fc2ブログ

( ̄▽ ̄)公正な報道もできない「売電」マスゴミ。隠蔽と口裏合わせぶりは「統一邪教集団」のソレ。

bandicam 2020-05-23 09-02-42-698 腐敗 

 


▼2020.11.29【大統領選継続中!】
大統領は国民ではなく下院の投票で決まる!
CNNの予想的中か⁈
戦いは州議会を超えて連邦下院へ?
【及川幸久】

 

 

 


▼下流マスコミは終焉?【第69回】
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼【新聞看点】アリゾナ州
民主党は投票前から3万5000票持っていた

 

 



▼【遠見快評】
激戦州6州でのトランプの「うまい手」
パウエル&ウッドの「奇襲」作戦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

米大統領選の投票改竄「サイバー詐欺」の検出

bandicam 2020-05-23 09-02-42-698 突破




2020年11月28日
▼「部屋の中で最も賢い男」が

シドニー・パウエルのチームに加わりました
   



▼シドニー・パウエル弁護士
bandicam 2020-11-10 20-36-39-415


ケルシャヴァルツ・ニア博士は、
生来の知性を持っているだけでなく、
サイバー詐欺の検出と分析において
並外れた学術的および
実践的なスキルを持っています。


■ケルシャヴァルツ・ニア博士

専門は、電気・コンピュータ工学の分野で学士号、修士号、博士号を取得しています。
さらに、「私は国防情報局(DIA)、中央情報局(CIA)、国家安全保障局(NSA)、DHS情報分析局(I&A)、マサチューセッツ工科大学(MIT)から高度な訓練を受けました。」

専門的には、ケルシャヴァルツ・ニア博士はサイバーセキュリティエンジニアとしてのキャリアを過ごしてきました。「私の経験」は、技術的評価、数学的モデリング、サイバー攻撃パターン分析、セキュリティインテリジェンスを実行する35年に及びます。

■投票操作「ハンマーシステム」


1. ハンマーとスコアカードは、
 (民主党のアレッジとして)
 デマではなく、本物であり、
 選挙結果を操作するために使用されます。

2. ドミニオン、ES&S、Scytl、Smartmaticは、
 すべて詐欺や投票操作に対して脆弱であり、
 主流メディアは過去にこれらの脆弱性について
 報告しました。

3. ドミニオンは他の国で
 「選挙結果を偽造する」ために
 使用されています。

4. ドミニオンの企業構造は、
 ベネズエラ、中国、キューバとの関係を
 隠すために意図的に混乱しています。

5. ドミニオンマシンは
 簡単にハッキング可能です。

6. 2019年に、システムへの暗号化キーアクセスを持つ
 ドミニオンメモリカードが盗まれました。


EnfxMjZUUAI73Es.jpg


■投票結果に関する利用可能なデータ情報に基づく結論

1. 紛争中の州
 ペンシルベニア州、
 ウィスコンシン州、
 ミシガン州、
 アリゾナ州、
 ネバダ州、
 ジョージア州
 の数は、電子操作を示しています。

2. ペンシルベニア州、
 ウィスコンシン州、
 アリゾナ州、
 ネバダ州、
 ジョージア州での同時決定は、
 投票を停止するふりをすることは前例がなく、
 望ましい結果に向かって結託するための
 協調的な努力を示した。

3. 1-2%の票がバイデンの賛成で偽造されました。

4. 光学スキャナは、未確認の未検証の投票を
 受け入れるように設定されました。

5. スキャナーは監査の記録を保持できませんでした。

6. すべての投票システムに適用された盗まれた暗号鍵は、
 投票数を変更するために使用されました。

 (中略)

 彼らは操作を実証した。
 例えば、ペンシルベニア州では、
 2〜3時間以内に40万票を
 機械に送り込むのは
 物理的に不可能でした。

 ドミニオンは中国の部品を使用し、
 中国、ベネズエラ、キューバが
 選挙に干渉したと信じる理由があります。

9. ハンマーとスコアカードのサイバー攻撃が行われ、
 戦場の州の投票を変更し、検出を避けるために
 ドイツのフランクフルトの
  Scytl サーバーに結果を転送しました。

10. システムは監査可能な結果を
 生成できませんでした。


上記の調査結果に基づいて、
ケシャヴァルツ・ニア博士は

「選挙2020のデータがすべての激戦州で変更され、
トランプ氏からバイデン氏に移される数十万票を

もたらした信憑性が高い」と結論づけた。




(抜粋)

■投票改竄過程に外国の干渉

選挙データが全ての激戦州で変更され
トランプからバイデンに移される
数十万票をもたらしたと結論。

ドミニオンは中国の部品を使用し、
中国、ベネズエラ、キューバが
選挙に干渉したと信じる理由があります。

ハンマーとスコアカードのサイバー攻撃が行われ、
激戦州の投票を変更し、検出を避けるために
ドイツのフランクフルトの
 Scytl サーバーに結果を転送しました。


★Smartmatic社は、選挙を盗むための中枢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼PIRROインタビュー:

リン・ウッド弁護士は、
政府レベルでの極端な腐敗であり、
ドナルド・J・トランプ大統領から
選挙を盗んだと感じていることについて、
正義の追求について声を上げており、
政府は長年にわたり
選挙に関する真実を隠してきた
と主張している。


■リン・ウッド弁護士

「私はシドニー・パウエルと会いました..私はドミニオンマシンと彼らが使用したソフトウェアに関する証拠と、彼らが投票を操作したスペインのバルセロナを通してそれを実行した方法を見てきました。彼らは以前の選挙でこれを行いました。今度は彼らが捕まった」と彼は言った。

「アメリカ合衆国大統領を信頼してください。彼は自分が何をしているのか知っている。私はあなたに本当の投票がドナルド・トランプのための圧倒的な地滑りだったことを保証します。数日前にフランクフルトで押収されたサーバーは、Scytlという会社から。これらのサーバーは、実際の投票を示しています。「トランプは410の選挙票でこの選挙に勝った」とウッドは言った。

 

 

 

 

 


EnypG4jWMAAsoE3.jpg
(改竄される前の投票数)


▼【新聞看点】
「我々は選挙が不正に行われているのを見た」
 FOX名キャスター タッカーカールソンの矜持




▼専門家:ドミニオン、中国のデータセンターに直結
2020年11月24日

米大統領選におけるドミニオン社(Dominion)の不正関与疑惑が深まる中、ドミニオン社に関する内幕情報が徐々に掘り起こされていく。 最近、一部のコンピューター専門家が同社のサブドメインを解析し、ドミニオン社のサブドメインが中国のデータセンターに直結できることを発見した。

 11月18日、ツイッターアカウント「321C」というサイバーセキュリティの専門家が、ドミニオンのサブドメインである「dominionvotingSYSTEMS.com」を分析したところ、そのドメインサーバーの記録に中国の泉州などというところにあるデータセンターにつながることを発見した。つまり、ドメイン名「dominionvotingSYSTEMS.com 」が泉州にあるデータセンターによって分析されている。同データセンターのインターネットサービスプロバイダが 中国電信(China Telecom )であることを突き止めた。

 

 



▼トランプ陣営がジョージア州で調査
 




▼【遠見快評】左派メディアの狂気乱舞
バイデン政権移行の裏で
着々と打たれるトランプ陣営逆転の布石

   

 

 


▼11月28日 大紀元ニュース
🔷独自調査「大統領選は100%操作された」
🔷ジョージア州で選管を「大規模な選挙詐欺」提訴
🔷英、ファーウェイ導入禁止法案

 

 

 

 

▼ペンシルベニア州裁判官ルール2020
 PA選挙は違憲である可能性が高い
 - トランプ事件「成功する可能性」- 
州議会議員に選挙人を選択する権限を与えます!

 

 

bandicam 2020-11-28 20-47-22-924

(議会で共和党が過半数を占める➔トランプ勝利)



 

  

 

 

 

 

En2hlP5XYAAYO_m.jpg
 (ペンシルベニアの報告※バイデン郵便投票の異常=不正)

 



▼11月29日 大紀元ニュース

🔷州議会は選挙人団を無効にする権限がある

🔷郵便投票でわずか1%がトランプ氏





 


▼BALD-FACED嘘:


ドミニオン社は、投票切り替えの主張は
「完全に間違っている」と言う 
- しかし、我々は投票を切り替える方法を示す
ドミニオンエグゼクティブ
エリッククーマーの
2つのビデオを持っています。

 

 

 

ドミニオン投票システムは、
ドナルド・トランプ大統領から
2020年の選挙を盗む役割を知る
アメリカ人が増えるにつれて
パニックに陥っています。

ドミニオンのウェブページには、
同社の名前を守るための
全ページの反論が含まれています。

目立つ声明の1つは、
「削除/切り替えアサーションは完全に虚偽である」
という偽の主張です。

もちろん、これは、はげ顔の嘘です。

ペンシルベニア州の選挙の夜に
トランプ大統領からジョー・バイデンへ
切り替えられた19,958票のビデオがあります。

 

 

 


そして、我々は以前、
ドミニオンの反トランプ幹部
エリック・クーマーが
選挙当局に票を切り替える方法を示す
2つの異なるビデオで報告しました。


▼排他的にブレイキング:

デーン郡のウィスコンシン州で見つかった
偽の票の数千人 
- GOPオブザーバーからの写真とレポート

 




( ̄▽ ̄)まさに「倍デーン!」と
どこを取って見ても、
バイデン側の不正は明らか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 Enp6fG5VoAAb4Lg.jpg

 


 


関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

ミシガン州最高裁「重大な選挙不正を実証する証拠がある」。 もはや不正選挙は架空の陰謀論ではない。

bandicam 2020-05-23 09-02-42-698 粛清 


 

■リン・ウッド(トランプ)弁護士

バイデンよ、お前は何も得られない。
トランプ陣営の勢いが止まらない。
完全に流れが変わったよ。

バイデンの仲間はクーデターを試みているよ。
このクーデターが起こされても
私は一歩も引かない。
全員蹴散らしていく。



▼2020.11.26【大統領選継続中】

シドニー・パウエルがジョージア選挙当局を

大規模選挙詐欺で提訴!

<104頁の告訴状と証拠書類提出!>【及川幸久
 

 

 

 

▼おさらい【シドニー・パウエル弁護士の会見スピーチ】

 

 

 


▼シドニー・パウエルがジョージア州でクラーケンをリリース

 


■パウエルが提出した訴状【請求の趣旨】※概要

1. ケンプ知事、ラッフェンスペルガー長官及び
  ジョージア州選挙管理委員会による選挙結果の非認証。

2. ケンプ知事に、現在の選挙結果を送信することを禁止する命令。
  選挙区に選挙結果を証明する。

3. ケンプ知事に、証明された選挙結果の送信を要求する命令。
  ドナルド・トランプ大統領が当選したとする結果は選挙のことです。

4. 全ての投票機を押収するための即時命令と
  そのソフトウェアをジョージア州で
  原告の専門家による捜査のために使用する命令。

5. 機械による投票を受け取らない、または集計しないという命令。
  連邦法及び州法で要求されるように認定されていない場合は、
  カウントされます。

6. ジョージア州長官を宣言する宣告判決。
  規則183-1-14-0.9-.15は、選挙人および選挙条文に違反する。
  U.S. CONST. I, § 4;・・・

7. ジョージア州の失敗したシステムにおける署名検証は、
  以下のように、選挙人と選挙権の条項に違反しています。
  署名検証の事実上の廃止作業要件を満たしていることを
  確認してください。

8. 現在の認定選挙を宣言する、宣言判決。
  この結果は、米国憲法のデュープロセス条項に違反しています。
  
9. 郵送投票と不在者投票を宣言する、宣言的判決。
  不正行為は、フルマニュアルリカウント
  または統計的に修正されなければなりません。
  ・欠席者の署名を確認するための有効なサンプリング
   投票用紙の封筒を使用している場合には、
   認証された結果が無効となります。
  ・再集計またはサンプリング分析では、
   十分な数の不適格者がいることを示しています。
   不在者投票を集計しました。

10. 投票機の緊急宣告判決。
  法的監査のための速やかな押収。
  
11. 不在者投票不正が発生したとする宣言判決。
  憲法違反、選挙法違反、州法違反。

12. 知事と長官を禁止する恒久的な差止命令。
  現在の認証結果を送信することを禁止する。
  圧倒的な選挙の証拠に基づく選挙人大学校の改竄。

13. 監視カメラ録画の36時間分を直ちに作成すること。
  ・フルトンのステート・ファーム・アリーナでの
   投票に使用される全室。
  ・ジョージア州カウンティは
   11月3日の午前12時から午後6時まで、
   午前3時から午後6時まで。

14. 原告のその他の救済要請。
  この訴訟費用を含むが、これに限定されない
  正当且つ適切で合理的な判断に基づく
  弁護士費用を支払う必要。




▼【遠見快評】歴史的訴訟
パウエル弁護士が一人で戦う理由

 


■パウエル弁護士

バイデンは少なくとも1000万票の偽票と
少なくとも300万票の死者の票を得た。

トランプの獲得票のうち、
少なくとも700万票は
バイデンに変換され、盗まれている。

バイデン側が「ハンマー」と「スコアカード
のシステムを使って、
総得票数の3%を修正した。

このシステムの開発者のデニス氏は
決定的な証拠を提供し、
全てのデータの流れが記録されている。
これらは法廷での証拠になる。


投票詐欺ソフト

ハンマー
スーパーコンピューター
巨大な信号知能システム
監視システム

スコアカード
ハンマー監視システムと連動する
アプリケーション


「ハンマー」と「スコアカード」
の連携で、インターネットから
リアルタイムに投票データを抽出し、
アルゴリスムを使用して、
事前設定された候補者が
何票差があるかを計算し、
その得票数を変更することが可能。


この「ハンマーシステム」の開発元はCIA。


■トーマス・マッキナニー元米空軍中将の証言

ハンマーシステムは、
もともと国家安全保障局(NSA)によって
開発されたが、のちにオバマ政権の間に
CIAが引き継ぎ、
「スコアカード」と呼ばれた
アプリケーションが追加され、
これらが連動して作動することで、
一瞬で投票結果を変更できる。

同システムの開発者はデニス・モンゴメリー氏
この衝撃的な内幕を暴露したのは、
モンゴメリー氏本人である・・と指摘。


■「The American Report」

2019年8月、マッキナニー将軍と
もと米海軍太平洋艦隊司令官の
ジェイムズ・ライオンズ上将の主張を引用。

ハンマーシステムが、実は911以降
国家安全保障目的として外国監視用に
米国が開発した大規模な監視システムであった。

それがオバマ時代になると
このプロジェクトは
国内用に違法に変更され、
オバマ氏の個人的な
監視システムとなってしまった。

2016年の選挙の際にも
『オバマ氏はトランプ氏を監視している
というスキャンダル』があったが、
実はその監視の主役を担ったのが
この「ハンマーシステム」だった。

これらの情報は
主流メディアに「陰謀論」扱いされ
ブロックされた。


■事実上無限の投票操作が可能なシステム

パウエルは、ソフトウェアが

投票操作を監査から隠す

というチャベスの要件を含む、

2つのシステムに関する

ベネズエラの内部告発者の

直接の証言を引用しています。

 

コンピューターは、

投票用紙の印刷、

カウントマシンへのフィード、

実際のカウントなど、

投票プロセス全体で

事実上無限の投票操作を

可能にするように設計されています。

コンピューターは

インターネットにも接続されていたため、

データ操作に関しては、

コンピューターを物理的に持ち歩く必要は

ありませんでした。

このシステムは、さまざまな国で

不正選挙に関連付けられています。


▼速報ビデオ:

「47枚のUSBカードがない」と主張する

ペンシルベニア州の

データサイエンティストからの驚異的な証言

「はい、それはペンシルベニアでの露骨な不正投票を暴露したグレゴリー・ストレンストロムからの今日の驚くべき証言の一部です。Strenstrom氏は、単なる世論調査の監視者ではなく、「データサイエンティストであり、フォレンジックコンピュータサイエンティストであり、セキュリティと詐欺の​​専門家」です。彼は、データを使用した詐欺に関して、自分が何について話しているのかを正確に知っています。以下のいくつかのビデオクリップは、2020年の選挙に疑問を呈した彼の専門家による分析です。それは本当に驚異的です…

 

 


「私の名前はグレゴリー・ストレンストロムです。デラウェア郡出身で、元海軍司令官、外国戦争のベテラン、私企業のCEO、データサイエンティスト、フォレンジックコンピューターサイエンティスト、セキュリティと詐欺の​​専門家です。」


■証言概要


・47個のUSBが現在行方不明


・関係者でない人がUSBを持ち歩き
 アップロードしているのをみた

 

・不思議な投票数の急増は、
 バイデン600,000票、トランプ3,200票

 

・(USBにより)50,000票が不正投票された 


▼「証言したのはシステムを管理していた元海軍司令等」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ̄▽ ̄)日本の「バイデン翼賛」

マスゴミ連中も

「粛清の対象」になるかもね。

 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

トランプ陣営、バイデン民主党「政変」クーデターへ宣戦布告

bandicam 2020-05-23 09-02-42-698 先陣

 

 

▼トランプ陣営 バイデンの盗国へ宣戦布告
 


■不正選挙犯罪の実体

 

【罪状】
1. 共和党集計監視が拒否された
2. 民主党管轄区域における二重基準の法律適用
3. なりすまし投票
4. 投票スタッフに投票用紙の消印改竄を強要
5. バイデン票が投票機で繰り返しスキャンされた重複集計
6. 事前に申請されていない郵便投票がカウントされた 
7. 一部の地域での「過剰投票」
 (※実際の投票数が登録有権者数を遥かに上回っている)
8. 集計ソフトウェアは結果の改竄を目的としたソフトであり
  外国勢力や左派の主要スポンサー:ジョージ・ソロスが
  関わっている


■2種類の犯罪レベルが含まれている。

【法的レベルの犯罪】
選挙不正犯罪・派手な工作

【党派の領域を超えた国家安全保障レベルの犯罪】
外国勢力による干渉を背景とした

米国の国家安全及び

合法政府の転覆を目的としたもの
=クーデター


 

■エリス弁護士(トランプチーム)発言

これは裁判だ。
すべてが法的プロセスを経なければならない。
証拠は法廷で提示される。

あなたたちフェイクニュースの連中は
ずっとこの件を避けてきた。
そして私たちの合法的な仕事を
歪曲しようとしている。


■現在の左派メディアの報道戦術

「トランプ大統領が負けを認めずに
 悪意を持って権力移行を拒否している」
「(トランプは)独裁者だ!」

 

( ̄▽ ̄)ほかにも

とっととホワイトハウスから去れ!

『不正がある』とイチャモンつけて

 結果を引き延ばしている!

不正の根拠がない!

往生際が悪い!


( ̄▽ ̄)あとは決まって

トランプは差別主義者だ!
と、こうしてマスゴミの「
洗脳」に
どっぷり浸かりまくってると、
みんなで「
同じ言葉」を
呪文」のように唱えて迫害するばかり。

実際に発生している「選挙犯罪」には
目もくれず、マスゴミにスリ込まれた

憎しみの感情論で批判してばかり。

正直、そんな「
タワゴト」は
リアルなデータ(証拠)の前には
何の力もなく消え失せる。



▼なぜ事実が報道されない?
トランプ陣営8つの訴え
反論の余地のないバイデン陣営

 

 

 

▼ツイッターから
 

最高裁は20日、合衆国法典第28編第42条を発令。
係争中の州管轄の巡回裁判所判事に
保守派を割り当てました。


(リベラル派)
ブライヤー
ソトマイヨール
ケイガン

(保守派)
ロバーツ
ゴーサッチ
アリト➔ペンシルベニア州
カバノー➔ミシガン州
バレット➔ウィスコンシン州
トーマス➔ジョージア州



■トランプ陣営、勝利の布石(裁判編)
 

激戦州(特に選挙不正が著しい場所)には

保守派の判事が割り当てられているため、

裁判によって選挙結果がブロック(凍結)される。

 

バイデン翼賛マスゴミらは

「トランプ裁判は負け続けている」と嘲笑しているが

トランプ陣営の狙いは最高裁の最終判断にある。

選挙結果が「不正」のために承認されない

ということになれば、バイデンの不正票による

「数の勝利」は無効により消え去る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

-------------------------------------------

▼補足

 

( ̄▽ ̄)前回の記事にも記載したとおり、
最初からトランプ陣営は、
バイデン民主党による史上最大規模の
不正選挙の証拠をガッチリ掴んでいる。


■不正選挙(国家反逆罪)の全ての証拠を持つ
Kraken「クラーケン」
国防総省サイバー戦争プログラム

ディープステート(DS)によって犯された
悪質な活動や犯罪の証拠を追跡。

「クラーケン」は、深い状態による
悪質な行動の証拠を得るために
様々な他のシステムを追跡し、ハックする
国防総省が運営する
サイバー戦争プログラムです!

トランプ大統領と軍事宇宙司令部の忠実な愛国者は、
現在、有権者詐欺と選挙関連の反逆の
すべての証拠を持っています。
これはアメリカの敵に対して使用されます!

 

 

(一部抜粋)
 

私たちが2020年の選挙で目撃しているのは
選挙ではありません。
我々は、米国政府の転覆の試みを目撃している。

CIA、FBI、DOJは、大統領の議席を盗み、
世界秩序のために
アメリカを引き継ぐことを意図している
反逆的な沼地ラットでいっぱいです。

彼らはアメリカを破壊し、
持続可能な開発アジェンダ21の改訂版である
国連アジェンダ2030で
世界的なリセットと案内を暗示するために
彼らのクーデターを大胆に推し進めている
邪悪なグローバリストの人形です。

世界中の国々が市民に対して
まったく同じロックダウンを行っている間、
彼らは疑いのないアメリカ人に
すべてのパンチを投げつけています。
彼らは成功するのだろうか?
答えはノーです!

特殊部隊作戦の特定のセクターは
現在、クリス・ミラー国防長官代理に
直接報告しています。

彼らはトランプ、憲法、
そして外国と国内の
両方の敵に対するアメリカの防衛と
一致しています。
だから、パニックに陥らず、
恐れてはいけません。

トランプ大統領が支配し、
戦線が描かれています。

クラーケンはリリースされ、
それはすべてを持っています。
特殊部隊の資産は現在、
アメリカの国内の敵と
裏切り者を倒すために配備されています。

 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

不正選挙(国家反逆罪)の全ての証拠を持つ 「クラーケン」国防総省サイバー戦争プログラム

bandicam 2020-05-23 09-02-42-698 調整4暗剣 


■不正選挙(国家反逆罪)の

全ての証拠を持つ

Kraken「クラーケン」
国防総省サイバー戦争プログラム


ディープステート(DS)によって犯された
悪質な活動や犯罪の証拠を追跡。

「クラーケン」は、深い状態による
悪質な行動の証拠を得るために
様々な他のシステムを追跡し、ハックする
国防総省が運営する
サイバー戦争プログラムです!

トランプ大統領と軍事宇宙司令部の忠実な愛国者は、
現在、有権者詐欺と選挙関連の反逆の
すべての証拠を持っています。

これはアメリカの敵に対して使用されます!


 

 

 



▼パウエル弁護士、引き続き選挙詐欺を暴くと誓う
 

(抜粋)

パウエル弁護士「ジョージア州を最初に『爆破』」

■シドニー・パウエル

集計ソフトのアルゴリズムが
民主党に3万5000票の
追加投票をもたらした。

バイデンが獲得した票には
1.25が掛けられ、
トランプの票には
0.75が掛けられた。

いくつかの投票機が
法的な締め切りを過ぎた後に
改造された。

一部の州知事が
トミニオン投票システムを
導入する見返りとして
賄賂を貰っていた可能性がある。

ジョージア州は
私が最初に『爆破する』州になるだろう。

共和党のブライアン・ケンプ知事の
収賄疑惑を主張。


▼2020.11.24【大統領選継続中!】
《続報》パウエル軍事弁護士に‼️戦いは大型訴訟へ
【及川幸久−BREAKING−】

 




Kraken「クラーケン」
国防総省サイバー戦争プログラム

 

 


私たちが2020年の選挙で目撃しているのは
選挙ではありません。
我々は、米国政府の転覆の試みを目撃している。

CIA、FBI、DOJは、大統領の議席を盗み、
世界秩序のために
アメリカを引き継ぐことを意図している
反逆的な沼地ラットでいっぱいです。

彼らはアメリカを破壊し、
持続可能な開発アジェンダ21の改訂版である
国連アジェンダ2030で
世界的なリセットと案内を暗示するために
彼らのクーデターを大胆に推し進めている
邪悪なグローバリストの人形です。

世界中の国々が市民に対して
まったく同じロックダウンを行っている間、
彼らは疑いのないアメリカ人に
すべてのパンチを投げつけています。
彼らは成功するのだろうか?
答えはノーです!

 

 

 


特殊部隊作戦の特定のセクターは
現在、クリス・ミラー国防長官代理に
直接報告しています。

彼らはトランプ、憲法、
そして外国と国内の
両方の敵に対するアメリカの防衛と
一致しています。
だから、パニックに陥らず、
恐れてはいけません。

トランプ大統領が支配し、
戦線が描かれています。

クラーケンはリリースされ、
それはすべてを持っています。
特殊部隊の資産は現在、
アメリカの国内の敵と
裏切り者を倒すために配備されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

( ̄▽ ̄)不正選挙の裏にソロスあり。「選挙干渉」でソロスが逮捕されたらしい

bandicam 2020-05-23 09-02-42-698 調整4moji


▼ジョージ・ソロス、選挙干渉で
フィラデルフィアで逮捕
-裁判官はメディアの公表禁止を命じる

2020年11月23日
アラン・スミシー ニュース,アメリカ
https://yournewswire.com/george-soros-arrested-in- philadelphia-for-election-interference-judge-orders- media-blackout/


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


( ̄▽ ̄)悪党すぎる不正バイデン民主党側から
米国政府の資金調達局担当者への脅迫圧力で、
「選挙後の資金提供だけは認める」ことになったが
それを以て
「バイデン氏を勝者と認定」と
またもや印象操作するクズゴミ連中。

「マスゴミが大統領を勝手に決めるな」と

何度言っても、わからないようだ。


選挙詐欺だけでなく、脅迫までして

わざわざ「悪辣な事実経過」を
積み重ねてるようだが、
今後、トランプ勝利が確定すれば
あっという間にクズゴミもろとも

「国家反逆罪」で逮捕されるわけだから、
その「犯罪事実の証拠作り」を

一生懸命やってろよ・・というわけで、
トランプ側の手間が省けるというものだ。


 

 

 



▼【新聞看点】ドミニオンデータが解析
バイデンの汚職不正が次々と明るみに

 




▼【薇羽 看世間】オバマ、ヒラリーなどの
ツイッター画像が白黒に
プランB「暴力革命」に移行の合図?

 

 

 


▼【新聞看点】
トランプ陣営に殺害脅迫、
裏で糸を引いているのは誰?

 

 



▼【西岸観察】
CIA、 FBI 、CSIA、トランプ氏の再選を
阻止しているのは?

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

米大統領選は「史上稀に見る善悪の世界大戦」

bandicam_2020-01-29_03-58-46-459-removebg-preview 文字

 

 

▼2020.11.22【大統領選継続中!】

「来週の訴訟はショッキング」

トランプ弁護団新戦略!民主を守る戦いは来週が山場‼️

【及川幸久−BREAKING−】

 



▼【遠見快評】
民主党の脅迫に打ち勝った愛国者
ミシガン州ウェイン郡の再逆転劇の内幕

 


 

( ̄▽ ̄)【未定情報】パウエル弁護士は

「別の地位へ移行」されるとか?

パウエルさんは、投票改竄のドツボである

「スマートマティック社」は訴追しないと

当初言ってたけど、

トランプ弁護団としては、選挙担当(民事事件)

だけでなく、本格的な刑事事件へ移行する・・

ということかな。パウエルは、もと連邦検察官だし。

 

■パウエル弁護士
「トランプ圧勝を近く証明する」


大統領選関連※前半
▼11月22日 大紀元ニュース
🔷パウエル弁護士「トランプ圧勝を近く証明する」
🔷米、太平洋諸国にさらなる支援を表明

 



▼トランプ陣営、押収のサーバーからデータ入手
 

 


▼米ジョージア州再集計、証人9人が不正告発
 

 

 

▼ツイッターから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

( ̄▽ ̄)詰んでるのは「不正選挙のバイデン側」だよ。

bandicam 2020-02-29 22-53-33-606 アレンジ20 


▼【遠見快評】
「クラーケンはすでに放たれた!」
トランプ弁護団の自信の裏には何がある?!

 



■シドニー・パウエル(トランプ弁護士)
ドミニオン社の集計機械が
入っているところは
全て投票が無効になる


■ドミニオン幹部が
ペンシルベニア州議会証言
を拒否!(トンズラ逃亡)


( ̄▽ ̄)不正がバレるのを恐れて
逃げた。不正がないなら、
正々堂々、神に誓って
証言できるだろ?



▼2020.11.21【大統領選継続中!】
GA再集計で敗北⁈トランプ陣営選挙無効化裁判へ!
「激戦州は全てひっくり返るべき。憲法に従って」
【及川幸久−BREAKING−】

 




▼売国のバイデンを許すな!
民主党離党しトランプ支持に

 




▼トランプ 選挙に勝った!とツイート
バイデンに新たな汚職疑惑が オバマ氏も関与か?

 

 

 

 

▼確証 山ほどある②【第63回】

 

 



▼反撃開始?【第64回】

 

 

 


▼ツイッターから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



【前の記事】
 

今回の米大統領選の不正は「国家転覆罪」に相当する
https://ameblo.jp/renyahime/entry-12639373787.html #アメブロ

 

 

【お知らせ】

 

ツイッター&各ブログのプロフィール画像を変更しました。

別人と間違われないよう、念のため申し添えます。

(旧オリジナルお絵描き)

↓↓↓↓↓↓↓


@renji2ren8 れんやひめ★RENYAHIME


関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

今回の米大統領選の不正は「国家転覆罪」に相当する

bandicam 2020-02-29 22-53-33-606 アレンジ19


■リン・ウッド弁護士

ジョー・バイデンは、結局、
最後は刑務所行きになるだろう。

■ジュリアーニ弁護士
220人の宣誓供述書がある。 
犯罪の証拠提示は
マスコミではなく裁判所で行う。

■シドニー・パウエル
「この腐敗を一掃し、
トランプ大統領が圧勝し、
この国を
自由を求める人々に
取り戻す」

( ̄▽ ̄)腐敗を一掃する姿勢を見せる

至ってマトモなトランプ弁護団の主張をはじめ、

虚偽の証拠であれば訴追されるリスクを負う

「宣誓供述書」の不正告発証拠の数々は、

全部「陰謀論」だとでも言うのかね?

 

日本という国を、

「アベスガ腐敗強盗一味」から

取り戻すこともできない人間たちが

不正と闘う人々を

国境超えて迫害(無視)し

トランプ批判ばかりしているのだから、

始末に悪いこと、この上ない。

 

▼2020.11.20【大統領選継続中!】
トランプ弁護団怒りの記者会見!
決着は法廷で【及川幸久−BREAKING−】

 

 


ジョージア州では
不正票を取り除かずに
全てを手作業で集計
し、
「不正バインデ票」が
そのまま数えられた結果、
またしても「バイデン勝利」と
フェイク・マスゴミが伝えている。




▼やっぱり疑惑は本当だった!
ドミニオン投票システムに内部告発者



(^^)/コの動画オススメ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

▼黒幕 浮上?【第61回】

 



▼確証 山ほどある①【第62回】

 

 


▼ツイッターから
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶はない。記録はない。

法は(あっても)ない。

選挙に不正はない・・

 

こんな劣化固定具合に

慣れきった今の日本では、

与党の腐敗三昧・隠蔽三昧に対して、

野党やリベラル系支持者らは

歯噛みしながら批判するしか能がなく、

邪悪を打倒するどころか、

悪の根源を見抜く観察眼さえ

ショボく曇って淀むばかりだろう。

 

少なからず

選挙で不正があるのではないか・・

と、微塵も疑わず、調査もせず、

ただ結果(数字)だけを見て服従しながら

負け犬の遠吠え的「不平不満」しか

叫ぶことができないのが現状だろう。

 

そして「何もできないこと」を棚に上げ、

「陰謀論」扱いにしてスリ替えることで

「選挙に不正なんかない!」と決めつけて

納得しているわけだ。

 

「ない、ない」と言い逃れに終始する

アベスガ強盗団らと、

プロレスごっこをしてるうちに

同じ精神構造になってしまったかのようだ。

 


(余談)

「トランプ弁護士が辞めている」
(選挙に勝てないと諦めている)
と、日本のマスゴミらは
印象操作報道してるそうだが、
弁護士らが辞めたのは、
凄まじい「脅迫・恫喝・イヤガラセ」
によるもので、
「選挙に不正はないから」とか
「トランプに付き合いきれないから」
というわけではない。


( ̄▽ ̄)日米共同「不正選挙は陰謀論」
ということにして、バカにするなり
頭のイカレた「カルトランパー」視する
ことで一致団結しているのが
「不正バイデン翼賛」マスゴミだ。
それらは日米で見事に連携し、
利権の集団的自衛権を行使してるようだ。


実際の「選挙犯罪」を
直視しようともせず、
思考停止でシステムオンチすぎる
良識派ぶった「識者」「著名人」らも
以下同文。

和を乱さず、お手々繋いで
赤信号でも、みんなで渡れば怖くない・・
そんな同調偽善を何度やれば気が済むんだ?


一斉に「同じ標語(陰謀論扱い)」で
リアルな選挙犯罪を否定していれば
さぞかし安眠できるのかね?
(一生、寝ボケ回ってろよ。)


「不正選挙」が
架空の「陰謀論」だとすれば、
「根拠がない!」と
ムキになって反論したり
決めつけるのはおかしいだろう?


証拠があっても
「根拠がない!」
と言い張る連中こそ
「隠蔽論者」そのものだ。


「やましいから隠したい」
「無かったことにしたい」
「関わることが面倒臭い」
「荒唐無稽で馬鹿らしい」


わざわざ結託して
「言論弾圧」したり
卑下して嘲笑したりするその姿は、
人間としての「悪の本性」を
顕わに示しているも同然だ。


巨悪には目を伏せて、
赤信号と知りながら渡る。


吐き気がするほど嘘で固めた

「虚構」のその仮面が剥がされることを

恐れている・・かのようでもあり、
若しくは怯えているようだ。


「選挙性善説」信仰(信じていたこと)を
覆される(それは間違いだ)と
認めたくない心理もあるのだろう。


怯えを隠すために嘲笑う様子は
まるで化けの皮が剥がれた
「不正陰謀詐欺集団の醜い素顔」
そのものに見える。


不正側を許容し慣れて、
腐敗に感染したような連中もいる。


巨悪に対抗することも忘れ(恐れ)、
その利権関係から富を得ながら
善意を実行する人を見下す行為ほど
愚かなことはない。

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

( ̄▽ ̄)「不正選挙」の隠蔽に必死な大手メディアと強盗一味


bandicam 2020-02-29 22-53-33-606 アレンジ17

 

「死んだ豚は沸騰したお湯なんか怖くない」と、好き勝手やりたい放題やっている・・
 

( ̄▽ ̄)まったく、そのとおり。

▼【遠見快評】サイトル社疑惑の真相と
中国共産党の壮大な陰謀

 

 

 

▼2020.11.19【大統領選継続中!】
続ドミニオン!真実隠蔽に必死の大手メディア達、
だが「すべての嘘は暴かれる!」【及川幸久−BREAKING−】

 

 


▼ドミニオン社がクリントン財団に寄付

 

 


▼【Twitter・Facebookユーザー必見】

連邦司法委員会公聴会
なぜTwitterは検閲して言論の自由を封殺するのか?

 

 


▼ザッカーバーグ、ドーシー(Twitter CEO)

アメリカ合衆国上院司法委員会 ヒアリング 

不公正な情報操作について
 

 

 

(余談)

日本のアベスガ強盗団も
「不正選挙」一味だから
「死んだブタ」の仲間だ。

同じ穴のユデブタどもが
急いで「バイデン勝利」の

印象操作に走るわけだ。
「不正」をやってる仲間同士なら

猶更「不正」そのものを隠蔽する。

「死んでもバイデンを支持する」
そんな連中と一緒に
バイデンを歓迎する左派メディアは
関係者から事前に金でも貰ってるのか?

 

日刊ゲンダイやら、リテラやらも

「トランプ引きこもり」だの

「不正選挙はデマ」だのを公然と流布し

「デモクラシー」を標榜する

バイデン翼賛化に貢献している。

 

意見が対立する政権与党の

「安倍の不正」は批判しても

米民主党「バイデンの不正」は全く批判せず、

すでに政権移行後のことを心配して

既成事実化に協力までしている。

 

支持する党派(味方)の不正について
疑惑があれば調査・糾弾する構えで
報道することが全くできないようなら、

死んだ熱湯ブタと一緒に浸かって
ジャーナリストなど、やめてしまえ。

 

今後、なにかを追及したとしても、
信用されなくなるだろう。


皆の知る権利を阻害するかのように
偏向して虚偽の報道を行うメディアは
「公害」でしかないから、潰れてしまえ。


▼バイデン氏の勝利宣言に「法的根拠がない」 

 

 


(おまけ)


▼陰謀論 いったいどっち?【第56回】
 

 


 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

トランプ陣営弁護士「全ての嘘は暴かれる」

  
bandicam 2020-02-29 22-53-33-606 アレンジ16


すべての嘘は暴かれる。

 

▼11月19日 大紀元ニュース
🔷フェイスブック、トランプ支持グループを削除
🔷トランプ陣営弁護士「すべての嘘は暴かれる」

 

 


■シドニー・パウエル(トランプ弁護士)

われわれは複数の州で
選挙結果を覆す準備ができており
また広範な犯罪捜査を開始するのに
十分な証拠も持っている。
私は根拠のないコメントはしない。

投票集計ソフトが
トランプ大統領の数百万の票を
民主党大統領候補の
ジョー・バイデンに移した。

ドミニオン投票システムと
その親会社スマートマティック社や
その他の選挙ソフトは
選挙を不正操作するために
設計されたものであり、
他の国でも同じようなことが
起きているのを見た
・・と
名乗り出た内部告発者がいる。

選挙不正と規則違反に関する
証拠を沢山持っている。

そして、より多くの証拠は
これからも出てくる。

証拠は消防ホースから
流れてくるように
届いている。


■プライベート・ニュース・ネットワーク(16日)

シドニー・パウエルとリン・ウッドは、
「不正投票が山ほどあると約束」と題し、
評論記事を掲載。

「今回の大統領選挙をめぐる虚偽の報道は
人々を絶望させた。人々は選挙結果に
関心を失いかけている」と指摘。

「しかし過去数十年に渡り、
誠実さに定評ある2人の弁護士
リン・ウッド氏とパウエル氏が
選挙不正の証拠があると主張している。
彼らの発言に高い関心を持っている」
と述べた。



▼証人の宣誓供述書を公開
「集計ソフトによる改ざん」

 



▼【遠見快評】サイトル社の噂を全解析
本当に米軍がフランクフルトでサーバーを押収したのか

 



▼ツイッター関連

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚悟しておくんだな。

マスゴミの嘘も暴かれる。

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

トランプ弁護団「複数州で選挙結果をひっくり返す」 ドミニオン疑惑の調査 背後に新たな事実発覚‼️

bandicam 2020-02-29 22-53-33-606 アレンジ14


▼11月18日 大紀元ニュース
🔷米軍、米大統領選データ企業のサーバを独で押収
🔷トランプ弁護団「複数州で選挙結果をひっくり返す」

 




( ̄▽ ̄)ひっくりかえった!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

■トランプ弁護士のリン・ウッド氏(共和党)

ジョージア州を提訴。

州知事と州務長官は、
買収されている。


( ̄▽ ̄)日本で言えば、
ドミニオン(米民主党)=安倍(自民党)=選挙資金提供で買収工作。

河井案里夫婦に選挙買収させたアベスガ強盗団のテグチと同じだ。

安倍は2016年の大統領選前に、ヒラリー(民主党)と会っていた。

大手マスゴミ連中は「ヒラリー圧勝」と予測したが、トランプに敗北。

 

アベ応援団の百田や橋下らエセウヨらが

意味不明にトランプを応援すれば

日本の良識派ぶった野党支持者らは、

「バイデンヨイショ側」へ回る・・というわけだ。

 

4年間、トランプ批判を続けてきた民主贔屓なら、

「不正選挙」の追及など、全くできなくなるわけだよ。

そのまま寝ぼけて口を塞いでいてくれれば

不正隠蔽側にとっては、実に都合が良いのだ。

 

 

頭の悪いエセウヨ応援団やカルト宗教の意図なんざ、

どうだかしらん(どうでもいい)が、

少しは今回の大統領選を「おかしい」と思わぬほうが

余程、頭が「おかしい」ね。

 

「ひとりでも声を上げる!」と、

普段イキって宣言してるような人間が

大手フェイクマスゴミらと一緒になって

声を潜めて不正隠蔽側に回る姿は

まさに「滑稽」。

おかしくて仕方ないワ。

 

▼2020.11.17【大統領選継続中】トランプ弁護団ジョージアを提
訴! ドミニオン疑惑の調査により背後に新たな事実発覚‼️【及
川幸久−BREAKING−】

 

 

 


▼選挙不正のテグチを、米民主党工作員が暴露!

11月17日 大紀元ニュース
🔷米民主党工作員、選挙不正の手法を暴く
🔷12月施行の中国輸出管理法に懸念

 

 


宗教とか左右のイデオロギーとか、

この際、どうでもいいことだ。

それらに関わるわけでもないし。


「選挙の不正」をきちんと捉えて

報道してるか否か、
ちゃんとチェックできればいいわけよ。

 

邪教集団や嘘吐き集団なら、

見てるうちに雰囲気でわかるし、

極端な思想的論説があれば

聞き入れる必要もなし。

 

「不正を追及する姿勢」があるか否か

で判断すればいい。

 

不正に関して疑問を呈し、

声を上げることも全くしないで、

トランプの批判だけは

やけに熱心な連中がいる。

 

「選挙の不正はフェイクニュースだ」と

相変わらず貶して嘲笑してる連中とは

目指す方向も視点も違うわけだから、

なにか、追及側の腰を折りたがるような

くだらない真似だけは、

邪魔すぎるから

しないで貰いたいもんだね。

 

選挙に不正はない、不正はない・・と

一生拝んでればいいさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

米24州で票改竄!内部告発者が証言!史上最大の不正選挙!

bandicam 2020-02-29 22-53-33-606 アレンジ13



2020.11.16【大統領選継続中❗️】続ドミニオン疑惑!
米24州で票改ざん?!内部告発者が証言‼️
(敵の正体が徐々に明らかに…‼️)
【及川幸久−BREAKING−】

 

 



( ̄▽ ̄)サァサァ~!

誰が敵で、誰が味方か!
天下分け目の決戦ダ~イ!

【時代劇風 『虎山の金さん』】

脚本:れんやひめ

●お白洲(米最高裁)

盗人ゴロツキ倍伝ヤクザどもが喚き散らす。
A倍「投票不正だと~? 証拠を見せろ!」 
S倍「そうだ! 証拠を見せろ! 証拠を!」

虎山の金さん(「虎金」)、おもむろに立ち上がる。
虎金「やかましいやい! てめえら!

  シラ~をきるのも、
  いい加減にしやがれッ!
  天知る、地知る、虎が知る~ぅ!
  てめえらの悪事は、全て御見通しだィッ!
  オ~ウ、この虎金さんの票吹雪、
  見事、散らせるものなら、
  散らしてみやがれィ!」

乱闘・・悪党退治で一網打尽。

結果・・虎金さん自ら自信満々に裁く。
虎金「裁きを申し渡す!

  このたびの選挙の投票改竄、

  その不正の証拠は明白でR!

  よって、この虎金が大統領二期目を担うのでR!

  不届き至極な「盗人ゴロツキ倍伝ヤクザ」一同

  国家転覆罪で市中引き回しの上、打ち首、獄門!

  その余は終生、遠島(刑務所行)を申しつける」
 

(字幕)DS悪党、一網打尽!

    世界は救われた。

 

(完)


▼大勝?圧勝?

 


【張陽チャンネル】

今回の不正発覚で、
トランプは民主党上層部にいる人間及び
ワシントンDCの沼地に潜んでいる鰐たちを
一網打尽にし、二期目の政権運営に
予め障害物を綺麗に片付けられた。

もし今回の不正がなければ、
トランプが順調に当選しても、
依然として誰が敵か、
だれが味方なのかは
まだわからないですよ。

そうなると、
二期目の政権運営も見えない敵からの
莫大な抵抗に遭うに違いないですよ。

それなら、
与えられた二期目における大きな使命を
果たすことができなくなるかもしれません。

天道の巧妙な按排に驚嘆せざるを得ないですね。


【遠見快評】トランプ氏 ペンシルバニア州で初勝利:2つの良い点





▼【薇羽 看世界】Scytlサーバー施設を米軍が急襲
 米選挙詐欺の衝撃の「舞台裏」

 

 



▼【薇羽 看世间】主流メディアが報じない米選挙の真実
 

 



▼マスコミへの公聴会
facebook twitter google
 〜10月サプライズ【第44回】

 

 



【余談】

今の日本と米国では
SNS上の言論規正差配の様相が
左と右で逆転している。

 

今の米国は、「左(民主党)」が

裏側で戦争屋に乗っ取られて堕落している。

表向きだけは「エスタブリッシュメント」風情で

「融和」や「団結」を呼びかけているため、

一見、いかにも「善意の組織」であると

騙されてしまう傾向が強い。


 

どこかの支配層が
右側(保守)を乗っ取るためには
彼らの愛国心と国家主義体制
(全体主義)の権威を強化する。

そのために、外敵(国)の脅威を煽る。

日本の「アベエセウヨ翼賛」は戦争屋の操り人形。
米国の「トランプ米国第一」は戦争屋に抵抗する。

右(保守)といっても、性質は真逆。
戦争屋DSの悪質さが理解できないと、
同じ「右」としか判断できないだろう。

同じ共和党でもブッシュのときには
間違った戦争をした。
ブッシュは今、バイデン民主党に肩入れしている。
トランプは、ブッシュとは違う。


日本の場合、
安倍がどうしようもない阿呆だから、
仲良くしていたトランプのことも
また同じ阿呆だと決めつけているが、
これも全く違う。

日本時間の真夜中、
ホワイトハウスのトランプの仕事ぶりや
動画による会見、会議の様子は穏やかで紳士的だ。

「戦争回避」で、各国と和平交渉を進めた実績、
不法移民の人身売買や麻薬ギャング強盗団から

子供たちを救出し、住まいを補償する政策を実行、

人種(黒人)差別なく、米国に奉仕する者を表彰するなど
リアルタイムで、じっくり見たことがない日本人は、

大手マスゴミや、米民主党寄りの誰かの批判的評論で、

トランプに対する「悪の虚像」を勝手に決めつけている。

規則正しく品行方正で
夜は早めにぐっすり寝て
朝は日本の新聞・TVなどで
編集されたトランプ批判情報を
しょっちゅう入れていれば
それらの情報に同調して
知ったふうなクチをきき、

選挙に不正などあるものか、

少なくとも日本はそうだ・・と

頑なに信じてしまっているのだろう。

国対国の戦争暴発をギリギリ防いで来たのは
トランプの決断力があったればこそだ。
イランのアサドまでもが、
「トランプは凄い」と称賛していたほどだ。

同じような真似が
果たして「クチサキだけの批判者」に
できるものかどうか、
自らの胸に聞いてみるがいい。

どこかの「米国通」「リベラル識者」の言説ばかりを
耳に入れ、真の実体を把握せずに批判する行為は
非常に浅はかだし、愚かなことだ。

そういう意味でも、

戦争屋支配層に騙され易いのが
良識を自負する「左派集団」だろう。

選挙は正しい。

不正など無い。

自分は正しい。

今までもそうだし

これからもそうだ。


このような思考停止ともいえる人間たちは、

あからさまな選挙不正があっても

決して認めない性質を「誇り」にしているわけだから、

密かに不正システムを仕込んで騙す側にとっては

格好のターゲットになるだけでなく、

不正を否定してくれる強い味方となる。


左側の民衆を乗っ取るためには
国家主義的な右側(保守)権威を批判させ、
抵抗と反発の民意を醸成すれば簡単だ。

左(民主)であれば、
皆同じような「良識的な」仲間だと

錯覚する傾向があるからだ。

 

左右を乗っ取る邪教集団&戦争屋DSは、
次第に双方が対立するよう
予め、馴染み易い「仲間」を送り込んで
親和させ、支持され易い情報によって洗脳する。

これにより、長い間、

仲間たちの論説で結束すると、
「馴れ合い」や「同調意識」によって、
反対意見や行動が打ち出せなくなる。

「和を乱すまい」として沈黙する性質は、
同志打ちで騒乱する傾向が強い右側よりも
波乱を良しとしない左側のほうが
寧ろ抑制力が強い。

そのため、仲間内に「不正」が生じても
なるべく直視することは避け、
何もないことにして、
問題から逃避する心理へと向かう。

やがて不正を指摘する側を
「不正義で道徳に反する者」と決めつけ、
「デマ」だの「根拠がない」だのと
異様なまでに敵視、卑下、嘲笑し始め、
絶対に「不正を認めない」方針を固めるべく、
多数の無知な民意を扇動して
左右の別なく「言論弾圧(暴力)」
の迫害を行うようになる・・。

悪魔に操られた「敵対的民主主義」ほど
危ういものはない。

排他的になり、過激になれば暴力行為に至る。

左右の双方へ入り込んだ「工作仲間」によって
互いを敵対させながら暴動の自作自演を始め、
「革命」を標榜する暴力的民意を煽り(操り)、
左右双方へ、金と武器を提供して
紛争(戦争)に発展させることで
まんまと利益を得るのが

戦争屋連中の策謀。

 

というのは、これまでの歴史で

何度も繰り返されてきたが、

近年では、トランプの台頭によって

全て「ご破算」として

大規模戦争の根が断たれている。

 

そこで、トランプを失脚させたい連中は

選挙という民主主義の道具を利用し、

コンピューターの票改竄システムや

バックドアからの遠隔操作によって

投票を不正に操作し、

コロナを利用した郵便投票で

大規模な不正行為を実行し、

もはや国家転覆テロに匹敵する

悪質な史上最大の不正選挙によって

「支配」を取り戻そうと計画した。

 

その名のとおり「ドミニオン」による

不正によって。

 

ところが、トランプは全て知ってしまった。

いよいよ、長年にわたる「不正」の元凶

断つときがきた。


 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

「ドミニオン」投票機を介して調査している大規模な不正投票について

bandicam 2020-02-29 22-53-33-606 アレンジ13

米国大統領選の投票改竄

「不正選挙」はデマではない。

#STOP THE STEAL!

盗みをやめろ!

 

 

 

 

 

■トランプ弁護士のシドニー・パウエルの報告

「ドミニオン」投票機を介して調査している
大規模な不正投票について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Gateway Punditは、
ペンシルベニア州の投票結果で見つかった
統計的に不可能なパターンについて最初に報告。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
傾向:CIAはそれ自身の利益のために
ドミニオンを使用した可能性があります。
ジーナ・ハスペルはすぐに解雇されるべきです。

それ以来、ウィスコンシンで同様のパターンを発見し
シバ博士はミシガンで同様のパターンを発見しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

彼らは投票を
リアルタイムで
見ることができます。

彼らは必要に応じて
コンピューター
アルゴリズムを実行して、
投票を裏返したり、
投票を取り除いたり、
投票を変更して
候補者を勝ち取ることができます。

これは大規模な不正投票であり、
少なくとも29の州で
大規模に書かれています。

アルゴリズムと統計は明らかです。
私たちの専門家は、
投票のバッチと
投票がいつ変更されたかを
追跡しています。

私たちがそれを全てまとめて、
宣誓供述書と
前に出て来た専門家と
それを説明することができるとき、

それは
この国の全ての人の心を
吹き飛ばすでしょう。

Em6X6F0UcAI0Jh-.jpg


現在、28州の投票機のサプライヤーであるドミニオン投票システムは、ドナルド・トランプを対象としたミシガン州のある国で何千票もの票が挑戦者のジョー・バイデンに行ったと報じられた後、激しい調査を受けています。当局者は、「グリッチ」は投票機の機械的欠陥とは対照的に、愚かな「人為的ミス」によるものだと指摘した。
 

 

 



■トランプのツイッターから

「ドミニオン」が全国で

270万票のトランプ票を除去

【ペンシルベニア州】
・22万1000票を

 トランプ大統領からバイデンに改竄

・トランプの投票用紙のうち
 94万1000枚が削除された。

・ドミニオンの投票システムを

 使用している州は
 43万5000票を

 トランプからバイデンへ改竄。


■トランプ代理人弁護士ジュリアーニの報告

 

 


「すべての州にあるドミニオンの
投票機を調べなければならない」と話し、
トランプ陣営の弁護団は
各州で訴訟を進めていく方針だ
と強調した。


ジュリアーニ氏によると、
現在、29の州で
ドミニオンの投票機によって
集計作業が行われている。

「ドミニオン社(のシステムと機械)を
絶対に使ってはいけない。
少し調べれば、わかるはずだ。
ドミニオン社は、(電子投票システム会社の)
Smartmaticのソフトウエアを使用している」

という。


ジュリアーニ氏は、
今回Smartmaticが
孫請け企業として米国に再進出したことに
「非常に驚いた」と述べた。

同氏は、米大統領選の投票が
外国に送られる可能性がある
と指摘した。


「民主党は長年、このようにやってきた」
と批判した。
同氏は、州知事が民主党支持の州で、
Smartmaticやドミニオンの投票機や
集計ソフトが使われていることが多い
と指摘した。

 

 

 

▼凶悪な態度を示す民主党左派「BLM」バイデン氏見返りを要求


 

 

 

 

  


実際、米国大統領選の

「不正投票改竄」は、
目に見える醜状を呈している。


バイデンが「民主党」ということで
異様なまでに何かを期待するせいか、
「民主党は不正なんかしない!」
「選挙に不正なんか絶対ない!」
と、いまだに盲信している
日本のリベラル系支持者&メディアは、
尋常な判断や報道精神を

失いつつあるようだ。
 

 

 


今のスガ強盗団一味と

大手翼賛マスゴミ応援団が
「不正三昧のバイデン」を歓迎している。
それに同調すること自体、
リベラル系(ネット)メディアであれば
本来、警戒すべきではないのか?

犯罪隠蔽連中と一緒になって
不正一家のバイデンを応援して
どうするつもりだ?

「リテラ」などは、なにをトチ狂ったのか
「安倍応援団エセウヨ連中の名」を挙げて
「不正選挙なんてデマだ!」と
ヒステリックに喚き散らしている有様・・。

 

記事で垂れ流すだけの無責任な言葉だけで

「デマだ」と決めつけるだけの

根拠はあるのか?


証拠が「デマ」なら宣誓供述書において

逆に訴追されるリスクを負うのだ。

トランプの弁護団も、証拠を確認した上で

更なる調査を重ねて訴訟提起しているのだ。
「選挙に不正」があるのか否かは

米国の最高裁が判断を下す。


ろくに現状も調査しないメディア連中が

能天気に決めるものではない。

「トランプ憎し」のために
現状を把握しようとしないなら、
報道を業とするのは辞めたほうが良い。
感情的になって、現状調査に努めず、

事を矮小化するようでは、

今後、「リベラル」の名のもとに

公平・公正な情報提供など
期待できないし、第一、信用を無くすだけだ。

まずは「民主は嘘をつかない」という
根拠不明の信仰や仲間意識を捨てろ。

現状を正確に把握して
調査・追及して報道することだ。

個人や団体の好き嫌いなど必要ない。

あるのは、合法か、非合法か、

正当か、不当か、それだけだ。


くだらない不平・不満や

陰謀論定義の批判論評は、
全て調査したそのあとで

ナンボでもすればいい。

 

何が起こっているのか

何も見ようとしない人間には

的確な判断など到底できないのだから。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

投票集計システム操作で得票数を改ざんetc・・米国大統領選#不正投票(改竄)

Honeycam 2020-11-14 20-21-15


明治維新の際、岩倉具視によって策謀された「偽の錦御旗」は現代の「バイデン当確(嘘)大統領」に置き換えられている。

 「明治33年生まれ」がバイデンに投票しているという、
あからさまな「不正選挙」を、貴様らは認めるのか。



▼民主党票 生年月日は全て1900年1月1日

 

 



▼投票集計システム操作で得票数を改ざん

 米国左派集団の16の選挙クーデター行為

 

 

 



■「クーデター」の秘密兵器

【ハンマー】
外力で簡単に「パンチカード」を打つための
ソフトウェア



【スコアカード】
オバマ時代にCIAが開発した(秘密兵器)
「選挙投票の結果を変える」ソフトウェア


・バレないよう、ソフトによって生ずる変化
 (修正率)を3%以内に制限して設定

・ランダム(無作為)に選挙区の得票を変更し
 トランプの票をバイデンの票として集計


【ドミニオン(Dominion)集計システム】
全米30州以上で使用されている

・激戦州の全てで使われている

・「スコアカード」とリンクされている

・ミシガン州でトランプへ投じられた
 6000以上の票をバイデンへカウント

・ソフトのメーカーは「スマートマンティクス」社
 会長はマーク・マロハ・ブラウン

・ブラウンはジョージ・ソロスの財団にも勤務

・ソロスはユダヤ人左派の世界的大資産家

・米国全ての極左政治家が

 ソロスから金を貰っている

・民主党ペロシの事務室で

 長年主任を担当している者は

 「スマートマンティクス」社の幹部


・カリフォルニア州上院議員

 フェインスタインの夫が大株主

・米国全域に広がっている投票機は
 全て民主党がコントロールしている




▼11月11日 大紀元ニュース
◆問題の集計ソフト、ペロシ下院議長の顧問が
上級幹部

◆米郵便局員2人が告発「上司が投票の日付改ざん指示」

 

 

 




■郵便投票の不正

・「スコアカード」を使っても
 トランプ票に追いつかないため
 「集計を一時停止」し、
 用意していた大量の郵便投票を搬入。
 その膨大な数の全てがバイデン票。

・共和党の監視者を追い出し、
 民主党側だけで票を数えた。



▼死人が墓から出てきてバイデンに郵便投票・・
 

 


■不正の結果

選挙日の夜、両陣営の結果が逆転。
トランプの圧倒的優位は打ち消された。 
 


【関連動画】


▼投票集計システム操作で得票数を改ざん
 米国左派集団の16の選挙クーデター行為


 

 



▼米郵便公社調査員が告発者を脅迫、
 録音音声が公開

 

 

 



▼司法調査が開始 選挙は急転
 バイデンの夢は砕かれる

 

 




▼既成事実化を急ぐバイデン
 ペンシルバニア州最高判事が
 民主党勢力の急所に鋭い一撃


 

 


【米大統領選:現況】

https://www.theepochtimes.com/election-2020


 

▼ツイッターまとめ

 

 

 

 

 

 

レポート:

ドミニオンは全国で270万票の

トランプ票を削除しました。

データ分析によると、

221,000票のペンシルベニア州の票が

トランプ大統領からバイデンに切り替わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

選挙の「不正」を報じないメディアは腐っている

米国大統領選「不正選挙」

 

▼米国「不正選挙」の実体を伝える希少なネットメディア

 

【不正一覧】


①重複登録による投票
 

②死者による投票

③捨てられたトランプ氏の票

④無資格者による投票

⑤選挙スタッフが、わざと
 マーカーの使用を強要し、
 票を無効にさせる作戦

⑥選挙スタッフによる
 トランプ票の一括投機や
 バイデン一括投票

⑦中国「順豊エクスプレス」で
 送られてくる「偽」投票用紙

⑧郵便受けからの投票用紙盗難

⑨郵便局長による期限切れ用紙への
 消印日付改竄指示

⑩共和党観察員の入場監督の拒否

⑪人に見られないよう
 窓ガラスを板で覆った
 集計所での集計作業

⑫集計ソフトウェアの誤作動により
 トランプ氏に投じられた票を
 バイデン氏にカウント

⑬投票用紙改竄と代理投票

⑭入力ミス

⑮集計作業の一時停止および遅延

⑯「軍人投票」の集計拒否

⑰真夜中の「幽霊票」による
 得票曲線の垂直上昇

 

El_SnxpW0AMkr9O.jpgEmJdEBsVMAI7kFg.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

Emex9UiU4AAVQRP.jpg

 

  

 

 

 

【ペンシルベニア州】 

35,000票近くの投票用紙が
郵送された日と同じ日に
何故か返信受理され、

23,000票が
郵送日よりも早く
返信受理されており、

9,000票は返信受理の日付なし。

https://www.theepochtimes.com/pennsylvania-100000-ballots-with-implausible-return-dates_3572942.html


 

 

 

 

 


【ウィスコンシン州&ミシガン州】

明け方の僅か1時間の間に
謎の12万票がバイデン側に追加
ウィスコンシン州で200%の投票率が得られたか、
突然人口が600万人増えた計算に
ミシガン州でもでも同様の現象

〜ネットの反応
「グラフの曲線が直角に上がっとるwww」
「投票率200% www」
https://anonymous-post.mobi/archives/4639



bandicam 2020-11-11 03-35-13-664

 

 


「ミシガン州の1つの郡だけで60票1束の署名が全て同じ筆跡で行われ、また何度も集計に掛けられた50票の束があり、“死者”の投票もあります。 立会人が脅されたり、共和党監視員が邪魔されたという234頁に亘る宣誓供述書もあります」とマケナニー報道官。 法廷闘争は始まっている。
 https://twitter.com/kayleighmcenany
 

 

 

 


( ̄▽ ̄)何度も集計に掛けられた50票の束・・
同じ筆跡の束・・
日本でも同じような「不正」はあったはずだが、
それを叫ぶ者は「陰謀論者」とされてきた。
「ムサシ陰謀論者はブロックゥ~!」とかでね。

今回、トランプの「不正投票」暴露を
日本の左右マスゴミは一斉に無視し、
ひたすらトランプを迫害している。

そして、そんなTVや新聞の情報を鵜呑みにし、
それこそ「なんの根拠もなしに」
不正選挙は「デマだ!」と否定している。

その上で、
「バイデンが勝利を確実にした」
「バイデンが勝利を確実にした」
「バイデンが勝利を確実にした」
・・と、まるで念仏のように唱えている。

( ̄▽ ̄)まだ結果が出てもいないのに・・ね。

何故かアベスガ政権擁護マスゴミ偽報と一緒になって
「バイデン勝利が確実になった」と思い込んでいる
いわゆる「エリート左翼メディア関連の著名人たち」。

なにが良識派のリベラル・メディアだ。

今、現に発生している「不正」も直視せず

なにが「ファクトチェック」だ。


「民主」であれば日米皆兄弟か?
統一教会(家庭連合)カルトと同じ旗を掲げて
お仲間の「不正」には亀の子のように目をつむる。

普段は政権批判のジャーナリストまで
「デモクラシー」の名のもとに
同胞「民主」側の「不正」に関して
全く取り上げず、
糾弾する気配は微塵もない。
逆にトランプ側を嘲笑する始末だ。

 

しかし、能天気でいられるのも

時間の問題。

 

 

 


「数々の証拠」が出てきても
報道しないリベラル系メディア。

トランプを嫌うあまり

「報道したくない」・・という気配さえする。

立場が変われば、やってることは
どこまでも「不正」を認めず
逆に隠蔽工作に加担して
不正追及側を異様なほど敵視する、
底意地の悪いアベスガエセウヨらと
全く同じ様相だ。

「みっともない」のはトランプではなく
「仲間」の不正を庇って無視する姿勢と
思考停止で「みんな仲良くしよう」の
そのオツムだよ。

 

 

目に見える「不正」の追及に
左右のイデオロギーも、感情論も
仲間意識も、へったくれもないだろう。

まずは、「選挙に不正は絶対ない」という
先入観を捨てることだな。

疑いあるものを調査して報道しない連中は
ジャーナリズムの看板を外したほうがいい。

 

 

 

 

 


https://www.theepochtimes.com/election-2020

2020.11.11 AM10:30

bandicam 2020-11-12 03-28-44-173



誰でも、最近の大統領投票がなぜ私に関してはそれほど不正確だったか尋ねています。

彼らがFAKEであるので、…https://t.co/bZd76X4oqE

2020年11月12日08:48

 

 

bandicam 2020-11-05 23-42-36-736

 

 


【小林麻耶「グッとラック!」降板へ「昨日午前中に突然言い渡されました」】

 

 


関連記事

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

(∩´∀`)∩バイデンの「不正票」が確実になった・・とは言えない、マスゴミ。

(∩´∀`)∩バイデンの「不正票」が

確実になった・・とは言えない、

毎度の「不正隠蔽」マスゴミ。

 

 

 

 

「民主主義」を称賛しながら、
「嘘」で洗脳する大手マスゴミ。
まだ決まってもいないのに
「確実になった!」と流布しまくっている。

 

嘘も百回言えば本当になる・・
とでも思っているとすれば
大間違いだね。

 

トランプ側は、既に圧倒的な「不正」の証拠を

掴んでいる。


bandicam 2020-11-10 20-36-39-415

 


【大統領選の経過】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターでも
#マスゴミの実体がトレンド入りした。

正当な選挙で勝ったのであれば、
何故、それを精査することを否定する?
事実経過を報道することを妨害する?

「不正」の正体を暴かれることが
怖いからだろう?

マスゴミが「勝った!勝った!」と
「既成事実化」することで
大衆を洗脳し、不正を隠蔽する。

いつものテグチだ。

 

 

https://youtu.be/7G1igvisD0w

 

 

 

 

 


「選挙の不正などあり得ない」

と鼻で笑いながら、悪政に跪き、

日々を不平不満でお茶を濁しながら

その固定観念に満ちた思考を業とし、

結果的に不正収奪側から金銭を得て

生計を立てていれば、

脳味噌が麻痺しきってしまうはずだ。

 

仮に「不正」があろうとも、

己に降りかかる災難でなければ

一向に見向きもしない。

 

今の悪政の根幹が「不正な選挙」で

牛耳られていることすら微塵も疑わず、

目の前の理不尽な権力の不法行為に

翻弄させられ、「看過できない!」と

責め立てることだけは尽くしても、

結局、追い詰められずに

現状悪を受け入れている。

 

 

寧ろ、「不正(悪)と共存する平和」を乱す者は

憎むべし・・消え去るべし・・

と、左右の別なく

大勢で迫害しにかかるという

「悪魔の民主主義」が、チラついて見える。

 

しかし、残念なことに

「綺麗事の民主主義」の裏側では
既に、おびただしい「不正の証拠」が
目に見える形で上がってきているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

これを直視できない者は、

既に、たっぷりと

「選挙性善説の民主主義」※

(※民の性善説を頑なに信じ、

 不正がないという大前提のもと

 全ての票を数えた結果が

 民主主義であり、民意である。)

に染まっているため、

真に不正と闘うことはできないし、

「完全な黒」であっても

「グレー」としか見ることができない。

 

まさに「眠死ュ主義」の世界だ。

 

実際、バイデンのために

ワンサカ墓から出て来て

郵便投票しているという

リアルなホラー投票が多数発覚。

 

 

この事実さえ、

おかしいとも

不正とも思わないのだから

眠ってるどころか

目や耳や脳ミソが

腐って死んでるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


選挙の投票が

合法(トランプ)であるものと、

非合法(バイデン)であるものとが

最高裁によって裁かれるまで

米国時期大統領は決まらない。

 

何故か「不正隠蔽マスゴミ」らと一緒になって

既にバイデンが勝ったもと確信する

リベラル系著名人やジャーナリストなど、

この数日間で如実に判別された。

 

 

 

 

 

 

「不正」の内容を

簡単に言ってやろう。

バイデン民主党は

「票を改竄した」のだよ。

テロレベルの国家的犯罪だ。

 

 

( ̄▽ ̄)あからさまな不正に目を閉ざし、

報道もせず逃げる様子は、

右も左も全く同じで

驚いたよ。

 

結果も定まらないのに祝福する

その様子は、

やがて醜態に変わることを

覚悟しておいたほうが良いぞ。

 

 


 

関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(68)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR