fc2ブログ

【抗がん剤治療は効かない】がんの専門医では常識!がんに反応する化学療法はわずか2~4%である!進行性ではない癌も全てが癌治療対象!癌で死亡とは「がんに勝てず」ではなく「抗がん剤による化学療法に勝てず」

【抗がん剤治療は効かない】がんの専門医では常識!がんに反応する化学療法はわずか2~4%である!ラルフ・モス博士/進行性ではない癌も全てが癌治療対象!癌で死亡とは「がんに勝てず」ではなく「抗がん剤による化学療法に勝てず」なのである!






医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!命を賭けたギャンブル!食事療法・食養に走る! 抗がん剤治療は確率の悪い、命を賭けたギャンブル!効果有効例は、160人中たったの6人!月刊宝島/ 2500人以上のがん死に接してきた、元消化器がん外科専門医・現ホスピス科医の切実な警告!

癌はいくら進行しても「死に直結しない」死ぬ理由を満たさなければ絶対に死なないのです!ガンが転移しただけでは死なない!なぜ人間は「がん」で死ぬのか?がんの9割は癌治療するほど命を縮める! 恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】 - みんなが知るべき情報/今日の物語


癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


クリックお願い致します


クリックお願い致します

がんの専門医では常識「抗がん剤治療は効かない」の真実: 新発見。BLOG


がんの専門医では常識「抗がん剤治療は効かない」の真実

■“がんに反応する化学療法はわずか2~4%である” ラルフ・モス博士

この数字を聞いて驚くのではないでしょうか。多くのがん患者が最先端といわれる西洋医学のがん治療を信じて受けていますが、実際にこうした化学療法の効果というのはこの数字程度というのです。

多くの患者ががんと闘うために治療を行っても「がんに勝てず」お亡くなりになるという話をよく聞きますが、実際には「がんに勝てず」ではなく「抗がん剤による化学療法に勝てず」という表現のほうが正しいでしょう。

明らかにがんが原因ではなく、抗がん剤治療によって細胞が破壊され、免疫力の低下から肺炎などの合併症、その他多くの命の危険に繋がる重度の副作用等、別の原因を引き起こし命を落としているのですが、死亡診断書(公に発表する死因)は「がん」になるわけです。

【進行性ではないがんも全てが治療対象】

アメリカの非営利団体「American Cancer Society(アメリカがん協会)」のメディカル最高責任者のオーティス・ブローリー医師の以下の発表は注目すべき内容です。

❝ 我々は、約25~30%のがんはある時点で何も治療を施さずとも進行が止まっていることを確認しています。こうした進行性のないがんを持つどんな患者に対しても、医者は放置できずにどのがんかを突き止めるまで治療を始めます ❞

■がんがあっても仮に何も治療せず放っておいたとしても進行性ではないので全く健康上問題のない人が100人に30人はいる計算です。

ところが、医者ががんを見つけたら治療をはじめてしまい、その治療により何らかの効果のある反応が見られるのは100人のうち2~4人で、加えて抗がん剤治療などを始めたら放っておけば健康な体をわざわざ毒物投与をして自らを死に至らしめる可能性が高くなる自殺行為をしていることになります。

また、抗がん剤治療によって5年以上生存すれば、その治療は有効だったと認められますが、実際に5年以上生存している多くの患者は5~10年の間に亡くなっているそうです。

抗がん剤いうのは完治を期待できる治療ではなく、一時的な対処療法を施し延命措置が図られるだけで、根本的な治療にはなっていないということなんですね。

【がん専門医が癌になっても使わない抗がん剤治療が意味するものは?


大きなポイントとなるのは、現在、医者はがんを発見しても進行性のものか否かをはっきり見極めることができないという点です。発見してしまったらその後の医者の対応は決まって同じです。

医療法人院長さん(A氏)の語る恐ろしい「抗がん剤の真実」を暴露したインタビューを紹介します。

――しかし、これだけ抗がん剤治療が一般化しているのは、なぜでしょうか?

A氏 治療ガイドラインで決まっているからです。ほとんどのがんは、各専門学会が治療ガイドラインを作成しており、例えば「ステージ2でリンパ節転移がなければ、抗がん剤治療。使う薬剤は○○」と定められています。

ガイドラインから大きく外れた治療は公的保険が利かなかったり、何か問題が起きたときは、医師個人の責任が問われかねません。訴訟にでもなったら大変ですから、医師はガイドライン通りに抗がん剤を使おうとなるのです。

しかし、以前UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)ががんの専門医にアンケートをとったところ、約80%が「自分ががんになっても、抗がん剤治療は受けない」と答えていました。実は、抗がん剤が効かないと思っている医師は多いのです。

■これが今の医療業界の実態、本質で、多くの患者は一般周知にならないこの事実を知らずに医者の言うままに有効性がたった2~4%の治療をしてしまうのです。

また、こうしたがん治療促進に一役買っているのが健康診断、がん検診であることも間違いないでしょう。放っておけば良いようながんでも何でも「早期発見でよかったですね」とされ、がん治療が始まります。

こうした抗がん剤はドル箱商品です。製薬会社が最も儲かる薬品がこの抗がん剤です。日本の医療費40兆円のうち、なんと10兆円がこの抗癌剤からの売上なのです。抗がん剤は使うのをやめようキャンペーンなどを大々的に起こそうとしたら、製薬会社、医師団体、政府からネガティブ反応(圧力)がかかるのは想像に難くないですね。

医者も受けない抗がん剤治療を何も知らない(教えてくれない)一般の患者は藁にもすがる思いでガイドラインどおり薦められる医者の抗がん剤治療を選択し、多くの方が高額の治療費を払い命を落とす。これがいまのがん治療の現状といえるでしょう。

富裕層(エリート層)や教養のある人ほど抗がん剤治療は選択せず代替医療(西洋医学的な治療ではない自然療法を取り入れた治療)を選択し、結果を出しています。このブログでも“最高の健康法”として紹介した「食べない健康法」というのも食事療法で著しいがんの治癒実績を残している方法です。

「食べない健康法」恐らく現代ではこれが最高の健康法だと思う(実力編): 新発見。BLOG

何はともあれまずはがんのような現代病の末期症状が起きないよう十分に自分や家族の健康生活を意識することが何よりも大事なことですね。

まさに「予防は治療に勝る」です。

(参考:TheHealth Wyze Report : The American Cancer Society Admitted That Untreated Cancers Often Go Away Naturally)


日本はがん化学療法の盲信国|代替がん療法とは?: 新発見。BLOG

『がん治療』カナダでは最も多いのは「何もしない」こと!近藤誠医師は『がん放置療法のすすめ』何もしないことが有効な治療法となる場合がある!抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!最悪の日本の癌ビジネス!日本では癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!最新科学の食事術でのがん対策の参考記事もあります!  - みんなが知るべき情報/今日の物語



クリックよろしくお願い致します

「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語









がん、生活習慣病!医者が教える食事術『最強の教科書』20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68! 末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴは1日10個、食べてもOK!痩せたければ脂質をとれ!- みんなが知るべき情報/今日の物語



米国では抗がん剤は癌を治さないと!1980年代から…かえって癌を酷くする!日本の癌治療は20年以上遅れ、代替療法の普及は30年以上遅れている!/アメリカでは、国家的規模で代替医療への取り組みが行われている!/日本の癌医療界はこれを一切無視してきました。意図的に無視していたのです。日本ではそれがいまだに続いており、抗がん剤によって多くの癌患者の生命が日々蝕まれ続けているのです。

抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。

がん放置療法のすすめ!何もしないことが有効な治療法となる場合がある!癌は代替え療法、がん対策に有効な食べ物や運動、過労ストレス、放射能対策で癌は消えていくのではないか!抗がん剤、手術、放射線治療は危険!血糖値を急上昇させる食事は万病の元! - みんなが知るべき情報/今日の物語

【がん】は切ると暴れる!本物の癌でも、すぐには死なない「ガンもどき」はしょっちゅう消える、人を殺さない!治療しなけりゃ大往生できる!抗がん剤は猛毒、命を縮めるだけ!癌の9割は癌治療するほど命を縮める!すぐ余命を言う医者から逃げろ!早期発見で5年生存率が延びるというトリック! 近藤誠の家庭の医学/ ガン宣告されても、絶望しないでください!ガン宣告されても、医者の脅しに屈しないでください!がん検診「陽性」でも99%は問題なし!ガン宣告されても、手術・抗がん剤・放射線被曝をしないでください!血圧は年齢プラス110までクスリで下げるな! 塩が足りないと病気になる!下記に癌対策食事術も掲載…癌は砂糖、糖質が大好きです! - みんなが知るべき情報/今日の物語

がん検診で癌細胞が注入移植される!生検を偽装した癌細胞や発癌性物質の臓器送り込みという手口!乳がんには針生検が多用されるらしい?ファイバーカメラと称して注射!安倍晋三一味が暗殺に使う手口でもある! - みんなが知るべき情報/今日の物語

検診「生検」で 癌細胞、発癌性物質を注射!裏社会の「癌」を使った医療テロに警戒を!あなたは大丈夫!安倍一味が「生検」を偽装した癌細胞や発癌性物質の臓器送り込みという手口の「殺人」佐川さんや籠池さん - みんなが知るべき情報/今日の物語

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

減塩食は「ヘルシー」ではない!減塩のほうが健康に良い!などという根拠は医学的には皆無です!武田邦彦氏/人間はある一定量の塩を採るのは大切で、「減塩のほうが健康に良い」などという根拠は、医学的には皆無です。それでは、どういう表現が正しいのでしょうか?/血圧(ここから血圧と言えば、最高血圧、あるいは収縮時血圧を指します)は、全身に血を送るためにどうしても必要なもので、「血圧が低い方が良い」などということはありません。また、人によって背の高さ、血流の量、血管の太さなどで「最適な血圧」は変化します。血圧は体内の複雑なしくみで、その人の「最適な血圧」になっていて、それが人によっては100以下の場合もありますし、120から160ぐらいが最も多く、それ以上の人もいます。少し前まで、厚労省は「血圧が130以上の人は異常で、降圧剤の処方をする。120以下が望ましい」という荒唐無稽な指標を決めていて、多くの良心的な医師はしぶしぶそれに従っていました。しかし、2014年(今年)になって日本ドック学会が「150以下が良い」という新しい指標をだし、今、混乱しています。正しい医学、生理学にもとづくと、次のように説明できます。一人ひとりには、その人によって、また年齢などによって、「その年齢の時の最適血圧」というのがあります。たとえばとても健康な45歳の男性で、寝ている時には130、午前中は140、午後2時ごろ測ると150、そして医師のところで午後に測定すると155(白衣血圧)などです。この血圧は、「その人が正常に体がコントロールしている血圧」ですから、この血圧を「異常」と言うことはできません。

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

重曹の効用は凄い!アメリカ合衆国陸軍は放射線障害防止に重曹を推奨【米軍も認める効用】癌・被爆・肝臓病・インフルエンザ・腎臓病・胃潰瘍・痛風・虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも!重曹は元々、胃の薬です!食品添加物の重曹でもOKです! - みんなが知るべき情報/今日の物語

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも!胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず! - みんなが知るべき情報/今日の物語

平成とは安倍晋三一味の殺戮の歴史!人工地震・人工災害!東日本大震災311原発テロ、オウム真理教サリン事件、阪神淡路地震、熊本地震、大阪地震、北海道地震、人工台風、人工豪雨、人工猛暑など!人口削減ホロスコープ! - みんなが知るべき情報/今日の物語

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20151129160928804.jpg

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

★お勧めの整体院
筋肉系・気経絡整体【くりはら施術院】腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首、手足、膝痛・姿勢改善・若返り…独自の姿勢改善術「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」 心地よい全身施術/経験豊富ベテランの施術/仙台市青葉区

気分上々物語/みんなが知るべき情報

楽笑楽園M

日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語


クリックよろしくお願い致します



クリックお願い致します


転載元: 日々物語

スポンサーサイト



関連記事

国民騙しのアベノミクス粉飾統計。嘘まみれの安倍与党は質疑を打ち切り真夜中に予算通過を強硬して不正から逃げまくる。 

  • 2019-02-27 : 時事動画 : 編集✍
  • 「GDPカサアゲによるアベノミクス粉飾の統計改竄(捏造)不正」追及から逃げたがる安倍与党は、国会質疑を強引に打ち切って、真夜中に予算を通過させる強硬案を提示。
    安倍官邸指示による統計捏造の不正消費税増税の悪影響を国民が周知する前に予算を通過させ、不都合な事実を闇に葬ろうという、相変わらず卑怯で下劣で姑息な魂胆だ。

    2019/02/25 に公開
    明石順平(弁護士)@junpeiakashi 2/26 衆院・予算委員会
    公聴会:公述人に主に質疑
    本多平直(立憲)
    山井和則(国民)
    宮本岳志(共産)
    浦野靖人(維新)

    山井「こんなこと、日本の歴史上、あったんでしょうか?」
    明石「うそをつく味をしめている!あえてやってる!
        完全に国民をだまそうとしている!許されない!」旨

    明石順平の意見陳述は→https://youtu.be/BdVWuSWaLBI に
    「シークレット・ブーツはかせ ・頭にシリコン」
    「カサアゲ幅は、アベノミクス以降、うなぎ上り」

    著書:「アベノミクスによろしく」/「データが語る日本財政の未来」(参考)
    GDPのかさ上げは、国際的GDP算出基準に全く関係のない「その他」という部分でなされている。
    私はこれを「ソノタノミクス」と名付けた。


    ▼宮本岳志(日本共産党)

    今度の予算案は、今年10月の消費税率10%の増税を前提に
    編成をされております。

    消費税に関する対する考え方は、
    さまざま、あるだろうと思うんですね。

    ただ、あの、増税に賛成の人でも、
    この10月の引き上げは、やめるべきだっていう声も
    随分、あの、多いと思うんですよォ。

    そこで、お聞きしたいのは、
    消費税を増税できる経済情勢に、ほんとにあるのかと、
    ま、そもそも前提を欠くっていう話もあるんですけれど、
    あの、統計のですね、
    ただ、現状が、本当にそういう状況にあるのかどうかと。
    まあ、あの、先生のほうからも、
    オ~『実質民間最終消費がGDPの6割を占める』っていう話が
    あって、これがずゥっとまあ、下がり続けてるわけですねェ。
    そのもとで、10%の増税ってことをやればですねェ、
    とんでもない、日本経済に悪影響があると私たちは思うんですが、
    先生のご所見をお伺いしたいと思います。

    ▼明石順平(弁護士:公述人)

    え~、おっしゃるとおりで、消費税を増税すれば、その分、
    物価に上乗せされますから、実質賃金がまた落ちます。
    で、加えますと、実質可処分所得が低迷している原因もですね、
    これは物価が上がってるから。

    あの、社会保険料も影響していると思いますが、
    社会保険料などをですね、含めた実収入でみても、
    やっぱり下がってるんですね、

    「さがってる」というのは、アベノミクス前より下なんです。
    これは先程来、強調させていただいているとおり、
    『物価が急に上がったから』・・ですね、
    『増税に円安を被せたから』。

    それが、6年たってもですね、
    全然、賃金追いついてないんです、ソコに。
    だから消費が低迷しているということですね。

    だから増税したらソコに追い打ちをかける結果になるのは、
    これは間違いないです。以上です。


    ▼分かり易い動画
    2017/12/14 に公開
    「アベノミクスの成果」に隠された驚くべき「かさ上げ」トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!? ~岩上安身による弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏インタビュー2017.12.14


    ▼以下、明石順平弁護士による分かり易い解説(再掲載)
     毎月勤労統計偽装の実態が明らかになるに連れて、偽装された目的が「GDPを嵩上げして、アベノミクスの成果を捏造しようとしたから」ではないかという疑惑が濃厚になってきている。

    ◆かさ上げされたGDP

    事の発端は、2016年12月8日に内閣府が
    GDPの算出方法を変更したことです。
    それに伴い、内閣府は1994年以降のGDPを
    すべて改定して公表しました。

    この新しい算出方法では、
    実質GDPの基準年が
    平成17年(2005年)から
    平成23年(2011年)に
    変更されました。

    また、これまでGDPの算出は
    「1933 SNA」という国際基準に準拠していましたが、これが
    「2008 SNA」に変更されました。

    研究開発費などが加えられたため、
    GDPが大きくかさ上げされることになりました。

    しかし、これよりも重大な問題があります。
    内閣府はGDPが増額した要因を発表していますが、
    そこには「その他」という項目があり、
    「その他」のかさ上げ額が非常に不自然なのです。

    たとえば、アベノミクス以降のかさ上げ額を見ますと、

    13年度は 4兆円
    14年度は 5.3兆円
    15年度は 7.5兆円

    となっており、平均するとプラス約5.6兆円になります。
    これに対して、1990年代はすべてマイナスで、
    平均するとマイナス約3.8兆円です。

    つまり、アベノミクス以降を大幅にかさ上げし、
    1990年代を大幅に押し下げているということです。

    狙いはおそらく、アベノミクス以降の名目GDPを押し上げ、
    その他の年度の名目GDPを押し下げることで、
    アベノミクスが成功しているように見せかけることです。

    算出方法を改定する前の名目GDPの推移を見ると、
    史上最高額を記録した1997年度と、
    2015年度との差額は20.7兆円もありました。

    ところが、「その他」の額を計算に入れると、
    1997年度と2007年度は押し下げられ、
    2015年度は大幅にかさ上げされます。

    その結果、1997年度と2015年度の差額は
    わずか0.9兆円になり、
    しかも2015年度は過去22年度の中で
    二番目の数字に急上昇するのです。

    もし2015年度の数字が一番高くなっていれば、
    多くの人が疑念を持ったはずです。
    それを避けるために、
    あえて二番目の数字になるように
    調整したのだと思います。

    <明石順平>ハーバービジネスオンライン
    2019/02/23 08:32 

    【関連記事】
    安倍与党が「質疑を打ち切り真夜中に予算採決する」案を突然提示!


    立憲民主党 国会情報 @cdp_kokkai 6 時間6 時間前
    予算委員会理事会で、突然与党より、2月28日(木)に算案の質疑を打ち切って委員会採決と真夜中に本会議を開きたいとの提案がありました。野党理事らは「共通事業所の実質賃金」や「特別監察委員会の報告」等の必要な資料や参考人も出ていない途中で、審議打ち切りは論外だと抗議しました。


    (前略)
    予算委員会は今日、中央公聴会の真っ最中。今、予算が採決できる状況ではない。公聴会では、統計が壊れていると指摘をされている。それを委員長も与党筆頭も聞いていて平然と予算の採決を提案する。言語道断だと言わざるを得ません。


    明日2/27(水)予算委員会では分科会が行われます。財務金融委員会では、所得税法に関する質疑が行われます。インターネット中継(テレビ中継無し)http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php






    関連記事

    どうして真夜中!?立憲民主党 国会情報‏ 突然与党より予算案の質疑を打ち切って、委員会採決と真夜中に本会議を開きたいと…





    立憲民主党 国会情報 @cdp_kokkai 6 時間6 時間前

    予算委員会理事会で、突然与党より、2月28日(木)に算案の質疑を打ち切って委員会採決と真夜中に本会議を開きたいとの提案がありました。野党理事らは「共通事業所の実質賃金」や「特別監察委員会の報告」等の必要な資料や参考人も出ていない途中で、審議打ち切りは論外だと抗議しました。




    転載元: しあわせの青い鳥

    関連記事

    安倍の『妄想的北方領土解決確信』の異常さに呆れるラブロフ外相。『日本の条件で平和条約問題が解決される』・・という安倍の声明に対し「その確信がどこからくるのか根拠不明だ」と。

    『拉致問題解決は安倍政権の最重要課題だ。私の政権で解決する』と
    さんざ言いふらしておきながら、あとから『そんなこと言ってない』という、ホラフキオクソーシツジツマアワセコスギゾーの精神異常が
    如何に絶望的クルクルパーレベルであるかを、ロシアでも認識。

    「北方領土は我が国固有の領土」とさえ言えなくなった安倍。代わりに「固有の領土」でもない土地に「主権がある」と言い換える支離滅裂な誤魔化しぶり。平和条約交渉で、プーチンは「主権」の帰属に触れてもいない。「島が返還されて帰属が変わる」という安倍の妄想虚言暴走がサハリン州知事ほかロシアの住民を激怒させている。基地反対の沖縄県民を排除する感覚そのままだ。キチガイ宰相を排除すれば平和になる。

    ▼スプートニク日本(転載)

     ロシアのラブロフ外相はアジアのテレビ局のインタビューで、平和条約問題が日本の条件で解決されるという声明を出す根拠を、ロシア政府は日本側に出していないと述べた。

    ラブロフ外相によると、安倍晋三首相は議会で、日本の条件で平和条約問題を必ず解決する方針だと述べた。
    「正直なところ、彼のこうした確信がどこから来たのかわからない」とラブロフ氏は強調した。
    ラブロフ外相が述べるところ、プーチン大統領もラブロフ氏自身も、その他の露日交渉の関係者の誰も日本側がこうした発言を行う根拠を与えていない。



    関連記事

    アベノミクスの成果を捏造する狙いのGDP嵩上げ

  • 2019-02-25 : 時事動画 : 編集✍
  • アベノミクスの成果を捏造するGDP嵩上げ


    小川淳也  予算委員会 集中審議(2019/02/25)  

    2019/02/24 に公開
    2019年2月25日 #衆議院 #予算委員会 #集中審議 #国会2019
    質疑者 小川淳也(立憲民主党)

    ▼以下、分かり易い解説
     毎月勤労統計偽装の実態が明らかになるに連れて、偽装された目的が「GDPを嵩上げして、アベノミクスの成果を捏造しようとしたから」ではないかという疑惑が濃厚になってきている。

    ◆かさ上げされたGDP

    事の発端は、2016年12月8日に内閣府が
    GDPの算出方法を変更したことです。
    それに伴い、内閣府は1994年以降のGDPを
    すべて改定して公表しました。

    この新しい算出方法では、
    実質GDPの基準年が
    平成17年(2005年)から
    平成23年(2011年)に
    変更されました。

    また、これまでGDPの算出は
    「1933 SNA」という国際基準に準拠していましたが、これが
    「2008 SNA」に変更されました。

    研究開発費などが加えられたため、
    GDPが大きくかさ上げされることになりました。

    しかし、これよりも重大な問題があります。
    内閣府はGDPが増額した要因を発表していますが、
    そこには「その他」という項目があり、
    「その他」のかさ上げ額が非常に不自然なのです。

    たとえば、アベノミクス以降のかさ上げ額を見ますと、

    13年度は 4兆円
    14年度は 5.3兆円
    15年度は 7.5兆円

    となっており、平均するとプラス約5.6兆円になります。
    これに対して、1990年代はすべてマイナスで、
    平均するとマイナス約3.8兆円です。

    つまり、アベノミクス以降を大幅にかさ上げし、
    1990年代を大幅に押し下げているということです。

    狙いはおそらく、アベノミクス以降の名目GDPを押し上げ、
    その他の年度の名目GDPを押し下げることで、
    アベノミクスが成功しているように見せかけることです。

    算出方法を改定する前の名目GDPの推移を見ると、
    史上最高額を記録した1997年度と、
    2015年度との差額は20.7兆円もありました。

    ところが、「その他」の額を計算に入れると、
    1997年度と2007年度は押し下げられ、
    2015年度は大幅にかさ上げされます。

    その結果、1997年度と2015年度の差額は
    わずか0.9兆円になり、
    しかも2015年度は過去22年度の中で
    二番目の数字に急上昇するのです。

    もし2015年度の数字が一番高くなっていれば、
    多くの人が疑念を持ったはずです。
    それを避けるために、
    あえて二番目の数字になるように
    調整したのだと思います。

    <明石順平>ハーバービジネスオンライン
    2019/02/23 08:32 
    安倍捏造センセー、余程ヤバいのか、
    野党の質問最中、何度もチビビって退席逃亡。
    トイレ行ったついでにヤクでもキメて平常心を捏造か?
    午後の質疑では、発狂逃亡(退席)して戻ってからも、
    平常心の捏造ができず、見かねた安倍犬HKが
    馬鹿殿の乱心をお助けせねば!とばかりに
    「警察ネタ報道」を咄嗟に国会中継へ割り込ませたが
    何の効果もなく、安倍捏造は錯乱答弁を続行する有様。

    ▼関連記事
    「秘書官が勝手にやります?」枝野氏、
    統計の改ざん疑う

    関連記事

    全く認知されてない小沢自由国民民主党

    一部では『税金泥棒』とまで囁かれてる小沢一郎代議士。
    国会で何か質問してますか? 山本太郎にやらせてばかりでしょ?
    自分はオモテに立たないで、裏ではすっかり『原発ゼロ方針』を捨てた国民民主党幹部ら電事連組織と手を結ぶという背信的な選挙戦略でしか存在感を示せないんだ。弱小政党の議員としてなにやってンだかわからんようなのに期待するのは最早、昔の夢をもう一度・・と、若者を犠牲にするだけのトシヨリばかり。認知度が低いどころか認知機能が疑わしくて泣けてくるね。枝野と子守歌でも歌ってるほうがマシだね。

    小沢応援団『こんな酷すぎる安倍政権の暴走を続けてイ~のかあ~!』
    と殊更強調するなら、
    枝野応援団『原発ゼロ法案掲げる立憲に賛同しなくてイ~のかあ~!』
    と問いたいね。
    小沢&山本太郎自由党『原発ゼロ政策なんか捨てたってイ~ンだ~!』
    国民民主党『自由党と組めば、第二の自由民主党だからイ~ンだ~!』
    国民『そこから国民って名前を外せ~。そうすりゃ安倍自民党だ~!』


    管直人のように理論的に小沢を批判することもできない連中が、安倍やその応援団を批判したところで、メクソがハナクソを笑うようなもの。志を曲げたヤツを応援するようになると、品性もネトウヨ並みに落ちるのか、枝野の個人攻撃なんかして喜んでる始末。野党を一纏めにするどころか、分裂を招く輩を盲目的に支持なんかすると、真っ当な批判さえできなくなって、空々しい限りだ。どーでもいいようなネタに固執して、批判があっても直視せずに目を反らせるのはアベやウヨの十八番じゃないか(笑「カッコワライ」=カッコワリー




    )。
    小沢一郎氏は自由党と国民民主党との統一会派を実現し、次の段階として両党の合流を図り、その上で立憲民主党を巻き込んだ合流を実現しようとしています。確かに小沢一郎氏はまれにみる戦略政治家で、細川政権、羽田政権、鳩山政権など何度も政権交代を実現してきました。しかし、小沢一郎氏が主導権を握った政権や政党は、小沢氏の強引な政局運営のため、全て半年から2年程度の短命に終わっています。その繰り返しはもう御免です。
     
    国民民主党の中には閉塞状態にある現状を打破するために小沢一郎氏の剛腕に期待する向きもあります。しかし、自分の主張が通らなければ自分が属する政党でも壊してしまう小沢流の手法に振り回されるだけです。
     
    国民民主党は玉木代表をはじめ比較的若い、優秀な中堅世代の政治家が数多く所属しています。現在の国民民主党は小池都知事が立ち上げた希望の党が民進党と合併したものですが、一般国民の中には全く認知されていません。小池さんに代わって小沢さんに頼っても国民民主党が国民的支持を得ることができるとは思えません。私は国民民主党は、岡田さんが代表であった無所属の会のように、いったん解散して個々人の政治家の責任で政治理念を共有できる政党に参加することを勧めています。国民民主党の大半の議員は個々人の意志で立憲民主党に参加してくれると思っています。
     
    こうした個々人の判断に基づく結集であれば、立憲民主党に期待して応援してくださっている皆さんの理解も得られると思います。 


    ちなみに、本日、「安倍粉飾統計追及」エースでイケメンの小川淳也と
    大御所の枝野ら「真っ当な立憲民主党議員」の国会質疑あるので必見!

    立憲民主党 国会情報 @cdp_kokkai 2月22日      
    週明け2/25(月)9:00から予算委員会・集中審議の質疑が行われます。枝野代表が質疑に立ちます。NHKが生中継をします。

    インターネット中継http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
    立憲民主党・無所属フォーラムの質疑者です。

    小川淳也 議員
    枝野幸男 代表
    今井雅人 議員
    逢坂誠二 政調会長



    衆議院予算委員会理事会にて、厚労省側から有識者検討会の阿部座長に送られたメールが提出されました。このメールには「姉崎部長の意向」「官邸関係者に説明している」など、これまでの予算委員会での議論を無にしかねない内容が含まれており、逢坂政調会長が急きょ
    ぶら下がり会見を行いました。

    厚労省のメールの件が報道されました。
    統計不正、厚労省がメール公開
    官邸関係者に報告と明記:朝日新聞デジタル
     https://www.asahi.com/articles/ASM2Q

    厚労省、焦点のメール公表 TBS NEWS

    厚労省メールは圧力野党側が批判 NEWS24

    「官邸関係者に説明をしている段階であります」








    関連記事

    辺野古埋め立て「反対」が7割越え! 知事の得票上回る43万票! 沖縄県民投票、投票率は52.48%(沖縄タイムス)

    沖縄県民の7割以上が、安倍犯罪政権の「辺野古新基地建設強行」に
    反対したことになる。普天間も廃止して辺野古も廃止。トランプには
    「米国南部国境の壁建設」と「アメリカ第一主義」のために、在日米軍基地は順次、お引き取りいただいて、自国の守りを固めるよう進言すればいい。「北朝鮮の脅威」を排除した次は、日本の沖縄県民にとって脅威となっている「住宅地域に存在する米軍基地」をも取り除くのが筋だ。

    ▼沖縄タイムスから転載

    辺野古埋め立て「反対」が7割超え 知事の得票上回る43万票 沖縄県民投票、投票率は52.48%

    2/25(月) 1:35配信

     沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票が24日、投開票された。

    3択のうち、埋め立てに「反対」は43万4273票に上り、投票総数の71・7%を占めた。県民投票条例で定める知事の結果尊重義務が生じる投票資格者総数の4分の1を超え、昨年9月の知事選で新基地建設反対を訴えて当選した玉城デニー知事が獲得した過去最多得票の39万6632票も上回った。

    「賛成」11万4933票で、反対が賛成の3・8倍に達した。「どちらでもない」は5万2682票。投票資格者総数は115万3591人で、投票総数は60万5385人。注目された投票率は52・48%だった。


    県民が新基地建設のみに絞って直接賛否を示す初の投票で、昨年の知事選などでも示された新基地建設反対の民意がより明確に示された。菅義偉官房長官は投票結果に関わらず工事を進める方針を示しており、政府の対応次第では県民の反発がさらに強まることは必至だ。

     県民投票に法的拘束力はないが、条例では3択の中で得票の多い方が4分の1に達したときは知事は結果を尊重し、首相や米大統領に通知すると定める。

     県民投票の条例制定を請求した「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表は「沖縄の人の『うむい』(思い)を重く受け止めてほしい」と訴えた。

     県民投票を巡っては、5市長が一時不参加を表明したが、全県実施へ賛否の2択から新たに「どちらでもない」を加えることで県議会の全会派が合意し、知事提案で条例を改正。県議会の県政与党は労組や企業などで構成する「新基地建設反対県民投票連絡会」を立ち上げ、街頭などで「反対の圧倒的民意を」と訴えた。一方、県政野党の自民や中立の公明、維新は自主投票として静観した。

     都道府県単位の住民投票は1996年9月に沖縄県が実施した、日米地位協定の見直しと米軍基地の整理縮小の賛否を問う県民投票以来、全国2例目。96年の投票率は59・53%だった。


    関連記事

    国民民主党は「原発ゼロ」文言を削除した。国民民主と会派を組んだ小沢と山本太郎&応援団は目を反らして安倍批判しながら広報を行う愚行三昧か。恥を知れ。

    真っ当でないものに与するワケにはいかないんだよ。国民民主などにくっつく議員らを支持する連中が原発に関して批判できたギリかヨ。ウラギリだよ。ふざけんな!

    ▼菅直人(立憲)議員のアメブロから転載。
    テーマ:ブログ

    2月20日の朝日デジタルによれば国民民主党は昨日のエネルギー調査会で「原発ゼロ」の文言はやめ「2030年代を目指し、出来るだけ早期に原子力エネルギーに依存しない社会を実現する」と原発政策を変更したという。この表現は自民党安倍政権の原発政策とほぼ同じです。
    つまり原発の再稼働を認め、長期にわたって原発を稼働させるというものです。

    国民民主党は何故これまでの「原発ゼロ」の看板を降ろしたのか。それは原子力ムラの強固な一員である電力と電機労組出身議員が国民民主党の中枢を牛耳るようになったからです。


    国民民主党の代表は元官僚の玉木氏で原発推進派ではありません。しかしナンバーツーの幹事長は電機連合、ナンバースリー総務会長は電力労組出身で、このベテラン幹部2人が国民民主党を牛耳るようになった為に原発ゼロ政策が大きく後退したものと思われます。


    今年の参院選で安倍政権を倒すためには保革を超えて広がる原発ゼロ派を結集しなくてはなりません。政党の枠を超えて原発ゼロ派が団結し、しっかりした行動をとることが重要です。

    菅直人のほうが余程マトモだ。
    安倍批判しながら逆に安倍の宣伝広報を殊更やって
    「野党はひとつになろ~」とか言って誤魔化してるのが
    小沢や山本太郎の応援団のすることか。
    目を反らしまくって下衆ネタか。
    エエトシこいた爺さんたちが
    将来のある若者を犠牲にしてるんだ。
    「恥ずかしい」とは、このことだ。
    我が身の愚かな振舞いには気が付かないんだからな。

    関連記事

    2015年 厚労省から「毎月勤労統計検討会」阿部座長宛てのメール公表 「姉崎部長の意向」「官邸関係者に説明している」など 

    転載させていただきます。



    参議院議員森ゆうこ認証済みアカウント @moriyukogiin 2時間2時間前

    これまでの国会答弁を根底から覆すメールが提出された。2015年9月4日 厚労省から「毎月勤労統計検討会」阿部座長に宛てたもの。「なお、現在、検討会での検討結果等については官邸関係者に説明している段階であります。」



    立憲民主党 国会情報 @cdp_kokkai 1時間1時間前

    衆議院予算委員会理事会にて、厚労省側から有識者検討会の阿部座長に送られたメールが提出されました。このメールには「姉崎部長の意向」「官邸関係者に説明している」など、これまでの予算委員会での議論を無にしかねない内容が含まれており、逢坂政調会長が急きょぶら下がりを行いました。



    転載元: しあわせの青い鳥

    関連記事

    小川淳也質疑~衆院予算委員会ライブ中継

  • 2019-02-22 : 時事動画 : 編集✍

  • 関連記事

    言葉は簡潔明瞭に

    シナリオの訓練をしていた経験から個人的に思うことがあるんだけど、取材の際には手短に質問すればいいわけよね。言葉は簡潔明瞭にして。

    的確な言葉でズバリと「●は〇か?」と3秒くらいで聞けばいいわけ。

    遮る間を与えないほど短い言葉で質問するんだよ。
    文句言うより前に、テクニック使いなよ。
    頭悪いわけじゃないんだし。
    邪魔が入らない質問を構成することも、
    一種の仕事上の「勝負」だと思えば、面白いわけよ。
    制限が入る余地すら与えないようにすればいい。
    それができたら、「今日は制限が入らず、感謝します」とでも言って、儀礼的に鼻を明かしてやればいいんだし。

    例…「●は、なんだ?」「●で、いいのか?」
      「ここに問題があるが?」
    質問は10秒以内。
    「デスマス調」なんか使わなくもいいと思う。
    「制限回避に簡潔な言葉を使う次第です」
    ・・とでも最初に断っとけばいい。

    なんか、記者連の質問聞いてると、
    まどろっこしいのが多いから、
    回答者をフォローするわけじゃないけど、
    聞いててイライラしてくるときがある。

    上記1月17日の質問内容にしても、まどろっこしい。
    質問するなら「違法な赤土(写真等示す)はコレだ」
    回答者が「適法だ」という場合を想定しておき、
    「成分と分布の調査結果はコレだから違法で問題だ」
    と突きつけて、「許されるのか?」と追い込むんだよ。
    予め、「ダメ押しの駒」を用意しておいて簡潔に尋ねる。


    権利の侵害に対してクレームを言うのは勿論だけど、
    言論を仕事としている人達は、
    何度もイヤガラセを受けている現状を繰り返すより、
    「そっちがそうくるなら、こっちもこうだ」と
    技術的に頭脳を駆使して対抗しなければ駄目。
    「こんなふうにイヤガラセされた~!」
    「なんとかしてくれ~!」とか言ったところで、
    ハナから通じない相手なんだから。
    同じことを繰り返されてるなら、猶更、対応策を。
    邪魔したら「あなたには聞いてない、黙りなさい!」
    とでも、いっぺん大声で叱りつけてやればいい。
    それでなくても、「女」ってだけでナメられてるんだからね。 
    【検証と見解/官邸側の本紙記者質問制限と申し入れ】

    (中)1分半の質疑中 計7回遮られる


    記者会見の進行役を務める上村報道室長が、質問の途中で本紙の望月記者をせかすようになったのは一昨年秋から。「簡潔にお願いします」「質問に移ってください」と繰り返し、そのたびに質問は遮られてぶつ切りとなる。聞き取りにくく、時間がかかる結果となっている。
     本紙は今年1月22日、長谷川広報官に文書を送り、18日の沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設を巡る県民投票に関する二つの質問で、上村氏から途中に計8回、せかされたと伝えた。「お互いが落ち着いて質疑をするために、事務方の催促は最小限にしてほしい」と要請したが、その後も続いている。
     例えば安倍晋三首相がNHK番組で「(辺野古沖の)土砂投入にあたって、あそこのサンゴは移植している」と語った「サンゴ発言」などを巡る1月24日の二つの質問(表(2)参照)では、開始からわずか数秒で「質問は簡潔に…」とせかされ、以後も数秒おきに続いた。1分半ほどの短い質疑で、質問は計7回も遮られた。
     官邸側は本紙編集局長宛てに文書で、会見は記者が意見や政府への要請を述べる場ではないと主張、上村氏が質問を遮る理由にもなっている。ところが他社の記者の質問では、意見が交じって時間がかかっても遮ることはほとんどしない。
     沖縄の県民投票を巡り、今月14日にあった他社の記者の質問(表(3)参照)では、本紙記者よりもかなり長く質問し、最後に「そういうことがあってもいいのかなと思うんですけど、いかがですか」と意見を述べた上で、菅氏の見解を求めている。
     この記者は3問質問したが、本紙記者の場合、当てられるのは常に最後で、1問目が終わるといつも上村氏が「次の質問、最後でお願いします」と宣言するため、2問に限定されている。上村氏が本紙記者に質問妨害や制限を行っているのは明らかだ。
     望月記者は一昨年から森友・加計学園疑惑などで官房長官らに質問してきた。最近では「税を追う」キャンペーンに関連し、増大し続ける防衛予算や沖縄・辺野古の埋め立て工事などの質問を多く行っている。
     森友学園への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざんのように、政府側の説明にはうそや誤りがあることがあり、それをスポークスマンである官房長官に質問するのは記者の重要な仕事だ。特定の記者に対する質問妨害に、政府側が嫌う記者を封じ込めようとする意図はないのか。
     本紙記者の質問制限を巡る山本太郎参院議員の質問主意書に、政府は「今後もやむを得ない場合には、司会者がこれまで同様に協力呼びかけを行う」と回答した。だが、比較検証したように本紙記者の質問は特別長いわけではない。狙い撃ちであることは明白だ。

    関連記事

    【動画付き】錯乱安倍が「一旦戻れ!」と大臣答弁封じ。詳細※リテラ(転載記事)

  • 2019-02-21 : 時事動画 : 編集✍
  • 統計不正で「メールの証拠」長妻昭(立憲)

    長妻昭 予算委員会 集中審議 質疑(2019/02/20)


    安倍首相が統計不正の証拠メールを突きつけられ大慌て! 答弁中の根本厚労相に「いったん戻れ」と前代未聞の指示

    2019.02.21 01:14

    統計不正調査問題で、安倍官邸、そして安倍首相の関与を示すさらなる証拠が出てきた。それは、厚労省が同年6月に調査方法を見直すため発足させた「毎月勤労統計の改善に関する検討会」(以下、検討会)で座長を務める中央大学・阿部正浩教授に対し、厚労省側が2015年9月14日に送ったメールだ。

     そのメールで厚労省側は、阿部座長に対して「委員以外の関係者から『部分入れ替え方式を検討すべきではないか』との意見があった」と伝えていた。

     この2015年9月14日というのは、結果的に最後の検討会となった第6回会合が開かれる2日前のこと。同年8月7日におこなわれた第5回会合では、阿部座長は「検討会の方向性としては、総入れ替え方式で行うことが適当であるということにさせていただければと思います」と従来通りでいくことをまとめていた。つまり、こうした検討会の方針に対して、賃金を上昇しているようにみせる「部分入れ替え方式を検討すべき」と露骨な圧力がかけられたのだ。

     結果、9月16日の第6回会合では、前回にまとめられた方針から一転、“引き続き検討する”と方針を変更。ちなみにこの日、阿部座長は会合を欠席している。

     では、この「委員以外の関係者」とは一体誰なのか。昨日の衆院予算委員会で、首相の側近である中江元哉首相秘書官(当時)だったことが判明した。

     立憲民主党・長妻昭議員がこのメールを取り上げ、追及したところ、答弁に立った根本匠厚労相がこう答弁したのだ。

    「事務方に確認したところ、詳細は不明だが、(委員以外の関係者というのは)中江元哉首相秘書官のことだと思われる。当時の担当部長からそういう話を聞いている」

     中江首相秘書官については、すでに2015年3月、厚労省の姉崎猛・統計情報部長や宮野甚一・総括審議官(ともに当時)に対して「毎月勤労統計」調査の手法をめぐり「改善」を求める「問題意識」を伝え、検討会を発足させていたことが発覚している。だが、検討会の方針が官邸の思い通りにならないため、同年9月14日に再び、賃金が上昇して見えるように「部分入れ替え方式を検討するべき」と“圧力”をかけていたということらしい。

     中江首相秘書官はこれまで“厚労省から検討会設置の報告は受けたが、検討の途中や結果の報告を受けた記憶はない”と答弁してきたが、これらは完全に虚偽答弁だったというわけだ。

     加計学園問題で和泉洋人首相補佐官が文科省の前川喜平事務次官に対して、「対応を早くしろ」と圧力をかけたのとまったく同じ構図だったのである。

     しかも、中江首相秘書官の場合は、圧力をかける約
    10日 前、2015年9月3日の国会答弁を作成する「勉強会」で安倍首相にこの統計方法の問題を伝えていたことを認めており、安倍首相から直接、指示を受けていた可能性も出てきた。

     圧力の証拠が次から次へと出てきて、当の安倍首相もかなり焦っているようだ。昨日の国会で信じられないような言動に出たのである。

     それは、阿部座長に送られた“圧力メール”について、根本厚労相が前述したように「中江元哉首相秘書官のことだと思われる」と認める直前のこと。長妻議員が「これはどんなメールですか」と根本厚労相に質問したときに起こった。

     質問をされているのに、なかなか立ち上がらない根本厚労相。ようやく答弁に立つと、こんな無意味なことを言い出した。

    「えー、厚生労働省から阿部座長に送ったメール……。どういうメールって話ですっけ。厚生労働省から阿部座長に送ったメール、だと思います。ご質問のメールは」

    しどろもどろの根本厚労相、安倍首相が「戻れ」と指示し注意を受ける事態に

     しどろもどろになりながら、わかりきった話を2度も繰り返す根本厚労相。これには長妻議員がすばやく「中身は?」と問うた。すると、根本厚労相は「ん? ……な……」と言い澱んだのだが、そのとき、安倍首相の声で、こんな指示が飛んだのだ。

    「いったん戻れ」

     音声を確認すると、たしかに安倍首相と思われる声で「いったん戻れ」、あるいは「いったん下がれ」というようなことを言っているのが聞こえる。実際、この指示を受けて、根本厚労相は「いったん戻ります」と言い、答弁をやめて自席に戻ってしまったのだ。

     この安倍首相から飛び出した指示に、長妻議員は「総理、『いったん戻れ』という指示はおかしいですよ」と反発、議事進行をする野田聖子・衆院予算委委員長も「総理、あの、以後慎んでください」と注意をおこなったが、総理大臣が担当大臣の答弁中に答弁をやめさせる指示を自席から出すなんて、まったくありえない話だ。

     2017年の森友問題についての国会追及では、安倍首相は佐川宣寿理財局長(当時)に対し、秘書官を通じて「もっと強気で行け。PMより」と書いたメモを渡していたとされている。PMとはプライムミニスター、安倍首相のことを指す。こうして佐川理財局長は「交渉記録はない」などという虚偽答弁を連発したのだった。

     一方、昨日の安倍首相は、よりにもよってNHKで生中継されている国会審議中に、議場に響く声を発してまで根本厚労相の答弁をやめさせた。これは、中江首相秘書官の指示を認める過程で、安倍首相自身の関与を物語るような事実が出てくることことを恐れたためではないか。全国紙政治部記者もこう解説する。

    「ご存知のように、中江首相秘書官は厚労省に圧力をかける約10日前、安倍首相に統計の手法について説明しており、そのときに安倍首相から直接、指示を受けていた可能性がある。官邸としては、厚労省側の証言があるので、中江氏の存在は一応、認めざるを得ないが、安倍首相の関与を突っ込まれたくないので、曖昧にしておきたかった。ところが、根本厚労相がしどろもどろになってしまった。それで、やばいことを口走りかねないと大慌てした安倍首相が『戻れ』と言ったのではないでしょうか。もうひとつ、中江首相秘書官だけでなく、菅義偉官房長官も、この時期に姉崎統計情報部長に圧力をかけたともいわれており、そのことが暴かれるのを恐れた可能性もありますが」

    安倍首相は「戻れ」と指示をしてなにを隠そうとしたのか

     実際、当の中江前首相秘書官も、ここまで虚偽答弁と新たな圧力の事実が明らかになっているにもかかわらず、いまだ曖昧にしつづけている。昨日の国会で、こう答弁したのだ。

    「正直、2015年9月14日に厚労省から説明を受けた記憶はまったくない」

    「首相案件」疑惑では耳タコ状態のフレーズ、「記憶にない」。モリカケ問題の追及で財務省の佐川元理財局長や柳瀬唯夫・元首相秘書官が何度も繰り返してきたこの言葉が、この統計不正問題でもついに飛び出したのである。

     しかも、中江前首相秘書官は、つづけてこんな珍妙な答弁をおこなった。

    「私の問題意識からすれば、仮に、調査対象を部分的に入れ替える方式のほうが経済の実態をよりタイムリーに表すのであれば、専門的な検討を進めてもらったらいいのではないかということを言ったかもしれないが、説明を受けた記憶は本当にまったくない」

    「言ったかもしれないが記憶にない」って……。まったく醜い答弁だが、逃げ道を塞がれ、しかし事実を認めるわけにもいかないという苦しい状態に、安倍政権が追い込まれていることが、よくわかるだろう。

     いずれにしても、加計問題では、柳瀬首相秘書官や和泉洋人首相補佐官といった安倍首相の側近が内閣府や文科省に「首相案件」として圧力をかけていたが、この「アベノミクス偽装」問題でも同じ構図だったことは間違いない。──政治的圧力によって行政をゆがめ、忖度を引き出し、ときに友だちを優遇し、ときに数字を偽装する。こんな安倍首相のやりたい放題を、このまま許しつづけるわけにはいかないだろう。


    幼稚老人安倍がメールの件で
    錯乱してヤジりまくる醜態。
    安倍擁護のネトウヨらは、
    『長妻が発狂』とスリ替え。
    動画見れば安倍が完全発狂。
    記憶喪失認知症事実誤認。
    動揺してイ、イ、イ、イ・・
    声が震えてドモってやがる。


    関連記事

    自民党政治総破産の最後のアガキ(金子勝氏の講演動画)

  • 2019-02-21 : 時事動画 : 編集✍
  • もしGDPがカサ上げされてたら、国際問題です。IMFのエコノミック・アウトルックに載ってるようなものも、全部デタラメってことになる(金子勝)。

    金子勝氏(立教大学特任教授)スピーチ
    『嘘つきが国を滅ぼす 公文書と政府統計の改ざん問題の本質』
    「安倍政治を終わらせよう!2.19院内集会」
    2019.2.19@参議院議員会館講堂  

    2019/02/19 に公開
    2019/02/19 17:00から参議院議員会館講堂に於いて「戦争をさせない1000人委員会」と「立憲フォーラム」の共催により行われた[安倍政治を終わらせよう!2.19院内集会]での金子勝氏(立教大学特任教授)による講演『嘘つきが国を滅ぼす 公文書と政府統計の改ざん問題の本質』の様子です。


    安倍政権に都合良く虚偽の統計指標を国際社会に提示し、
    日本経済が如何にも好調であるかのように世界を欺いていることになる。国内で適当にモリカケ同様、片づけられる問題ではなく、既に国際的な犯罪レベルの域に達している・・ということ。

    国内で嘘をつき通し、
    やれ『忖度』だ、
    やれ『再発防止』だのと言って、
    安倍ら政治家は事なきを得ようという魂胆でいるが、
    『統計不正国家』として国連からも排斥されるだけでなく、日本の信用度は地に落ちたも同然となり、
    信用も価値もない『日本売り』の流れが加速する。
    「安倍の不正」を必死で庇うのが犬HKやゴミウリ3K。
    自ら不正の共謀を手伝って誤魔化す最低最悪な連中だ。

    既に経済が『敗戦状態』であることを、ひた隠しに隠し、
    日銀マネーの金融緩和で株を意図的に操作して釣り上げているが、ゆくゆく米国から指摘されてアベ黒田差配による為替操作もできなくなる。トランプは貿易交渉では容赦しないだろう。安倍が『内密にノーベル平和賞を推薦した』ことさえ、平気で暴露するのがトランプだ(嘘つきで姑息で不正な安倍が大嫌いだからこそ、世間に晒した。日本政府の安倍直々に裏で動くからこそ、日本人がノーベル賞を毎年のように貰えてるんだぞ・・という暴露だ)。

    景気の良さを捏造しているのが安倍本人だし、
    これは事実だ。
    金融緩和の出口策を安倍が拒否していることを
    ワタミの社長が先日暴露したばかりだ。

    2月27日の米朝首脳会談を経た後、
    日本は国際政治においても完全に敗北する運命だ。

    関連記事

    最近、右膝がハレて歩行困難なオラです~。まあ、突き指みたいなもの・・かな。

    2月に入ってから、右膝のお皿の付近が少し痛くなっていて、ちょっとした徹夜状態のとき、重い荷物を持ったりして動きまわって風呂入った翌日、本格的に膝の上部が腫れてしまい、関節全体が腫れあがって突っ張り、次第に足を引きずるようになり、今現在、歩行が困難になってる状態のオラです。なんだか膝が突っ張ってきてヤバいな~と思いつつ、部屋の掃除をして風呂に入って炬燵に入って、うっかりビールまで飲んだりしてたので、炎症を悪化させたようにも思われるアホです(^^)/。


    あまり痛みはないものの、
    膝裏が突っ張って、関節が
    膨らんで曲がらないので、
    立ち上がる際や、
    炬燵に入る際が
    結構しんどいです。
    炬燵で温まりすぎるのも
    よくないから、右膝の方の
    掛けカバーを中へ押し込んで
    膝を外へ出したり・・。


    もともと学生時代にはハンドボールなどの競技もやってたし、自分で言うのもなんだけど、背も高くて運動神経も良くて俊足でジャンプ力も「野郎並み」にあり、腕相撲でさえ男子とドッコイ勝負してたほど体育会系「チカラ自慢」のオラだったので(過去の栄光でしかないけど)、関節も骨太だから、腫れたら余計にゴンブト状態になる上、昔は駿馬のようにスラリと長~く柔らかでカッコよかった自慢の足も、今ではすっかり中年太りによるブサイクなブタ肉がついてしまっているため、とにかく扱いニクいのなんの・・最早ヤセる気もないオラだし(*´з`)不良な「オトコオバサン」みたいで恐縮です。

    ブタ並みの「アシ腫れ」ですが、腕力があるため、立ち座りの際のコツを掴んで、足には無駄な力を入れないよう、両腕をキン肉マンにして、足を庇いつつ家の中くらいなら、引きずって歩く程度は容易です。

    原因は、変な姿勢で膝をついて座っていたためだとわかっているので、左程心配はいらないと思い、安静第一で、医者にも行ってません。

    独自の見立てでは、お皿の軟骨が関節内部に入り込むような感じで一時的に圧迫され、その状態のまま重い荷物を運んだりして関節に負荷がかかって炎症を起こし、睡眠不足や寒さ等ストレスにより免疫機能が若干低下してリンパ液の流れや血行が悪くなったせいで皮膚に内出血も若干見られ、腫れは右膝の皿の外側上部から内側にかけて炎症を起こしている影響で、関節周辺に水が溜まっている・・といった症状です。

    ドッジボールで突き指をしたような感じだけれども、それほど痛みもなく、関節がやたらと腫れて、膝が曲がらない・・という具合です。

    まあ、そんなわけで、まるでロボットのように右膝が突っ張ったまま、硬直したような歩き方しかできないため、オラの頭の中ではついつい『ロボコップ1のテーマソング』が流れてきて、気が付けば、
    足を引きずって歩く際、ウィーン、ウィーン・・とロボットの機械音とともに、いつしかロボコップのテーマを口ずさんでるような始末です。
    (-ω-)/「マーティ!」(警官のロボコップ1号・・懐かしい)。

    右足を庇って歩くと、左膝のほうがちょっとチクチク痛くなってきて、そのうち腰まで重だるくなってしんどくなるんだけど、そういうときには、まず「笑う」と、筋肉がユルくなって、コリの痛みが薄れます。

    例えば、アニメの『銀魂(ぎんたま)』なんかを思い出してたりして。
    銀ちゃんがドラゴンボールの悟空に変身した「ギンタマン」とか、
    ロボッ娘話の「ケツにモップ突き刺さる」までのクダリとか、
    将軍様の「ショーちゃん」が、桂と一緒に屋根に上ってジャレたはずみで、ショーちゃん、しゃちほこにケツハマッて着物破けてスッ飛んで落下して、スッパダカで城内走りまくってるヤツとか・・(爆!)そういうのばかりが浮かんでくると、死ぬほど腹が苦しくなって悶絶笑い。

    で、ほかにも、PCで遊んで気を紛らわしてみたり・・。
    ▼人形臭い茶髪の3DヒジカタのGIFアニメ(チカラ入れてません)

    (*´з`)「ブタヒザ」⤴これくらいハレてる。

    ま、「怪我の功名」とかいうふうに、
    人生、何が幸いするかわからない・・と、
    なるべくなら楽観的にいきましょうかね。


    関連記事

    掘ちえみさんが舌癌で手術闘病(アメブロ記事からリンクのみ転載)

    アメーバの公式サイトで、まず菊池桃子さんの記事を見てから、掘ちえみさんのブログを拝見したところ・・かなり深刻(/_;)。舌の半分の切除と、首のリンパ節へ転移した腫瘍の切除を同時に行う手術だそうです。

    舌の口内炎でレーザー治療を何度か受けたそうですが、レーザー治療にしても、ガンマー線照射(放射線治療)の一環なので、副作用もあれば、後年の癌発症の可能性もあるように思われます。

    昔、馴染みのレコード屋さんの若い男性店員さんが、同じく舌癌で早逝してしまったことを思い出します。店長さんの奥さんから闘病の様子を亡くなったあとで聞きました。切除もできず、手の施しようがなかったそうです。3ヶ月くらい前には元気に店番していたのに・・と、信じられないほど、あっけなかった。その後、お店に行くと何故かいつも彼の気配を感じました。個人的な過去の話で恐縮ですが、「舌癌」というのがその昔の自分にとっては、戦争で餓死することと同じくらい衝撃的で、しかも、あまりにも若いその人の「人生」が苦痛と悲嘆のうちに、あっけなく消えてしまったことを思うと、今でも強い衝撃を感じざるを得ません。ホリプロのような大手の芸能人のネタなどにはあまり触れないものの、つい便乗して思い出話を書いてしまいました。お許しを。

    いつぞやNHK(教育TV)で『スマホ携帯の使い方講座』のような番組に彼女が出演していたのをチラ見した程度で・・

    最近の活動はよく知らないものの、『スマホは耳から1センチ離して使うこと』と注意書きがあるように、リチウムや電磁波等、人体への悪影響も若干あるのではないかな・・と。それでなくてもリュウマチも患っていたそうで、いろいろ辛そう・・。気丈な様子や態度には、改めて芯の強さを感じます。

    ▼掘ちえみさんのアメブロ記事

    【関連記事】
    ▲以前、なにかの記事で彼女の顔写真を見たとき「堀ちえみ」と名前が出ていたので、こんな顏じゃなかったけど・・?同名の別人かと思いました。なんか以前よりも顔つきが変わってたのが気になりました。
    顏は化粧で誤魔化せるけど、首の周辺は隠せないので・・。

    「ダイエット」や「痩せ願望」が如何に愚かしいことか・・、
    「食べられる身体」の機能が如何に恵まれていることか・・、
    病気になってみて初めて気が付くのが人間の欲望の悲しさ。




    関連記事

    安倍晋三の罪状リスト(Q開示情報2014年版)


    リストNo.133



    WANTED ALIVE


    FOR PROSECUTION IN THE COURT(S) OF LAW
    PUBLIC NOTICE OF INTERNATIONAL (CITIZENS') ARREST

    In the Matter of Crimes Against Humanity and His/Her Nation
    A Public Notice for his/her immediate arrest for questioning and trial ishereby issued to and against R-oA2014-listed

    Abe, Shinzō
    regarding actively and knowingly conspiring in well-planned efforts andconstructions to consolidate power and resources – with the intention toestablish a world government which would provide him/her with full immunityfrom any form of prosecution regarding his/her past and future crimes – and istherefore, according to Round-op Alpha, guilty of crimes against thesovereignty of his/her nation and against humanity as a whole, i.e.:
    High-level brigandage: Looting of public wealth; oppressing of populations;attacking the rights to good health, education, personal/national sovereigntyand real security; the murdering in name of corporate profits; democide;psychological warfare; (eco-)terrorism – which deliberately jeopardizes anyattempts for world peace and causes regional, cultural tensions, armedconflicts, forced poverty and the decay of the public’s health, the publicorder and society as a whole.


    Documentation, references, citations: Roundopalpha.wordpress.com,
    roundop.alpha@gmail.com
    Release date of this document:April 14, 2014
    Issued by:Jacobs, Koen
    Round-op Alpha
    Lawfully issued under international law. Mandated by citizens and members ofthe international community. R-OA2014-000-690


    訴追のための国際(市民)逮捕の公告

    人道に対する犯罪の有罪(即時逮捕の公告)
    高レベルの山賊行為
    公共の富の略奪
    人口の抑圧
    共謀で隠蔽
    健康・教育・個人・ 国家の権利を攻撃
    企業収益の名のもとに殺害
    心理戦争(エコ)テロリズム
    地域・文化の緊張・強制貧困
    公衆の健康と社会全体の崩壊を引き起こす。

    関連記事

    F35 欠陥把握せずに爆買い (共産党:宮本徹議員の質問)

  • 2019-02-17 : 時事動画 : 編集✍
  • F35は、開発遅延とコスト急増でコントロール不能の「欠陥」戦闘機。そんなことも知らない安倍「欠陥」首相が105機も追加爆買いでエセ右翼らも大威張りのアホ丸出し。トランプも内心では安倍を「呆れたクレイジーだ」と確信していることだろう。安倍が国難。

    2019/02/15 に公開

    衆院予算委員会 宮本徹議員(日本共産党)の質問

    ▼宮本徹議員

    F35についてはトランプ大統領が就任直前に
    ツイッターで、
    『F35プログラムとコストはコントロール不能だ』
    とツイートしております。
    これ、どういう意味でしょうか。

    ▼麻生太郎財務大臣
    ムニャ・・(省略)

    ▼宮本徹議員

    まあトランプ大統領がコントロール不能ということで
    ですね、F35は開発が遅れ、さらには開発コストが急増しているんですね。2001年の344億ドルが2017年12月には555億ドル・・と。

    関連記事

    『殺せ!統計』安倍の指針!(立憲小川議員質疑 2/14衆院予算委)

  • 2019-02-17 : 時事動画 : 編集✍
  • 小川淳也議員(立憲民主党)、「安倍案件」の統計不正を斬る

    2019/02/14 衆院・予算委員会 小川淳也・立憲統計不正

    ▼小川議員

    やがて『統計の日』が来ます。
    標語を募集したい・・という
    この危機管理のお粗末さ・・
    たるや、本当に恥ずかしい。

    大臣、ちなみに、18年・・
    今年の選ばれた標語は何ですか?

    ▼石田総務大臣

    え~、お答えを致します。
    え~、

    『生かせ統計、未来の指針』

    でございます。

    (^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)爆笑!

    ▼小川

    大臣、今~、大臣、今ソレ、
    お読みになりながら、
    恥ずかしい気持ち・・ダ、でしたよね?
    でしたよね? 大臣?

    今、恥ずかしい気持だったでしょ?
    ソレ、お読みになりながら・・。

    『生かせ統計、未来の指針』

    ですよ~。

    ここで読んでる私も恥ずかしい!
    本当に。

    関連記事

    安倍用無し。首相候補を枝野とみる外国大使

    ノルウェー大使公邸に枝野立つ


    非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111 11時間11時間前
    外国大使は安倍首相には、もう用はないと考え、政権交代後の首相が枝野氏になると考えている。



    真っ当な北欧諸国では記憶喪失幼稚老人の安倍(国家私物化犯罪者)など見限っている。

    ▼以下、オマケ

    非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111 11時間11時間前
    まさに「初老の小学生、安倍晋三」。不穏当な発言を「言論の自由」だと言い張り、発言を取り消さないのは、なんというか、子供の「駄々っ子」ではないか。
    64歳児が、どう見ても、お母さんの見立てと思われる服を着る。


    トランプは、非道な麻薬密売者に対してフイリピン方式(即射殺OK)を採用したがっているそうだ。

    日本方式で言えば、「斬り捨て御免」。

    満州で麻薬密売に関与していた岸時代からの裏組織も
    例外なく始末の対象となるだろう。

    「ノーベル平和賞」をトランプの眼前にぶら下げたところで、
    無意味に等しい。

    関連記事

    トランプ大統領、国境警備予算案に署名し非常事態宣言へ=マコネル氏 オマケで安倍の嘘モロモロ

    オマケ※後段に安倍のホラフキ(画像)オンパレード掲載。

    トランプ大統領、国境警備予算案に署名し非常事態宣言へ=マコネル氏


    (関連する記事)

    国家非常事態宣言をトランプ大統領が発したとき、それは即ち、全世界に派兵した米軍の引揚げのみならず、日本の普天間基地にいる米軍海兵隊にしても、その任務上、真っ先に米国内へ引揚げるのが筋だhttps://blogs.yahoo.co.jp/renji2ren8/41194147.html


    辺野古の新基地建設を廃止して、米国の壁建設に充てるようトランプが要求したら・・どうするのかね? 安倍は。
    毎度、米国サマにワンワン真っ先に従う売国奴エセ右翼の安倍や応援団の犬HK日本会議ワンコロ&ゴミウリ巨痔賛刑は、米軍が日本からいなくなると外国の脅威から守って貰えなくなるから怖い怖い~!・・かなんか言うわけか?
    (*´з`)腰抜けホラフキノミのシンゾーの応援ばっかしてると、精神破壊を招くだろ? 早いとこやめちまえよ。
    日本をちゃんと守るには、安倍という精神病者を早く退場させて、裏表なく、真っ当に日本を守るのが通常の保守であり、日本としての誇りある姿だろ? 腐った安倍菌(金)と心中するまで引っ付いていたければ別段構わんけどね。アララ~、2019年~2021年版『不況』の足音が確実にきたって警告が出てるね~。早く気が付けヨ~。
    ワタミは安倍を見限って早々と逃げたよね~。商売人なら不正で景気良く見せるために大嘘ついてる安倍なんぞから早く逃げたほうが賢いね~。津波がくる前に逃げろ~。
     

    『安倍憲法改悪』もトランプは「うまくいきません」と
    断言。そりゃそうだ。北朝鮮の金ちゃんは恋人の扱い。
    「南北朝鮮戦争終結」により沖縄米軍駐留理由も消滅。
    警察予備隊から自衛隊に昇格させた部隊の用途も消滅。
    戦後日本国憲法の「平和主義」をトランプが実現する。
    明治時代の大日本帝国憲法の復活など不可能絶望必至。




    安倍を信用せず、トコトン嫌っている金正恩(正解)。
    そういや、「安倍政権が拉致問題を解決する」ってのも、
    「言ったことなかった」んだっけかね~。石破がビックリしてたよね~。









    こんな馬鹿⤴信じてるのは人間のクズ以下のカスだね。
    「消えた年金」も「最後のおひとりまで!(安倍)」と
    豪語しながら救済不能で打ち切り。



    「言ったことない」認知症ボケ老人危機レベルの総集編でも作れ、犬。





























































    A級戦犯御赦免の岸信介の孫:安倍晋三は、超A級戦犯(首謀者)。

    ホラを吹くことなしには生きていけないサイコ安倍晋三。









































































    関連記事

    ムキになってホラ吹く安倍幼稚老人( ̄д ̄)統計不正指示は『安倍案件』 (日刊ゲンダイから転載) 

    安倍晋三小学校→『自分の名前を冠にするわけないじゃないですか!』
    新元号でも安倍の安っぽい名前の『安』か、ノミのシンゾーの『晋』の字を『入れるわけないじゃないですか!』・・とでも言え。
    公開日: 2019/02/14 14:50  更新日: 2019/02/14 14:50     

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

    「毎月勤労統計」の賃金かさ上げは「首相案件」――。2018年1月に突然、調査方法が変更され、賃金がカサ上げされることになった「毎月勤労統計」。やっぱり、安倍首相周辺が関与していたことが発覚した。

     13日の衆院予算委で安倍首相は、企業サンプルの入れ替えにより数値が大きく変動することについて、15年の段階で、当時の首相秘書官が厚労省の役人から説明を受けていたことを明らかにした。

     質問した財務省出身の大串博志議員(立憲民主)は「秘書官の耳に入るということは、役所では“総理ご関心事項”と言うんですよ」と語った。14日の衆院予算委で、厚労省と接触したのは、中江元哉首相秘書官(現・財務省関税局長)で、15年3月末だったことが明らかになった。この後、統計の“見直し”は一気に進んだ。

    ■核心を突かれムキになった安倍首相

    15年10月の経済財政諮問会議で、麻生財務相は「サンプル事業所の入れ替え時に変動がある。改善方策を早急に検討していただきたい」と「毎勤」の調査方法にケチをつけた。その結果、毎勤統計の500人未満事業所の抽出調査は「総入れ替え方式」から「一部入れ替え方式」に変更され、18年から実施された。入れ替えは3年ごとに行われる。

     “総入れ替え”すると、倒産直前の企業や生まれたての企業など低賃金の企業が多く含まれるため、賃金は低く出る。そこで、“一部入れ替え”に変更し、賃金を上振れさせたのだ。

     調査方法の変更には統計委員会の委員などから異論もあったが、「首相案件」だから、ゴリ押しできたのである。

     大串議員に追及された安倍首相はムキになって言い返した。

    「2015年は平和安全法制で1000問質問を受けた。これ以外は持ってこないでという状況だった。統計なんかに関心を示すわけないじゃないですか。根本的に知りませんから」「毎勤は毎月見ませんよ」

    核心を突かれるとムキになるのが安倍首相の特徴である。

     政治評論家の山口朝雄氏が言う。

    「統計見直しに、早い段階から首相秘書官が動いていたということは重要です。麻生財務相のみならず、安倍首相自身が大きな関心を持っていたということです。森友、加計のケースと同じで『首相案件』だったから、官僚が忖度し、普通なら無理なことでも進んでいったのでしょう」

     どんな力が働いたのか――徹底解明すべきだ。



    関連記事

    史上初の最高裁長官経験者逮捕 徴用訴訟介入などの容疑=韓国 

    友達優遇で弾劾訴追されたパク・クネ政権下の最高裁判所長官の逮捕。韓国司法は日本の安倍司法より格段に倫理規範が高い証左。

    史上初の最高裁長官経験者逮捕 

    徴用訴訟介入などの容疑=韓国 

    2019.01.24 07:56 

    【ソウル聯合ニュース】韓国の検察は24日未明、戦時中に強制徴用された被害者が日本企業を相手取って起こした損害賠償訴訟に介入したなどとして、職権乱用権利行使妨害などの容疑で梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院長(最高裁長官)を逮捕した。ソウル中央地裁が同日、検察が請求した逮捕状の発付を認めた。最高裁長官経験者が逮捕されるのは初めて。


    梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院長(最高裁長官)=(聯合ニュース)

    地裁は「犯罪事実のうち、多くの容疑が認められ、事案が重大。現在までの捜査進行過程や容疑者の地位、重要関連者との関係などを踏まえれば、証拠隠滅の懸念がある」と発付理由を説明した。
     検察によると、梁氏は2011年9月から6年間の大法院長在任中、同院所属機関・法院行政処の幹部や大法官(最高裁判事)らから朴槿恵(パク・クネ)政権側との「裁判取引」など反憲法的な構想の報告を受け、承認したり、指示を出したりした。
     梁氏の容疑は40程度に上る。徴用被害者などの民事訴訟を巡る「取引」、憲法裁判所の決定で解散した左翼政党・統合進歩党議員の地位確認訴訟への介入、憲法裁判所の内部情報流出など、これまでに提起された疑惑の大半に関与しているとされる。
     検察は最長20日間、梁氏の身柄を確保した状態で捜査を行い、来月起訴する方針だ。

    (雑感)
    権力者をも弾劾訴追して刑に服させる。
    韓国の司法は生きているが、日本では死んでいる。
    大手メディアも完全に死んでいる。
    安倍翼賛エセ右翼メディアなどは安倍の不義を叩かずに韓国叩きをして
    得意になっているのだから救いようがない。
    韓国司法にかかれば、安倍などはとっくの昔に監獄行きだ。

    日本では悪玉の親分を捕まえるどころか、ビクビクして逃げ回り、
    逆に、親分の悪事を隠すため、自国内政権の犯罪を矮小化し、必死で庇っている。その代り、ヨソの国を異常なほど卑下して非難を繰り返すだけでなく、話題を反らすために、天候やスポーツのネタで「日本スゴイ」と自国をヨイショしながら時間を浪費するという情けない有様だ。
    そこにはもはや正義の「セ」の字もなく、欲の「ヨ」の字しかない。
    利権におもねる腰抜けの奴隷ばかりだ。

    国家私物化犯罪者の安倍を野放しにしておく日本の堕落司法及び
    大手メディアのレベルは韓国に劣ることは言うまでもない。
    悪人の始末もできず、悪人がばらまく日銀私物化マネーにたかるしか
    能がない堕落した日本だ。少しは恥を知るがいい。
    韓国司法を非難する資格など微塵もない。

    関連記事

    おまえのは現実地獄政権だよ安倍。悪夢は覚めれば命に関わる心配もない。

    「可能性だけで戦争していいんですか?」(太田)
    「そりゃそうですよ」(安倍)
    日本全国すべての皆さんへ
    一つ、お願いがあります。
    「こちらの、ショート動画を見てもらえませんか?」
    お願いします。

    動画はこちらで視聴できます→https://twitter.com/yumidesu_4649/status/1093434239582756866






















    動画はこちらで視聴できます→https://twitter.com/yumidesu_4649/status/1093434239582756866


    このツイッター記事にある動画の内容は、既にその資格もないのに権力の座に居座り続ける安倍の異常性がよくわかるもので、石破と総裁選を争ったとき同様、目の泳ぎ方がハンパない。

    「(憲法に記載されている)『平和を愛する諸国民』というのは世界中のどこにもいない。前文の主語は日本人じゃない。戦後憲法は米国人ひとりが作って押し付けたものだから日本人がつくったものじゃない!」というのが、毎度、安倍の幼稚認識『改憲方便』で、壊れたレコードのように、雑音混じりにシャアシャアと空回りする聞き苦しさだ。

    「イラクに大量破壊兵器などなかった」ことは事実であり、
    この事実は既に世界中が認識していることだ。
    米国が認めた事実でさえ、安倍は認めたがらないのだ。
    『9.11(自作自演)テロ戦争』を惹起した当時の米国大統領ブッシュ本人が、既にTVメディアを通して「(あの戦争は)間違いでした」と公言しているにも拘わらず、安倍はいまだに「間違ってない」と言い張っている。リアルでもこんな夢遊病気質だから、自身に反対する勢力の主張は「悪夢」になるらしく、うなされてイヤだからリアル世界では全部「隠蔽して粉飾して排除してやるゥ~!」・・となるわけだ。

    「悪夢」より数倍タチが悪い、「リアル悪魔」だよ、安倍という獣は。
    自衛隊員の数が減ってるのも、おまえの命令で殺されたくないからだ。



    ついでにコイツも同類↓


    関連記事

    籠池前理事長「僕を切ろうとしてる」 首相の一言で反転

    『安倍国策捜査』である籠池詐欺被告事件の公判期日は3月6日だそうですヨ。籠池さんと一緒にリアルな「森友疑惑劇場」を楽しみましょう(^◇^)!

    籠池前理事長「僕を切ろうとしてる」           首相の一言で反転































    【関連記事】



    関連記事

    山梨県知事選で長崎陣営公選法違反の疑い。告示日前に長崎へ投票を依頼する文書を1万通配布

    山梨県知事選は安倍の子分長崎自公陣営の不正選挙!
    公職選挙法違反文書
    1万通をバラマいて
    長崎自公へ投票要請!








    転載◆山梨日日新聞(サンニチ)2019年(平成31年)2月8日(金)









    YBS開票速報から引用
    1月27日に行われた山梨県知事選の結果(左)と、冒頭の山日記事に掲載されている公職選挙法違反が疑われる文書が送付(告示日前に特定の候補者に対する投票を呼びかける文書を郵送)されていた甲州市の選挙結果(右)・・なるほど長崎が勝っている。

    地味な知事選で前代未聞の期日前投票10万余!これ自体、あり得ない。
    前回の期日前投票は5万余。その約2倍も増加したことがそもそも変だ。

    しかも、YBS開票速報の市町村投票結果では、後藤候補の最終得票数が14票違っていた(誤記か?記録は全部、証拠として撮ってある。)
    山梨県の選管が公表していたデータでは、負けたほうの後藤票は
    「16万6666.93」と小数点以下の数字まで記載がある。
    500票束でのデータの分析というのは割合如何だけに過ぎない。
    改めて投票済用紙の再チェックを行ったほうがいいように思う。
    市民オンブズマンなどが、安倍不正同様の「長崎の選挙不正」について
    調査すべきだと思う。


    ▼山梨県知事選の投票推移をデータ分析した画像









    昨年の総裁選によれば、山梨県の自民党員の数は凡そ1万2212人。
    (安倍票が6902、石破票が5310と党内票も約半分に割れた。)
    ちなみに党員でも党友でもない自分のところにもハガキが来ていたが、
    投票などしなかった。自民党の総裁選でもインチキ不正選挙三昧だ。

    今回の山梨県知事選では、自公の総力戦によって、
    安倍の息がかかった長崎幸太郎候補が当選した。
    前回の県知事選では後藤候補が自公の支持を受け、21万余票を得たが、
    今回の出馬では立憲・国民民主の支持により「16万余票」で落選した。

    単純に見れば「約5万票」の自公票が長崎へ流れ、
    長崎は「19万余票」を得た。
    後藤から流れた5万票を差し引けば「14万余票」となる。

    前回の期日前投票は約5万余。
    今回の期日前投票は約10万余(+5万余)。
    今回の総投票数は有権者60万人中、約39万。

    通常、国政選挙のような大掛かりでもない山梨県知事選で、自公支持票と同数程度の無党派層が、争点もはっきりしない「期日前の段階から盛んに投票を行う」ということ自体、ほぼ、あり得ないことだ。
    これまで県知事選で期日前投票が10万票以上になったことはない。

    『無党派層の約4割に長崎候補の政策が浸透した』・・という気味が悪いネット検索用のシナリオ文が、予め複数ページに表示されるよう量産化されて一様に並んでいたが、事前に割合を算出した辻褄合わせとしか思えない。普段から県知事選に対して関心を持つわけでもない無党派層の半分近くが長崎に投票したというのがそもそもあり得ない。

    例えば、自公を支持する施設票、特に「認知症の老人施設」などは、
    本人が投票所に行って直接投票できないだけでなく、どの候補者に投票すべきかを判断することもできないから、施設の管理者が本人になりかわって「代筆投票」した場合は、ほぼ全てが「自公票」となる。
    こういうことに対して、選管は十分チェックできているのか?

    以前、関西方面の選挙の前に8万票を誤って市の職員が焼却し、
    予備の白票を10万票も上乗せして送付した例が実際にあった。
    予備の大量の白票配布が可能な上、消すことが可能な鉛筆書き、
    認知症老人の投票の状況、期日前投票の投票箱の管理状況等々・・
    疑うべきことや改善すべきことが多々あるにも拘わらず、
    漫然と旧態依然の選挙方法しかできず、再精査もしないで
    単に数字の(偽装)結果だけを信じているこの国の化石脳化で、
    安倍の選挙不正をも許している。

    選挙当日である2019年1月27日(日)13:07」最終更新日となっているウィキペディアのページでは、まだ投開票もしていないのに
    「62(19)予定 長崎幸太郎 予定者」と記載されていた。
    一体、誰が記載したのだろうか。

    ▼キャプチャ画像のプロパティの作成日時は(画像撮影日時は)
     ‎「2019‎年‎1‎月‎27‎日、‏‎23:44:03」。長崎の当選が決まったあとなら
     (予定者)などという文字は消すはずなので、それ以前の書き込み。


    (中略※上下一連のページキャプチャ‎。画面スクロールで分割撮影)
    ▼キャプチャ画像プロパティ作成日時「2019‎年‎1‎月‎27‎日、‏‎23:46:23」


    ▲長崎が当選した当日の午後11時46分時点に撮影したページ。
     投開票前から、「次の県知事予定者は長崎幸太郎」と記載されて
     いたページは、27日午後1時07分のまま更新されていなかった。
     当然ながら「当確が出たあとの記載でもない」ということ。

    普段、政治をチェックしている者でさえ、「県知事選け~? ほんなもん、誰ン勝っても同じズラ~? オレんとうにゃあんまし関係ねェこンだし、まァどうでもいいじゃんけ(甲州弁)」・・程度の認識しか持たないのが、一般的な山梨県民にありがちな「政治的関心度の低さ」だ(県内北方面へ行くほど少しはマシになるが・・)。

    東京寄りの過疎の村落の多くが、長崎(自公)に票を入れていた。
    長崎を支援している臼井という県議が先日引退表明をしたが、
    公示前の長崎支援文書送付に関与していたとすれば問題になる。

    期日前投票5万余を長崎の方へ不正に盛ったのではないかと・・、
    これはまた別な不正として、いまだに疑っている。

    公文書改竄・隠蔽・偽造・捏造・虚偽答弁、モリカケ不正、統計データ不正、アベノミクス偽装、日銀私物化、国家私物化、バラマキ外交、防衛装備品爆買い、辺野古新基地建設強行、水道民営化、入管法改悪、種子法廃止、その他、安倍悪法強行採決多々等々・・・知らぬが仏の無知蒙昧のトシヨリたちが、オウムのいた旧上九一色村同様「安倍晋三教」の信者となっているようだ。

    来たる参院選では、期日前投票の厳重管理を行い、データ移行時の機器へ不正侵入されることがないよう(総務省では安倍の特例で不正アクセスし放題)、さらには選挙屋ムサシならびにその子会社から配備可能な「予備の白票」の管理についても厳重なチェックを怠らぬよう願いたいところだが、安倍の不正が長崎にもつきまとう気がしてならない。

    「選挙日前から、票の割り当てが予め決められた不正選挙」が行われている。これが安倍や翼賛メディアをのさばらせる最大最悪の不正だ。

    関連記事

    小川淳也(立民)『組織に媚びへつらって、『何が正しいか』ではなく、『何が都合がいいか』を一生懸命探し、一生懸命この政権に対してシッポを振れば必ず出世し、たてついて正論を吐けば、飛ばされて左遷される・・

  • 2019-02-08 : 時事動画 : 編集✍
  • 【安倍統計不正】舌鋒鋭く追及する小川淳也(立憲民主党:無所属フォーラム)

    2019/02/04 に公開 衆議院予算委員会


    小川淳也(立憲民主党:無所属フォーラム)

    ▼(動画38:07~)
    組織に媚びへつらって、『何が正しいか』ではなく、
    『何が都合がいいか』を一生懸命探し、一生懸命この政権に対してシッポを振れば必ず出世し、たてついて正論を吐けば、飛ばされて左遷される・・

    どうですか、霞が関の皆さん、そういう体質が蔓延してきてるんじゃないですか?



    その他=マイナス要因だったものが安倍政権以降大幅なプラス要因に

    立憲民主党の小川議員、なかなか鋭くて弁が立つ。
    こういう正義感のある若手議員が真っ当に出てくることが一番いい。
    組織に媚びへつらって大事な主張を引っ込めるような奴は駄目だ。

    『社会の末端まで正義感や倫理観を失いしむる』・・と、
    小川議員が指摘するほど、腐った安倍膿の猛毒は凄まじい公害だ。

    しかも、その安倍の害毒を排除しようと向かう側にしても、
    原発再稼働路線の電事連の選挙応援をアテにしたり、
    安倍との繋がりのある橋下維新と仲良く結託してまで
    「安倍打倒」を誓うあたりが、既に倫理観に反するだけでなく、
    「裏切り行為」でもあり、目的のためには手段を選ばず・・で、
    一時的には自己も民意も裏切って、傷つこうが不信感を抱かせようが、
    目的が達成されればそれでいいんだ、それこそが正義だ、正論だ・・と
    狂信的に突き進む・・そんな姿が既にもう国会議員としてだけでなく、
    人間的に失格だ。どんな汚い手を使っても勝てばいいんだ・・というわ
    けだから、こうなってしまうと正論を言っても聞く耳を持たないし、
    「正論を吐くほうが悪いんだ」と決めつけにかかるからタチが悪い。

    追い詰められすぎると、そんなふうに変ってしまう人間ばかりになったら、この世は暗黒社会になってしまう。正義も倫理もモラルも廃れる。

    周囲がどんなに汚れても、自分だけはコエダメに足を突っ込まンぞ・・と、岐路で踏みとどまれる判断力と強い意志が育まれ、保てるよう、
    上に立つ人間達がフォローしなければいけない。
    間違いは間違いだと、真っ当に指摘することもできなくなるような
    愚かな妥協心は捨てるべきだ。馴れ合いのもとに「正義」はない。

    ▼関連記事

    関連記事

    橋下「維新」とも手を組む小沢と玉木。山本太郎はどうだ?強行採決で安倍与党に追随した維新とも手を組むのかね? 結集どころか遊郭へ身売り。アシヌケ不能で結核(労咳)か?

    ▼日刊ゲンダイから転載
    玉木・小沢両氏が橋下氏のネット番組出演

    政界復帰に秋波
    (左から)玉木雄一郎代表、小沢一郎代表、橋下徹・前大阪市長(C)日刊ゲンダイ


    国民民主党の玉木雄一郎代表が31日、インターネット放送「AbemaTV」で橋下徹・前大阪市長が進行役を務める番組(収録)にゲスト出演。そこに、国民民主と統一会派を組んだばかりの自由党の小沢一郎代表も飛び入り出演し、玉木氏、小沢氏の2人で橋下氏に「政界復帰」と「強い野党の大きな固まり」への秋波を送ったという。

     番組は来週7日放送予定で非公開だったが、終了後、取材に応じた玉木氏によれば、橋下氏は政界復帰について「自分は嫌いな人を含めてまとめることができませんよ」と否定する理由を挙げたものの、玉木氏いわく、「それだけしか理由がない」。

     安倍政権に対して小沢氏が全否定すると、橋下氏は「『いいところはいい』と言った方がいいじゃないですか」というスタンスだったという。ただ、「国民が期待できるような政治をやらないといけない」ということでは、3人は一致したという。
    ※腹立たしいから動画は付けない。
    YouTubeに定例会見動画があるから、見たい方はそちらでどうぞ。

    既に名ばかりとなった感のある「自由党」の直近定例会見を見たところ、やはり小沢・山本らのクチから「原発即時廃止」は消え失せ(憲法も原発も現状に合わせて妥協する傾向)、電事連や原発産業応援団に配慮し、「原発廃止は2030年」という国民民主党の政策を飲んでいることが言葉の端々から滲み出ていた。

    「原発廃止は2030年」という方針は、2011年3月、東日本大震災と原発事故に直面した旧民主党政権時代から出ていた案だ。

    当時の菅直人首相(現:立憲)は静岡にある浜岡原発を即時停止した。賢明な即断だった。今も止まったまま再稼働されていない。
    トップダウンで「原発即時廃止」だって可能なのだ。

    それにも拘わらず、選挙の強力な支援団体である電事連の利権を擁護するかのように、相変わらず「2030年を目途に・・」と誤魔化しているのが国民民主党の政策だ。それに小沢と山本太郎は乗った。

    「再稼働は反対だ」と言いながら、2030年まで原発を存続させることに妥協した。旧民主党分裂の要因にもなったことだ。近頃、安倍の原発輸出政策が頓挫したため、経団連会長などは原発の新設が無理でも「再稼働はどんどんしろ」と平気で言ってる。

    選挙でこういう連中の支援を受けること自体が「魂売った」に等しい。
    再稼働推進派と仲間になり、莫大な企業献金や組織票の応援を得ながら「選挙に勝って安倍を倒せればいいじゃないか!」というわけだ。
    「政策は政権をとってからすり合わせればいい」と言ってるそばから
    良心をスリ減らしている。

    「原発ゼロ法案」に、野党で唯一賛同しないのは国民民主党だ。
    その代表である玉木や幹事長の平野は、安倍の悪法強行採決に加担した「維新」の橋下とも組む気満々でいる。小沢も橋下に呼ばれれば、ホイホイとネット番組に出演し、橋下の「ポピュリズム論」を褒めそやすといった有様だ。親分が既に袖の下を伸ばしてるんだから、山本太郎にしても、安倍強行採決に加担した維新とも手を組むのだろう。
    売春宿の顧問弁護士の舌禍に容易くなびいて身売りするにも程がある。



    それでも、「安倍悪」と「維新悪」のどっちをとるのかああ!と吠え、「原発即時ゼロ政策」に賛同しないことを棚に上げながら、「そんな細かい政策に固執する野党のほうがおかしい!」と言い、「野党結集」と言いながら「原発即時ゼロには賛同できないが2030年まで存続させても現状をみれば再稼働だってアリじゃないか!そんなに早く廃炉にしようったってできないんだ!立憲が賛同しないのはおかしい!安倍を倒したくないのか!倒す気ないのか!純粋培養の万年野党は!」などと文句を言うほうがどうかしているとしか思えない。



    「原発ゼロ政策」は、真っ当な国民の願いだ。
    それに賛同できないアンタらのほうが変だよ・・と。

    安倍を倒す倒さないは別にして、なんで原発ゼロに賛成できないんだよ・・と。持説を曲げて「誤魔化しの原発2030年温存政策」の方へ逆行してるくせに、ヨソには「真っ当なゼロ政策」を捨てて賛同しろ・・なんてのが、そもそもおかしいんだよ。

    以前から安倍と結託している橋下の維新などと手を結ぶことを既に打診しながら、「原発2030年まで存続政策」を飲み、「安倍打倒」のために妥協しろ!「どうせ原発再稼働議員は2、3人程度しかいないから」(支援企業はゴマンといる)と安易に考え、更に「9条は現状に合わせたほうがいい」という現状容認論しか出せないのであれば、本末転倒な「原発存続・9条改憲賛成悪」の結集でしかない。



    安倍悪党どもを野に退かせたところで、狡い連中のことだ、「橋下が音頭をとるなら公明党と同じようにコバンザメになって抱き着いて、乗っ取り返せばいいだけだ。時期がたてば安倍にまた登場してもらおう」となるに違いない。旧社会党に抱き着いたときのようなマネを大喜びでしてくるだろう。政権与党の座にかじりつくばかりだ。

    橋下とくっつくことは安倍ともくっつくことだ。
    最悪、「それでも政権与党にいて政策が通せるほうがいい」のかね?

    「正しくないもの」は「正しくないもの」と混ざることは平気だ。
    混ざったところでどうせ「正しくないもの」の塊にしかならない。
    「正しいもの」は「正しくないもの」とは混ざりにくいし、
    混ざらない。

    正しくないものを正すことができるのは「正しいもの」だけだ。

    関連記事

    統計「偽造」は「アベグルミの犯罪」。いわば「アベノミクス・ドーピング」で失格&永久追放。会社なら「悪質な粉飾決算」で代表取締役以下懲戒免職。 

    『アベノミクス・ドーピング』

    記録向上のため肉体改造(統計
    改革)と称して違法薬物を投与
    (統計偽造で賃上げ好景気!)

    安倍内閣の隠蔽が止まらない!

    予想どおりというべきか、安倍政権がお得意の「隠蔽体質」を恥ずかしげもなく全開にしている。厚労省の統計不正で、問題のキーマンである大西康之・前政策統括官をはじめ、特別監察委員会の樋口美雄委員長らなど関係者の参考人招致をことごとく拒否しているからだ。

     なかでも、大西前政策統括官は今月1日に大臣官房付きに異動し、与党側はそれをもって「現職ではない」という理由で参考人として招致することを拒絶。森友問題の追及の最中に佐川宣寿理財局長を国税庁長官に昇進させ、説明の場から逃亡させたのとまったく同じ、あまりにもわかりやすすぎる証言封じだ。

     しかも、この大西前政策統括官は、不正調査がおこなわれていた事実を昨年12月20日に根本匠厚労相に報告した、その張本人だ。根本厚労相はそのとき事の重大さを認識せず問題を安倍首相に報告を上げたのは12月28日だったと言い張っているが、その約2週間前の13日に統計委員会の西村清彦委員長が厚労省に「抽出調査は重大なルール違反」と指摘しており、少なくともその段階で厚労省は問題の深刻さを把握していたはず。大西前政策統括官が20日に根本厚労相にどれほどの影響が出るのかを伝えていなかったということはありえず、朝日新聞が問題をスッパ抜いた28日に安倍首相に報告したなどというのは到底信じがたい。

     なぜ、こんな見え透いた嘘をつき通そうとしているのか。それは、根本厚労相が不正調査の報告を受けた翌21日、政府は2019年度当初予算案を閣議決定しているからだ。もし、20日に安倍首相に報告していたと言えば、安倍首相は予算の組み替えが必要な大問題があったことを把握しながら、予算案を閣議決定していたことになってしまう。つまり、大西前政策統括官が20日に根本厚労相に対してどのように報告をあげたのかという問題は、安倍首相の責任にも及ぶため、国会での証言を封じようと異動させたのである。

     逆にいえば、こうして安倍政権が関係者を証言に立たせず、必死になって事実の隠蔽を図ろうとする露骨な動きだけを見ても、いかにこの統計不正調査が“安倍絡み案件”であるかを物語っている。

     そして、最大の焦点は2018年の統計調査手法の変更が“アベノミクス偽装”だったのではないかという問題なのだが、4日の衆院予算委員会では、非常に鋭い追及が無所属の小川淳也議員によっておこなわれた。

     そもそも、2018年1月からあきらかに賃金が“上振れ”するよう統計の作成手法を変更し、実際に同年8月にはマスコミが「賃金伸び 21年5カ月ぶりの高水準」「アベノミクスの成果」と大々的に報じた。この統計の作成手法を変更するよう指示したのは麻生太郎財務相であり、2015年10月16日に安倍首相が議長を務める「経済財政諮問会議」において、「毎月勤労統計については、企業サンプルの入替え時には変動があるということもよく指摘をされている」「ぜひ具体的な改善方策を早急に検討していただきたいとお願いを申し上げる」と述べていた。

     この点について小川議員は、安倍首相が2014年11月に消費税増税見送りを発表して解散総選挙に打って出たこと、それによって安倍政権も財務省も「雇用も成長率もいい数字がほしい」と躍起になり、それがこの2015年10月の麻生発言につながるのではないかと指摘。「精度を高めろ、正しい統計を出せと表では言いながら、裏では数字を上げろと、いい数字を出せと、暗に政治的圧力をかけているのではないか」と追及したのだ。

     こうした指摘に対し、麻生財務相はいけしゃあしゃあと「あの、役所におられたのならおわかりと思いますけど(小川議員は元総務省官僚)、圧力をかけたら数字は上がるもんでしょうか?」と答弁したが、事実、麻生財務相の指示によって統計作成手法を変更した結果、虚偽の「21年5カ月ぶりの賃上げ伸び率」が達成されたのだ。つまり、「圧力をかけて数字は上がった」のである。


    不正統計は安倍官邸主導か?「統計改革」を訴えていた経済財政諮問会議


     しかも、小川議員はここで「2015年の時期から政治家が極めて統計に対して発言している」「私に言わせれば統計が政治化している」ことの一例として、2016年6月2日の「経済財政諮問会議」の説明資料「骨太の方針」(「経済財政運営と改革の基本方針 2016」)を紹介したのだ。

     この「骨太の方針」の副題は「600 兆円経済への道筋」。そこでは「成長戦略の加速」のために「生産性革命」「地方創生」「防災・国土強靱化」「規制改革の推進」などといった7つの指針が示されているのだが、その最後に「経済統計の改善」が掲げられ、〈統計の精度向上〉〈GDP統計をはじめとした各種統計の改善〉が謳われているのである。

     安倍首相がぶち上げた「GDP600兆円」を達成するために、「経済統計の改善」が成長戦略に位置づけられた──。しかも、同年12月の同会議では、山本幸三・行政改革担当大臣(当時)が統計改革について、こう発言しているのである。

    「他府省が本気にならず、多くの場合無視する、という状況ではなかなか改革は進まない」
    「今回こそ、本物の改革にしなければならない。そのため、内閣全体として危機意識を共有し、政治主導で各府省を動かし、統計委員会を強く後押ししなければならない」

     政治主導で統計改革を推進しよう。そして、この提言どおり、約1カ月後の翌2017年1月の施政方針演説で安倍首相は「長年手つかずであった各種の政府統計について、一体的かつ抜本的な改革をおこないます」と宣言。翌2月には菅義偉官房長官を議長にした「統計改革推進会議」が発足し、“アベノミクスによる成長戦略”として統計改革が「政治主導」で進められていくことになるのだ。

     この追及に、安倍首相はムキになって「(統計に)一切、我々は一言も口を出すなと言うことなんでしょうか」「まるで私たちがですね、統計をいじってアベノミクスをよくしようとしている、そんなことできるはずないじゃないですか。そんなことできるはずがないんですよ」と反論したが、こうして政治主導の統計改革を進めるなかで、「アベノミクスの成果」と大々的に報じられるようなニセの賃金伸び率が示されたのは、歴然とした事実なのだ。

     しかも、小川議員の追及はこれで終わらなかった。小川議員が俎上に載せたのは、安倍首相が宣言した「GDP600兆円の達成」だ。


    安倍首相が「GDP600兆円目標」をぶち上げたあと、
    GDPの統計基準も変更


     安倍首相が「GDP600兆円の達成を明確な目標として掲げる」とぶち上げたのは、自民党総裁選で無投票再選が正式に決まった直後である2015年9月24日のこと。その1カ月後も経たないうちに、例の麻生財務相による統計手法の変更が指示された。そして、安倍政権の閣僚たちが統計改革を叫ぶ最中の2016年12月にはGDPの統計基準を改定し、それによって2015年度の名目GDPは、旧基準では500.6兆円にしかならないところが532.2兆円に跳ね上がった。そして、その後もGDPは伸びつづけ、安倍首相は「GDPが過去最高の水準」だとしきりにアピールしてきた。

     このGDPの統計基準を改定について、政府は「国際基準に対応した」と説明し、茂木敏充・経済再生担当大臣も4日の衆院予算委員会で「(推計方法の見直しは)2011年の民主党政権時代に基本的な方針が決まった」と答弁。だが、小川議員によれば、具体的な見直しの検討がはじまったのは2013年3月、安倍政権下でのことだ。そもそも、国際基準の対応による増加分よりも顕著なのは、「その他」という項目による大幅なかさ上げなのだ。

     安倍首相はこの推計方法の見直しによってGDPが30兆円以上もかさ上げされることを知っていたのか。この小川議員の質問に、安倍首相は「存じ上げなかった」「(GDP600兆円達成という)目標に向かって、基準値をどうのこうのということはですね、これ考えられない」と答弁したが、検討を重ねてきた結果に改定をおこなっているのだから、知らなかったはずがない。実際、改定がおこなわれる前から経済誌では〈(改定によって)現在約500兆円の日本の名目GDPは、約20兆円が上積みされる見込み〉と伝えている(「週刊エコノミスト」2016年10月11日号/毎日新聞出版)。

     さらに、この記事では、麻生財務相の号令にはじまり、政治主導による「経済統計の改善」が「成長戦略」として位置づけられたこの動きについて、ある統計関係者は「アベノミクスの政策効果が統計に表れない焦りがあるのでは」とその背景を語っている。

     小川議員は、第二次安倍政権下で「統計委員会における統計手法の変更件数が増えている」と指摘した。アベノミクスの成果が数字に出ない、ならば統計のやり方を変えればいい──GDPや2018年の賃金伸び率をはじめとして、そうした“意図的”で実態を反映しないアベノミクス偽装が着々とおこなわれてきたことは、もはや間違いない。

     安倍首相は昨日の衆院予算委員会で、賃上げ伸び率が偽装された2018年の勤労統計について、「復元自体が間違った行為というのは、それはいかがなものか」などと述べ、問題はないと開き直った。だが、これはニセの数字で国民を騙す重大な詐欺的行為だ。事実を隠蔽しようとする姿勢ともども、もっと国民は大騒ぎするべきだろう。


    関連記事

    「統計操作でアベノミクスを偽装しろと脅迫されました」と証言されたくない安倍与党。昭恵や加計の国会招致拒否同様、厚労省局長級政策統括官を更迭した上、招致さえも拒否。役人の不正を政府が隠蔽する異常

    統計不正を更に隠蔽しにかかる極悪安倍悪党は、韓国レーダー照射の件からも一方的に交渉を打ち切って「敵前逃亡」しただけでなく、モリカケで昭恵や加計の招致を徹底的に拒否したとき同様、今度は統計不正に関与した厚労省の政策統括官を予算審議直前に更迭し、国会答弁から逃亡させたうえ、「招致」さえも頑なに拒否している。

    更迭の厚労省局長級、与党が招致を拒否「現職でない」


    衆院予算委員会理事長は4日、厚生労働省の「賃金構造基本統計」の不正調査問題をめぐり更迭された大西康之前政策統括官(局長級、1日付で大臣官房付に異動)


    ▼潰れる会社のパターン(金子)
    【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 厚生労働省の毎月勤労統計改ざん! 政府の流れはつぶれる会社のパターン 
     
    2019/02/01 に公開
    経済学者の金子勝さんが、厚生労働省の毎月勤労統計データ&他の省庁の公文書改ざん問題を分析し安倍政権のこれまでの流れについて、大竹まことさんと小説家の室井佑月さんに語っています。

    やましいことがありすぎると敵前逃亡するのが毎度当たり前の、ド卑怯すぎる安倍悪党。

    「不正義」極まりない悪党の隠蔽工作に協力し、
    正義感のかけらもない大手電通ゴミクズメディア。

    日本の根幹が「不正義」で崩壊しているのを見て見ぬふりして、なにが「保守」だの「愛国心」だ。
    安倍国家悪を守るための更なる巨悪の塊だ。

    悪党を斬って捨てる刀さえ錆つかせて
    いざというときに、すっかり
    鞘から抜けなくなった腰抜けエセ侍は、
    安倍ヤクザにペコペコするしか能がないんだな。
    ず~っとハレンチ役者のケツでも追っかけてろ。

    関連記事

    統計不正が発覚しても『アベノミクスの効果』をまだ吹聴するホラ吹き童子( ̄д ̄)。安倍は野党が求める第三者委員会の設置を拒否してまた敵前逃亡!

    『アベノミクスの効果』をまだ吹聴するホラ吹き童子( ̄д ̄)AHAHAHAHA~野党提案第三者委員会の設置を何故拒否る~?またまた得意の敵前逃亡か~?

    ▼東京新聞TOKYO Webから転載
    2019年2月1日 夕刊
     
     参院は一日午前の本会議で、安倍晋三首相の施政方針演説など政府四演説に対する代表質問を続行した。首相は、厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査に関し、特別監察委員会について「事務局機能を含め、より独立性を強めた形で、さらに厳正に検証作業を進めていく」と強調。野党側が求めた第三者委員会の設置は拒否した。再集計に伴い二〇一八年の実質賃金がマイナスになる可能性については「担当省庁で検討している」と述べるにとどめた。
     立憲民主党の福山哲郎氏は特別監察委員会について「厚労省の審議官が同席するなど、第三者性が全く確保されていない」と批判。今後の再調査については「メンバーを総入れ替えして、第三者委員会を立ち上げることを含めて徹底した調査を求める」としたが、首相は応じなかった。
     不正に伴う再集計で一八年の現金給与総額(名目賃金)の伸び率(対前年同月比)が下方修正されたことについて、福山氏は「アベノミクスを実態より大きく見せようとしたと言わざるを得ない」と指摘した。首相は「下方修正となった伸び率の推移のみを示して、アベノミクスの成果だと強調したことはない」と反論。「雇用、所得環境が着実に改善しているとの認識に変わりはない」と語った。
    (関口克己)



    福山哲郎認証済みアカウント @fuku_tetsu 

    衆院予算委員会が開会。午後から立憲会派の長妻委員、大串委員、
    小川委員が奮闘されています。驚くべきことに、先週、政府は、予算委員会の直前に、不正調査の担当者であった政策統括官を更迭し、委員会審議に出席させず、国会証言を封じるという姑息な手段に出ました。

    (追記)
    立憲の福山さんのツイッターのコメントで
    安倍ウヨ応援団がしきりに
    「韓国のレーダー照射問題を質問しないのか!」・・と
    国家犯罪である「安倍政府統計不正及び隠蔽工作」の論点反らしを
    やってる。これだけでも馬鹿丸出し。しかも、
    レーダー問題で韓国との交渉を一方的に打ち切ったのは安倍政府だ。
    ヤバくなればケツまくって敵前逃亡するしか能がない。
    やましすぎて、まともに答えることさえできない。
    卑怯な安倍与党に文句を言わず、立憲に文句垂れてる連中ってのは、
    アホすぎて話にならんね。

    関連記事

    辺野古は安倍歯槽膿漏なみの軟弱地盤。トランプさん、安倍には辺野古やめさせて、かわりに国境の壁をつくらせてやってチョ!



    辺野古海は軟弱地盤!
    安倍歯槽膿漏地盤沈下政府の土台は軟弱の砂


     米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、政府は大浦湾の約57ヘクタールの海域に、砂の杭約6万本を水深70メートルまで打ち込む工事を検討していることが明らかになった。

    現場海域が軟弱地盤のため、大規模な地盤改良が必要なためだ。

    専門家がこれまで「マヨネーズ並み」の地盤と指摘してきたことが裏付けられた。

     安倍晋三首相は1月30日の衆院代表質問で、大浦湾の埋め立て予定海域に軟弱地盤が存在し、改良工事が必要になるとの考えを政府として初めて表明した。

     そもそも軟弱地盤であることは防衛省が2014年から実施した海底ボーリング調査で判明していた。

    2016年3月までにまとめた報告書には地盤の強度を示す「N値」が最も軟弱な「ゼロ」の地点が複数確認されていたからだ。

     それにもかかわらず、政府は軟弱地盤による地盤改良の必要性を最近まで認めてこなかった。

    新基地建設で都合の悪い情報をひた隠しにしてきたとしか思えない。

    「N値」とは、ボーリング調査の杭を海底30センチまで到達させるためにハンマーで打ち込む回数を指す。

    重さ63・5キロのハンマーを76センチの高さから杭に向けて落下させる。杭を30センチの深さに到達するまで、何回落下させる必要があるか・・で、地盤の強度が分かる仕組みだ。

    「N値」が「ゼロ」というのは、ハンマーを一度も落とさないのに、杭の重みだけで30センチまで沈み込む地盤のことだ。つまり軟弱の極みにあるということだ。

    「マヨネーズ並み」という表現が決して大げさではないことが分かる。

     そんな軟らかい海底に、ケーソンと呼ばれる巨大な酒升状のコンクリートの箱を数珠つなぎに並べて護岸を設置しようとしていた。荒唐無稽な工事であり、土台無理な話だった。

     だからこそ、当初の埋め立て申請にはなかった砂杭を6万本打ち込む工事をしなければならなくなった。

    無理に無理を重ねているのだ。

     「砂杭」とは、軟弱地盤に鋼管を差し込み、管の上部から砂を投入して締め固め、杭状の砂を地盤に打ち込むものだ。6万本となると膨大な砂が必要になるだろう。

    工期も費用も大幅にかさむことになる。

    このため県は工期が13年以上に延び、費用も約2兆5500億円に膨らむと試算している。

    血税を湯水のように使うほど価値のある工事なのか。

     政府は地盤改良工事をするため、県に対して埋め立て承認の計画変更を申請するようだ。

    しかし県は計画変更を承認しない可能性が高い。
    なぜなら県は承認を撤回した理由の一つに、
    軟弱地盤を挙げていたからだ。

     大浦湾の海域は県が「自然環境の保全に関する指針」の中で、最も保全する必要があるとする「ランク1」に指定している。貴重なサンゴが生息する美しい海をこれ以上破壊することなど許されない。



    (雑感)

    日本円で2兆5千500億円なら、トランプさんに壁建設費用として
    提供したほうがまだマシかもしれませんね。
    トランプさんは「陸軍の費用を充てる」ことを考えているようなので、
    「緊急事態(国家非常事態)宣言」が発せられた場合、在日米軍にかかる費用が、そちらへ横流しされる可能性もあるんじゃないですか?

    トランプ「普天間から米軍引揚げるから辺野古の新基地建設もやめて、   
         その分を米国の南部国境壁の費用に回してほしい」

    ・・とでも言ってもらいたいですね。
    辺野古建設するよか、ず~っといいし。

    もう既に、なんらかの手が回ったのではないかと思われます。

    トランプ米国「辺野古の海は、軟弱地盤だそうだが、本当かね?」

    アベ日本「えと・・き、チガい・・・いや、ホントでシュ」

    トランプ米国「それでは基地は無理だな」

    アベ日本「杭6万本で対処しまシュ」

    トランプ米国「工事を再検討せよ」

    アベ日本「ハイ、そうしまちゅ」

    玉木デニー「くい打ち中止!」

    トランプ米国「電子署名に、いくらか対処できたかな?」

    ・・・(´ー`)?(安倍犬HK→トランプ悪人説垂れ流し)     


    サンゴ類を事前に移植することなく工事に着工するなど承認を得ないで環境保全図書の記載等と異なる方法で工事を実施しており・・(翁長さんの最後の「承認撤回文」参照)~

































    ▲昨年11月に渡米する前のコメント(玉木デニー沖縄県知事)


    ▼以下、最近のトランプさんのツイッター(日本語訳)から転載
     「朝鮮戦争」の終結により、沖縄の米軍基地も順次撤退する可能性。
     


    ▼トランプは影の政府※と闘っている


    ※影の政府=ブッシュ・ヒラリー・オバマなどの米戦争屋
    (奴隷の安倍統一教会朝鮮麻薬密売組織等含む)

    ▼トランプツイッター



    アベ犬ニュースの表記では、「不法移民はギャングから逃げてきた人々」ってことにして、勝手にすり替えてました。
    現場の内情「事実」とは、随分違いますね。
    キャラバン隊に、裏で資金提供しているのが、「ジョージ・ソロス」だとか? 日本では安倍が「外国人を大量入国させる」入管法改悪を果たしてますからね。どっちの勢力かは、自ずと理解できるでしょう?
    小池都知事もソロスの僕(ソロス邸で親密写真撮影)。
    「次はユリコね」の声で不正選挙当選(孫崎亨説)。
    影の政府=陰謀論なんかじゃないってこと。

    日本の野党が安倍を潰せなくても、世界から潰される可能性があるし、
    トランプさんの存在は、安倍戦争屋勢力にとっても脅威でしょう。
    戦争屋配下の大手メディアでは「トランプは悪い」と非難してばかり。

    将来的に、在日米軍撤退の可能性もあるので、辺野古軟弱地盤工事の停滞は(日本政府は軟弱地盤を無視して昨年末から工事を強硬し始めたのに、今年1月末には一転して『軟弱地盤』を認めた=米国の介入?)、さしずめ「安倍封じ」の第一歩ではないかと考え、米国や朝鮮半島の動向を含めた先々の展望を期待しましょう。

    韓国にも統一教会系戦争屋がいるので、「朝鮮和平」を推進する文大統領政権を(同族の安倍李王朝晋三日本朝鮮会議と一緒になって)迫害し、朝鮮戦争終結の邪魔をしている模様。これら双方のバカ騒ぎとは別に、在韓米軍は予算の都合で撤退の方向に動いているようです。韓国のほうが日本より骨がある・・ということでしょうね。韓国では米軍様用の予算がつかないから、この際お引き取り願いましょうか・・というので、既にトランプの米軍引揚げ方針の意向は文大統領との間で了解済といったところでしょう。

    ▼トランプさんのツイッター&日本語訳





    (兵士は)米国に戻るときが来た。
    私たちのお金を賢明に使うときがきた。
    一部の人々はもっと賢明になれ!(トランプ)

    やっぱりトランプは漢だね。
    頭上に黄金の翼の神の化身がいるからね。
    本物の鷲は、悪魔のシッポと弾丸を縄で縛るんだよ、地球規模で。

    関連記事

    政治的廃人。「無節操な権力志向」の成れの果て

    志を曲げ、節操なく変節し、離合集散を経た末の、哀れな細野豪志。
    支持者を失望させ、無節操に突き進んだ成れの果て。

    かつて『維新』へ鞍替えした山梨県の旧民主党議員:小沢鋭仁も然り。
    小沢鋭仁には「未来の山梨県知事」としての期待もあったが、旧民主党時代に小沢一郎議員が50人連れて離党する分裂劇から党がバラバラになり、小沢鋭仁も「維新」へ移り、民主党支持者は完全に裏切られた。
    小沢鋭仁の維新への鞍替えは、地元支持者らの猛烈な怒りを買った。
    その後、「かつて優秀だった裏切り者」は、山梨へ戻れなくなった。

    細野にしても、かつての支持者から怒りを買うだろう。
    よりによって自民(や「維新」)に入るなど、裏切り行為も甚だしい。
    批判政党の政策と同化した彼らの主張など信用できるものではない。

    (後段のAEREの転載記事から抜粋)

    ・政権を握らなければ政治は動かせない現実を思い知ったのでしょう

    ・二階先生といろんな話をする中で、私が考えていることを実現でき
     るのではないかと考えるようになった


    今現在も似たような権力志向態勢で信頼を損ねる議員が大勢いる。
    「真っ当な批判精神」を捨ててしまえば「ただの悪口雑言」にしか聞こえず、方向性が違うと指摘しても耳を貸そうとしなくなる。
    公僕の意識も薄れ、支配欲のもとで軽薄な嘘をつく。
    権力志向から、かつての支持者を裏切り、著しく変節を遂げる。
    『政治的廃人』を二度と支持することもなければ信用することもない。
    当然そんな人間は、国政を務める資格もなく、国会議員としての資格もない。落選してただのヒトに降格し、民の心を勉強し直して欲しい。

    ▼AEREから転載

    「弱み」につけ込まれた? 細野豪志氏「自民党二階派」入りの内幕〈AERA〉

    2/2(土) 11:24配信 

     野党第1党で要職を歴任した細野豪志元環境相が自民党二階派に入る。孤立と権力志向という弱さを二階俊博幹事長につけ込まれたという。
    【細野氏のこれまでの歩みと、「弱み」につけ込んだ?二階氏はこちら】
    *  *  *
     これでは「節操がない」と有権者ばかりか、国会議員から責められても仕方がない。自民党二階派(志帥会)の「特別会員」となった無所属・細野豪志元環境相(47)のことだ。1月31日に開かれた二階派の定例会出席後に記者の取材に応じた細野氏は、平身低頭。神妙な面持ちで、派閥を率いる二階俊博幹事長への忠誠を語った。

    「二階先生といろんな話をする中で、私が考えていることを実現できるのではないかと考えるようになった」

     この会見の様子をテレビで眺めていたある野党幹部は一言、こうつぶやいた。

    「軍門に降ったな」

     旧民主党政権では原発担当相や環境相、党幹事長を歴任。旧民進党では代表代行も務めた。しかし、憲法改正に関する見解の相違を理由に離党すると、その後は、小池百合子・東京都知事らと旧希望の党を結党し、政権奪取を試みるが失敗。その上、野田佳彦前首相ら旧民主党の「三権の長」経験者を念頭に、希望の党の公認申請は「ご遠慮頂くのがいい」と発言した自身の責任を取り、以後、無所属での活動を強いられていた。旧民主党時代に立ち上げた派閥「自誓会」で行動を共にした国会議員は、細野氏の心中をこう察する。

    「自らも主導した政変で2017年に野党第1党(民進党)を解体させた戦犯であり、完全に野党内では孤立していました。自業自得としか言いようがありませんが、この時点で早々と野党に未練はなかったのではないでしょうか。経済政策はともかく安全保障の分野では、野党の中枢にいたころから極めて自民党に近い感覚を持っていました
    から」

     発言や立場をたびたび変える姿勢は有名。細野氏を古くから知る後援会の関係者は、民主党政権下で遭遇した11年の東日本大震災以降、細野氏の権力志向は強まったと語る。

    「首相補佐官という立場で原発事故に遭遇し、政権を握らなければ政治は動かせない現実を思い知ったのだと思います。下野してもマインドは与党のままでした」
    関連記事

    昨年11月、小沢は維新の橋下と密談。国民民主党の幹事長平野も維新と合流を希望。『安倍打倒』のもとに魂売って『野党結集』を促されるのは御免だね。「政権交代可能な第二勢力+アベ自公」巨大与党の最悪地獄絵図

    腐った奴らに魂売って、立派になればアテツケし、そうでなければグチ三昧が関の山…。国民民主党(小沢+山本)は、ゆくゆく
    維新(橋下)と手を組むことも約束してるんだろう? 万一、安倍が高転びした場合の交代可能な「自公+維新+希望+国民民主」の実現を望んでいるのは前原と橋下だろうから。

    ▼昨年(2018年)11月7日、小沢と橋下が面談している。取り持ったのが、裏切り者の前原だ。その約3カ月後の今年1月、国民民主(玉木)と自由党(小沢&山本太郎)が手を組んだ。自由党は事実上消滅し、原発ゼロ政策も消滅する。国民民主党には原発推進&安倍改憲賛成派がいる。現幹事長の平野も橋下維新と合流したがっている。

    野党再編へ狼煙か!? 橋下氏が小沢氏と“密会” 永田町に根強い「橋下氏待望論」

    2018.11.9 20:17


    元大阪市長で日本維新の会前代表の橋下徹氏(49)が7日、都内で自由党の小沢一郎代表(76)、国民民主党の前原誠司元外相(56)と会談したという。橋下氏は政界を「引退」しているが、自民党に対抗できる受け皿政党をつくる構想は捨てていない。来年夏の参院選を見据え、政界再編、政権奪取に乗り出すのか。

     永田町をざわつかせる会食は、朝日新聞が8日朝刊で報じた。
    前原氏はこれまで、橋下氏や小沢氏とそれぞれ定期的に会食しており、「(2人を)つなぐ役割を担ったとみられる」という。

     橋下氏は2015年、大阪府と大阪市の二重行政解消を目指す「大阪都構想」をめぐる住民投票が否決され、政界の表舞台から遠ざかった。
     だが、今年9月に著書『政権奪取論』(朝日新書)を発表し、自民党の対立軸となる強い野党のつくり方を伝授し、野党勢力の結集を呼びかけた。ここにきて、テレビ番組での辛口コメンテーターとしての露出も一気に増えている。
     永田町では「安倍晋三政権がこの先、政権運営で追い込まれ、『高転び』した際の受け皿づくりを進めるうえでも、橋下氏には政界に戻ってきてほしい」(国民民主党幹部)との待望論が根強くある。
     一方、小沢氏の持論は野党勢力が統一名簿を作り、大同団結して選挙を戦う「オリーブの木構想」だ。来年夏の参院選で多数派を握り、「ねじれ」を作り、政権を奪い返すともくろんでいる。

    政治評論家の有馬晴海氏は「『最後の一勝負をしよう』という小沢氏と、一時休みで充電していた橋下氏と、(旧希望の党結集で失敗した)前原氏が『三人寄れば文殊の知恵』で意見交換をした。野党はこの先、この3人を軸に、活路を見いだそうと、再編に本格的に動き出す可能性がある」と語った。



    民進党を分裂させた前原が、武器商人の坂本龍馬のような真似をして
    薩長同盟もどきの橋下&小沢密談の仲裁に入っている事実をみれば、
    なるほどミドリタヌキの「希望の党」結成時、最大の狙いだった「政権交代可能な第二自民党系日本会議政党」作りに失敗したため、今度は橋下にも声をかけ、小沢を国民民主党に合流させ、民進党分裂劇のとき同様、『安倍政権打倒で野党結集の大同団結を!』と呼びかけるという、全く同じテグチを使おうとしていることが窺える。

    民進党分裂当時、「安倍改憲賛成」の希望の党には参入せず、立憲民主党を新たに誕生させた枝野を再び骨抜きにする策謀でもあるのか、国民民主党と会派を組んだ自由党は、「政策など細かいことは二の次にして、とにかく選挙で安倍を倒すために大同団結が先決だ」という大義名分を掲げ、立憲の賛同を求めている。国民民主党には民進党(旧民主党)から引き継いだ政党交付金が100億円ほどあるという。国民民主党の玉木は小沢が合流する際、幹事長ポストを用意していることを匂わせていた。野党を一纏めにして統一名簿を作り、潤沢な資金配分を任せることにより、「選挙に強い小沢」の再現を目指す構えだ。小沢の熱狂的支持者などは、とにかく「選挙の小沢」という昔の神話よもう一度・・とばかりに、既に「小沢に任せれば自公に勝てる」と夢想している。

    かつて「政策は、あとから合わせればよく、とにかくまとまって」・・というので、とりあえず希望の党に行こうとしたら、「(安倍改憲賛成)希望の党の規約に従え」・・という悪夢を体験した枝野らが、また同じように小沢の看板に隠れた前原や橋下主導の手に乗るわけがない。小沢の自由党は、希望の党結成時にも合流しかけたが、ミドリタヌキの「排除」発言で体裁が悪くなって合流しなかった。前原もミドリタヌキも安倍と同じ日本会議所属議員だ。裏で通じている。真の『安倍打倒』ではなく、単に前原と小池タヌキの化かし合いで、選挙前に『反安倍票釣り候補』をまとめ、政党の金と党員を他党の横流しで増やしたかっただけだ。

    今回は、ミドリタヌキから代表を継いだ玉木が国民民主党代表となって小沢と山本太郎を引き込むところまで「上手くいった」というわけだ。
    もう完全に、山本太郎の鼻先には「政権交代」のニンジンブラブラだ。
    民進党が希望の党に合流する際に目指した「政権交代可能な一大野党(第二与党)作り」の再現を狙う前原・橋下・小沢らによる策謀の構図のドツボにハマった・・というところか。

    「政権交代可能な一大政党」とは名ばかりで、おそらく、「野党結集」の大同団結ということならば・・というので、当然、橋下の「維新」までこれに参加させ、「とりあえず安倍政権打倒で一致しよう!」と集めたところで、政策の不一致を理由に、橋下が最も嫌う共産党をまず外し、更には立憲民主党議員の枝野に対する不信感を増幅させることで離党を促し、悪評を垂れ流して弱体化させることを目論んでいるはずだ。

    朱に交われば赤くなる。山本太郎も取り込まれてしまった。
    国民民主党と自由党が会派を組む際、「自由党として会派を組むだけ」
    (政策が合わなければ合流しない)・・という含みを持たせていたが、
    公表してから数日も経たないうちに、「国民民主党・新緑風会」という新たな会派として国会で名乗りを上げた。

    「消費税廃止」や「原発ゼロ」も、政権交代しなければ意味がない。
    「消費税増税」や「原発推進」の政策を掲げる政党に一時組み込まれても、政権を奪取してから政策なんかいくらでもすり合わせできるんだ。
    とにかく安倍から政権を奪わなければ何もできない、政権を奪えなければ政策なんか、ただの綺麗事だ。お飾りだ。政権をとれない野党の政策なんか無意味だ。そんなもの捨てちまえ・・という「悪魔のささやき」を飲んだ。

    小沢主体の野党統一名簿作りに協力しない「立憲の枝野憎し」が言動に滲み出るほど、必死で安倍を倒したがっているのはよくわかる。
    政権交代できなければ、いくら真っ当な公約や政策を掲げたところで
    全く無意味だ!・・と。それもそうだ。
    安倍の悪行が酷すぎて、今すぐにでも政権交代を渇望する人々も多い。

    ただね、「良心の岐路」・・とでもいうのかな。

    個々人で、いろいろな見解があるとは思う。

    安倍は当然倒したい。でも、
    「長州安倍テロリストと通じる、外道の橋下維新や前原日本会議」とは
    絶対に手を組むべきではない・・と。

    これだけは確実に言える。
    小沢と一緒になって政権交代のために維新とも手を組めば、
    山本太郎に対する支持者からの信頼は確実に減少する。
    もっとも、別の支持者が増えて、今以上に活躍できるかもしれない。
    魂を売った人間のほうが「素敵」に見えるような昨今だ。
    目的のためには手段を選ばず、
    己を殺して他を傷つけて突き進む・・というわけだ。

    一旦、極悪悪魔と同化してから、別の正義ズラした悪魔に変化して、
    「悪魔同士で政権シーソー」するのが理想的・・と、なったら、
    「庶民の正義の党」は、今以上に弱体化して死滅するだろう。
    かつての小沢民主党が弱体化して消滅したように。

    一番得をするのは誰かということだ。
    影の政府である戦争屋どもだ。
    奴らの狙いはそこにある。

    いつまでも抵抗する人間達の「真っ当な良心」を消し去って、
    隷属させることを、もう数十年、数百年もかけてやってきたんだ。
    山本太郎の主張など、アリの
    ほども受け入れない連中だよ。
    最初こそ「君が我が党の広告塔だ、エースだ、将来の総裁候補だ」と
    ホチャホチャされ、国会質疑なども弱小自由党のときより沢山与えられて気分も高揚し・・となるだろうが、国民民主党の生業に山本太郎の顔が付いたところで、支持率は上がらないだろう。橋下のツテで安倍のように選挙前から粉飾してもらえば若干上がるかもしれないが・・。

    ▼参考までに・・



    悪魔と手を組んででも、やりたいことを叶えたい・・
    というのは間違いだと思う。

    不誠実な者たちと手を組めば、自らの誠が汚され、失われるだろう。
    最終的には心まで壊れて、判断力も失って、
    自分の最初の志が何だったのかさえ忘れ、
    信頼も無くした完全な裏切り者(細野)になってしまうだろう。

    「小沢民主党時代」の犠牲者として、顕著な前例が既にある。
    細野も旧民主党時代には、将来の総裁候補とまで言われた人物だった。
    良心的な、いい奴だったのに・・今は別人のような目つきに変った。

    近頃、自民党の二階派に入った細野には、旧民主党時代同様、
    「将来の自民党総裁の席」まで用意されているとかいないとか?
    まあ、政治的廃人がいつまで国会議員でいられるか、定かではない。

    細野に限った話でなく、
    「良心の岐路」の結果が、悪魔色に再現されたとする。

    立憲と共産を弱体化させて排除した悪魔野党(維新と同化した第二与党)の代表に橋下徹の姿があり、傍に山本太郎の姿がある・・という、見るもおぞましい、あまりにも毒々しい想像し難い配色だったりする。

    更にそこへ「極悪悪魔の死にぞこない安倍自公」が連立を組みた~い!と持ちかけたとすれば・・巨大な統一悪魔政党の完成だ。

    見事に政権与党に参入した山本太郎は、
    遂に己のやりたいことを実現するときがきた!
    ・・と思った途端、
    悪魔仲間のハニトラないし冤罪スキャンダルで即刻追放・・。

    まあ、そうならないことを願うばかりだ。 
    関連記事

    アベノミクス偽装は立派な国家犯罪、いくら動かぬ証拠を突きつけられても、容疑を否認し続ける安倍氏は、もはや、犯罪心理学の研究対象だ!

    新ベンチャー革命201921日 No.2246
     
    タイトル:アベノミクス偽装は立派な国家犯罪、いくら動かぬ証拠を突きつけられても、容疑を否認し続ける安倍氏は、もはや、犯罪心理学の研究対象だ!
     
    1.往生際が悪いことこの上ない安倍氏、この期に及んでも、アベノミクス偽装を認めず
     
     今、国会では厚労省の統計不正の追及が行われていますが、厚労省は組織的隠蔽を認めたようです(注1)。
     
     ところが、安倍氏は、上記の事実を認めようとせず、アベノミクス偽装を否定しています(注2)。
     
     よく平気でケロっとこんな答弁を繰り返すものです。
     
     この現状を見て、この人物は普通の神経の持ち主ではないと痛感します。
     
    2.安倍氏のアタマの中は、どうすれば辞任表明せずに済むかしかないようだ
     
     アベノミクスの成否を測るもっとも重要な指標、それこそが、われら国民の勤労賃金推移です。そして、アベノミクス政策の結果、実質賃金推移がマイナスだったことがすでにばれています。しかも、統計不正をやった厚労省が、インチキをやったことをすでに認めているのです。
     
     にもかかわらず、安倍氏はこの期に及んでも、ヌケヌケとアベノミクス偽装を認めないのです。
     
     この状態は、詐欺罪を犯した容疑者が、詐欺の証拠を暴かれているのに、それを頑固に認めず、容疑を否認し続ける状態を彷彿とさせます。
     
     そう言えば、安倍氏は森友事件でも、関与の証拠をあれだけ突きつけられても、平気で容疑を否認し続け、いまだに、のうのうと総理の座に居座り続けています。今では、安倍氏は籠池氏と会っていたことも暴露されています(注3)。
     
     まさに、これは厚顔無恥そのものです。
     
    3.安倍氏のウソと白を切るクセはもはや、犯罪心理学の研究対象
     
     何らかの犯罪を行って、警察に逮捕された容疑者は、当初、ウソをついたり、白を切ることが多いことを、われわれはみんな、よく知っています。
     
     われら日本のトップリーダーである安倍氏も、人の子ですから、ウソをついたり、白を切るのでしょうが、それで済まされることは決してないのです。
     
     今回の厚労省の統計不正はれっきとした国家犯罪です。しかも、それは、安倍氏の売りだったアベノミクスを偽装するためだったのです。
     
     これは紛れもなく、国民を欺く詐欺罪です。
     
     それならば、この国家犯罪の最高責任者である安倍氏は、一刻も早く、責任を取って、最低でも、総理を辞任すべきです。
     
     とりあえず、今、政権交代がなくても、安倍氏の後釜は自民党にいくらでもいます。
     
     ちなみに、明石市長は、職員に暴言を吐いたことがばれて、早くも辞任表明しています。
     
     安倍氏も、早く辞任表明して、総理としてはもちろんのこと、一人の人間としてもケジメをつけるべきです。
     
     ほんとうに往生際が悪い人です、安倍氏は・・・。
     
    注1:阿修羅“厚労省身内が「白旗」「組織的隠蔽あった」監察委員が証言(日刊ゲンダイ)”2019131
     
    注2:グノシー“安倍首相、実質賃金の再計算を検討=統計不正、経済判断の変更は否定 参院代表質問”201921
     
    注3:阿修羅“安倍は籠池と会っていた!! 「週刊朝日」がスクープ!”2019129
     

    ベンチャー革命投稿の過去ログ
    http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

     
    テックベンチャー投稿の過去ログ
     


    転載元: 新ベンチャー革命

    関連記事
    プロフィール

    恋夜姫

    Author:恋夜姫
    恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

    カレンダー
    01 | 2019/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    最新記事
    シンプルアーカイブ
    書庫~Category Bar Graph
    FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

    ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

    ブログの「お知らせ」(21)

    恋夜姫のアメブロ(1)

    「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

    ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

    TOPテーマ(7)

    トシの はじめ(1)

    主題歌 『新選組血風録』(1)

    燃える命 『新撰組血風録』(1)

    惜別 『新選組血風録』(1)

    時事動画(148)

    知っておくべきこと(233)

    土方歳三(真相追及)(15)

    2D(土方歳三)動画(7)

    土方歳三3D(試作2)(6)

    土方歳三3D(試作1)(3)

    デジタル・トーク動画(18)

    デジタル・ソング動画(3)

    ツバメのヒナ(2017年)(4)

    ツバメちゃん(2018年)(2)

    ツバメちゃん(2019年)(2)

    栗塚 旭(栗ちゃま)❤(68)

    島田順司(沖田総司)(36)

    新選組血風録(77)

    燃えよ剣(43)

    俺は用心棒(36)

    風の新十郎(47)

    栗塚武蔵(35)

    帰ってきた用心棒(39)

    怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

    T 新選組~モユヒジカタ(39)

    暴れん坊の朝右衛門(26)

    スポーツ&遊ぶもん(44)

    浅田真央(17)

    羽生 結弦(16)

    漫画アニメ(29)

    ★J♪(11)

    3.11 追悼の歌(自作)(1)

    外部参照(2019年)(30)

    外部参照(2018年)(329)

    外部参照(2017年)(534)

    外部参照(2016年)(82)

    外部参照(2015年)(45)

    外部参照(2014年)(8)

    原発事故関連(180)

    デモクラTVネット放送(14)

    恋夜姫のFC2ブログ(3)

    ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

    3D 土方歳三 (10)

    ツバメの撮影(2020年)(0)

    3D 土方歳三 (試作3)(2)

    ツバメちゃん(2020年)(0)

    ツバメちゃん(2021年)(0)

    アニメ(0)

    ツバメの撮影(2022年)(0)

    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR