盤の動きです。

 時刻 10:25 10:26 10:28 10:31 10:31 10:32
開票率 80.0% 81.3% 85.3% 86.7% 89.3% 90.7%
渡具知 15000 15500 16000 16500 17000 17500
稲嶺進 15000 15500 16000 16000 16500 16500

 時刻 10:33a 10:33 10:35a 10:35 10:51 10:53
開票率 94.7% 96.0% 94.7% 98.6% ___ 100%
渡具知 18000 18500 18500 20000 ___ 20389
稲嶺進 17500 17500 17000 17000 ___ 16931

【異常1】
最初に異様な変化を示したのは10:35aで、稲嶺氏の票が500票減ってそれが渡具知票に加算され、10:33aの開票率94.7%の時点に戻ったところです。おかしいと思いませんか。

【異常2】
何やら奇妙なことが裏で起きているのではないかと不審に思っていると、10時51分、それまでずっと表示していた両者の獲得票数が突如消えました。そして10時53分、最終結果が表示されます。驚いたことに稲嶺氏の票数が減っている!


開票所では500票の束にまとめられた時点で集計に移され速報値に反映されます。期日前投票の箱も持ち込まれ、規則通り当日票と混ぜられて開票されます。期日前投票箱だけは最後に開けるなどという慣例があると聞いたこともありません。

開票速報の渡具知事務所の様子でいくつか不思議に感じた場面がありました。それは10時29分と30分に事務所で拍手が起き、10時31分、渡具知陣営で他局から当確が出たのか万歳三唱が始まったことです。

RBCは当地に派遣したリポーターから500票束がどちらにできたか随時報告を受け、それを元に開票速報を流していた。事実をそのまま報道していたのでしょう。


「RBC 名護市長選挙 開票速報 2018-2-4」(9:00開始ですので10:35の映像を見たければ、1:35:00を参照)
https://m.youtube.com/watch?v=1gBlGE_W0Pw  


転載元: 天地の超常現象

関連記事

産経、選挙が終わってから沖縄ヘイトを訂正


 
産経新聞←フェイクニュースを垂れ流し、安倍広報にうつつを抜かして自分の足で取材もせず、こんなネトウヨから流されたガセネタを記事にするなど、愚の骨頂!!こうして恥を晒して信用を失墜させるなど、まさにクズの見本!
ゴミ売り、惨経はメディアの恥だ!
メディアを名乗る資格はない!!
逝きし世の面影さまより

産経、選挙が終わってから沖縄ヘイトを訂正


 

東京ローカルの地上波NXテレビの『ニュース女子』と同じインターネットの右翼ヘイト業界で有名な、札付きのデマ屋のガセネタを集めて、一応は全国紙である『産経新聞』の名前で沖縄県に対する破廉恥なフェイクニュース記事を勝手にでっち上げていた高木圭一那覇支局長の恥さらし。(産経新聞は出鱈目なデマを根拠にして沖縄県の地元紙琉球タイムスと沖縄新報を名指しして『日本の恥だ』と主張していた)

『<産経新聞>「米兵が救助」の記事削除 地元紙批判記事も』2/8(木) 毎日新聞

産経新聞社は8日朝刊1面で、沖縄市で昨年12月に発生した交通事故を巡り米海兵隊員が日本人男性を救助したとする記事(17年12月12日朝刊)について、事実が確認されなかったとして、「おわびと削除」との記事を掲載した。また、救助について報じなかったとして、地元紙の琉球新報、沖縄タイムスを批判したウェブ版ニュースサイトの記事(同9日)も削除。「琉球新報、沖縄タイムスの報道姿勢に対する行き過ぎた表現があった。両社と読者の皆様におわびします」とした。
事故は昨年12月1日早朝、沖縄市の沖縄自動車道で発生し、在沖縄米海兵隊の男性曹長(当時44歳)が後続の米海兵隊員の車にはねられ、頭の骨を折るなどの大けがをした。
産経新聞社の検証によると、那覇支局長は「曹長の勇敢な行動がネット上で称賛されている」との情報を入手。曹長の妻のフェイスブックや米テレビ局の報道を見て米海兵隊に取材したが、沖縄県警に取材しなかった。
琉球新報が1月30日に救助を否定する米軍の談話を掲載し、再取材したところ、米海兵隊から「救助活動は確認できなかった」との回答を得たという。
産経新聞社は乾正人・同社執行役員東京編集局長の「再発防止のため記者教育をさらに徹底するとともに、出稿体制を見直し、記事の信頼性向上に努める。事故にあわれた関係者、琉球新報、沖縄タイムス、読者の皆さまに深くおわびする」とのコメントも掲載した。【酒井祥宏】




『世界一危険だといわれいる米海兵隊普天間基地のある名護市長選の年齢格差』

日本で唯一の地上戦が行われた沖縄県ですが、年齢が若いほど自民党公明党維新推薦の新人候補が強くて、逆に専横の記憶がある高年齢層ほど基地反対派の稲峰市長を支持していたが、別の見方なら若者世代ほど新聞離れで、(新聞の購読数は年々減少)必要な情報はスマートフォン(ネット)で得ている。産経の悪質な沖縄ヘイトのデマニュースですが、主たる舞台は新聞紙面では無くてネット空間だった。



他の全国紙と比べて購読者が少ない産経新聞の場合、独自の取材網がお粗末で、自社の第一面の写真がNHKのテレビ画面を丸写しする個人ブログのようなお粗末な出来あがり。(佐賀県での自衛隊ヘリの墜落)


【平成25年10月10日(木)産経新聞 号外 誤報 】
号外にまで誤報を出したのは、産経新聞の他は、戦前の大正時代に一度あるだけ



【平成23年7月7日(木)産経新聞 号外 誤報】
号外にまで誤報を出したのは、産経新聞の他は、100年ほど前の大正時代に一度あるだけだそうです。


転載元: kakaaのブログ~土と雑草と野菜の生命力を信じて~

関連記事

名護市長不正選挙:開票が進むと稲峰氏の票が減る怪奇現象が!?w





リチャードコシミズ氏ブログより転載


名護市長不正選挙
琉球放送の選挙速報:

開票率 96.0% 渡具知 18,500 稲嶺 17,500
    98.6% 渡具知 20,000 稲嶺 17,000
    100%  渡具知 20,389 稲嶺 16,931

稲峰さんの票は、開票が進むにつれて減ってしまったわけで。これ、怪奇現象ですね。w
この世の中、腐っています。創価選管の皆さん、さ、言い訳考えましょ!情報感謝。


転載元: ことたま社長のバラ色の空

関連記事

安倍与党が勝つ不正選挙のテグチ:未使用の投票用紙で白票(または与党票)を水増しし、隠した未開票投票済用紙を焼却して廃棄(証拠隠滅)。

明らかな「不正選挙」が発覚。知性が乏しいのは寧ろ、こういった不正が行われていることを「不正」とも思わない輩であり、裁判官だろう。
今回の滋賀県のケースも氷山の一角。過去には『期日前投票8万票を誤って廃棄し(たことにして)、補充の投票用紙10万票を翌日、ムサシから取り寄せたケース』もあった。過日の沖縄名護市長選では、開票終盤に稲峰氏側の得票数が途中経過得票数より減少するという珍現象もあり、
本格的に不正選挙を調査すべき時期が到来している。さもなければ、
何度でも同じことをやられる。開票直後の「当確」は毎度不自然極まりないだけでなく、開票集計終盤頃にみられる「大量の票の水増し」などは、滋賀県で発覚した「不正選挙の常態化テグチ」の典型例だろう。
「保管票のすり替え」も可能な期日前投票は不正の温床となっている。
安倍犯罪政権は、何度も「不正選挙ありき」で成り立っている。
清き1票まで隠し、支持票をデッチあげるという「盗人猛猛しい」不正選挙が実際に日本各地で行われている。それで悪党がのさばっている。

<滋賀選挙不正>甲賀市総務部長ら関与  3幹部を任意聴取

2/7(水) 8:22配信

 
 滋賀県甲賀市選管が昨年10月の衆院選滋賀4区の開票の際、白票を数百票水増しした問題で、市選管は6日、事務局長を兼務する市総務部長(57)と書記を兼ねる総務部次長(56)、総務課長(55)の男性幹部職員3人が協議して水増しし、その後に見つかった未集計の投票用紙を廃棄していたと発表表した。県警は公職選挙法違反(投票増減)の疑いがあるとみて、3人から任意で事情を聴いている。

【滋賀県甲賀市の白票水増しの経緯】

 選管の松山仁委員長や岩永裕貴市長らが記者会見して明らかにした。岩永市長は「民主主義の基礎となる選挙に対する信頼を失墜させる行為で言語道断」と謝罪した。

 松山委員長らによると、昨年10月22日夜の開票作業中に、確定投票総数(4万7851票)と比べ、実際に開票した数が数百票少ないことが判明。3人が協議し、投票所から回収していた未使用の投票用紙を使って白票を水増しすることで帳尻を合わせた。

 翌朝、開票済みの投票箱を保管していた部屋で、別の市職員が投票箱1個の中に残されていた未開票の投票用紙を発見。封筒に入れて3人に渡したが、3人は相談した上で廃棄処分にしたという。水増しした具体的な票数や廃棄方法などは「未確認」として明らかにしなかった。

 県選管によると、同市の小選挙区の開票終了は23日午前2時5分で、県内19市町で最も遅かった。2014年の前回選では午後11時20分に終了していた。今回は市議選と同日選になったが、県選管は市議選より先に衆院選の開票を要請。開票終了の遅れについて市に「どうなっているのか」と電話で何度も問い合わせたが、市から具体的な理由は説明されなかったという。

 市選管の調査に対し、市総務部長らは不正の動機を「遅れを回避するため」と説明し、「気が動転していた」などと述べているという。

 自民党公認で初当選した小寺裕雄衆院議員(57)は「選挙結果に影響がないとはいえ、有権者の気持ちを思うと決してあってはならないこと」とコメントした。同市に住む女性(76)は「公務員がなぜこんな非常識なことをしたのだろうか。市民として恥ずかしい」と憤った。

 同様の票の水増しは13年7月の参院選でも高松市で発覚。同市選管の当時の事務局長ら計6人が公選法違反(投票増減)や刑法の封印破棄罪に問われ、有罪判決を受けた。【衛藤達生、大原一城】

非常識なことを常にやってるのが安倍自公維だからこそ、不正が平気で行われる。
『安倍不正選挙』による『アベ異ッ狂』。

関連記事
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(142)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(5)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(68)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(1)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR