fc2ブログ

心に残る名曲の「アレンジ」いろいろ

  • 2023-02-18 : ★J♪ : 編集✍
  • NEW !
    テーマ:

    世間では暗い話題が多いので、息抜きに、Youtubeで昔のヒット曲などを検索して聴いたりしてますが、以前から、あの曲とあの曲、部分的に同じメロディだなあと、改めて聴き比べ(同時に再生し)てみると、多少アレンジの違いはあるものの、メロディは概ねほぼ一致。面白いので、いくつかチョイスしてまとめてみました。




    ●その1

    ▼雅夢/愛はかげろう

     

     

     

     


    (このサビ部分)

    『愛はかげろう 束の間の命 激しいまでに
    燃やし続けて』



    ▼冬のソナタ

     

    https://youtu.be/eMEAzgdUelQ

    (このサビ部分:韓国語=聞こえたなり)

    『ネ~ガ~ボゴシプッテマダナン
    ナ~ル~ ウ~ロボリゲマドニカ~
    オヌゴタナドナ~エトゥッテノン
    ノハンス~、オッケ マ~ドヌゴ~』



    もともと日本のヒット曲だったものが、後年アレンジされ、韓国ドラマの主題歌に。




    ●その2

    ▼竹内まりや 駅

     

    https://youtu.be/uiLCPFFDvdg


    竹内まりやさんは、自身で作詞作曲した楽曲を他者へ提供したり、自身で歌唱していたりするので、こちらが完全本家。

    ライブの声とレコード盤の声が全く違わない。本物のアーティストであり黒子にもなれる天才気質。彼女が韓国の音楽関係者へ曲を提供したのかどうかは不明。



    ▼春のワルツ

     

    https://youtu.be/ibw_Hevvrgk


    ↑こちらは本家の「駅」のサビどころか、フルで「装飾を変えた同じ設計図の家屋の導線」といった感じ。ちょっと聴いただけなら、言葉の違いや音階の相違で「別の曲」の様相。

    年代的に、

    先発の日本。

    後発の韓国。

     

    良く言えば「日本の楽曲をお手本にした」

    悪く言えば「真似(パクリ)して変えた」

    この曲の本家メロディが素晴らしいため、韓国版として、例えるなら門構えや外装としてのオケがアレンジされていても、良い曲はやっぱり良い曲だな~という感じで、特に悪い気はしなかった。

    とはいえ、この主題歌の韓国ドラマは、なにか奇妙で変な展開だった(把握不能)。

    歌っている役者(ソ・ドヨン)は、なんとなく若いころの「上祐史浩(じょうゆう ふみひろ)」に似ていた。もとオウム信者で広報役だった上祐だが、現在は『日本の宗教家』という肩書で、統一教会を批判していたりする。

     

     

     

    時代は流れ、人の心も移ろいゆく。

    それでも、心に残る名曲は色あせない。

    良いメロディには国境も偏見もなく、
    言葉の違いさえ受け入れてしまう器の大きさがあるようだ。





    ●おまけ1(部分メロ完全一致系)

    言わずと知れた、どちらも日本のアニメの主題歌やTVドラマ(時代劇)の挿入歌



    ▼巨人の星

     

    https://youtu.be/btfA9kankQ4

    画像▼『新:巨人の星』(トムス動画)から


    bandicam 2021-02-24 20-13-57-679



    ▼燃えよ剣(土方歳三:栗塚 旭 主演) 挿入歌『燃えよとって わが命』

     

    https://youtu.be/tViy1sWEUQM


    やっぱり土方歳三役は「栗ちゃま」がダントツ!
    誰が演じても栗ちゃまには勝てないのだ!!
    ・・というのは(個人的趣向だから)置いといて、

    どちらも渡辺岳夫さんの作曲なので、これは完全使いまわしでもOK。アニメやドラマの挿入歌など、シーンを盛り上げるBGM効果で印象的なメロディを多用。戦後昭和時代の爆発的ヒット&流行作品の魁を先導したと言っても過言ではなく、令和時代に至るも強烈な印象を放つレジェンド作品と楽曲であることに文句のつけようはない(メロが全く同じでも)。


    『きょじ~んの ほ~し~を つかあむ~まで~』

    と、

    燃えよ剣の挿入歌『燃えよ わが命』
    (上の動画44:30~)

    『ますら~お たあ~ち~の おたあ~け~びがあ~』

    というのが同じメロディなので、
    歌うと途中から歌詞がゴチャ混ぜになったりする・・。



    ●おまけ2(サビメロ完全一致系)

    ▼キャッツ💖アイ(杏里)

     

    https://youtu.be/pQ173ZbFpfY



    ▼あなたと熱帯(本田 美奈子)

     

    https://youtu.be/apBcGZNbFOI


    ( 一一)揃いも揃ってセクスィ系・・。

    『み~つめてキャッツアイ』
    『あ~なたとネッタイ!!』


    ・透き通る美声の持ち主である杏里さんは、今でも現役。
    ・本田美奈子さんは、すでに白血病で他界されてるので、あの歌唱力が惜しまれるばかり。

    アーティスト自身の威力と魅力、そして演出で「別モノ」に・・。


    部分的とはいえ、完全一致する音階を使って曲を仕上げている。

    たまたまサビのメロディが似ちゃったんだよね~というより、承知の上での、どえらい使いまわしという様相・・。


    プロのアレンジャーや歌い手によって、
    独創的な作品としてヒットに貢献。

    とはいえ、アレンジすれば違う曲になるんだから、いいじゃんいいじゃん・・というものでもないように思う。けど、ま、過ぎ去りし流行りものだから、今更どうということでもないか。



    楽曲以外のパクリといえば、

    最近よくある「これでバズれる」といった教育系Youtuberあたりがアドバイスする定番の


    「人気のあるものを真似しろ」


    不特定多数の関心を集めるためのテクニックではあるが、

    これがオリジナリティを発揮させなくしてる要素でもある。

     

    才能あふれるアーティストであれば、同じ衣装を与えられたとしても、全く違う着こなしにアレンジして、もとが同じ既製品であることさえ感じさせない、独特の「魅せる」パワーがある。

     

    けれども、素人で魅せる能力のない個々人が、真似してどうすんだ・・という疑問が湧く。

    絵描きクリエイターなども「他者の作品の真似を推奨」してるせいか、似たような「流行りの絵」を最近よく見かけるので、ちょっとうんざりしてしまう。

     

    結局、アドバイス先のところへ視聴が落ち着く・・というふうな心理誘導になる。

     

    絵などは、たとえヘタでも、本当に自由な線と色で個人のオリジナリティを出せるので、他人が真似しようとしても不可能な作品を生み出せる。音に関しても同じだろう。

    世間的には、ただのヘタな絵をひとつくらい鑑賞するだけなら許容できるが、似たような傾向の、ヘタな「金太郎あめ」がワンサカ出てきたら、嫌気がさしてスルーするだけ。せいぜい内輪(オタク同士)で楽しんでるだけ。今のTV番組がソレだ。
     

     



    キムタク(ジャニーズ)側の、草薙ドラマつぶしはまた別として、

     

    真似を推奨することで、抜きん出ようとする他者の存在をけん制し、未知数の可能性を早々に潰そうとする(先導役)をしてるに等しい。


    親身なフリを装って、

    「それでもダメなら個人指導(有料)!」

    というふうな仕組みを設けているYoutuberも多い。

    実際、どれくらいの人がひっかかってるのかは知らない。



    (まとめ)


    結局のところ、他人の猿真似で関心を得たところで、所詮、長続きするわけもなく、似たようなものの中に埋没するだけ。そのうち自身のオリジナリティそのものについて、本人でさえわからなくなり、心が折れるという末路へ・・。得をするのは誰なのか自明の理。


    ただでさえ、AI(人工知能)が文章・描画・作曲・音声・動画や本のシナリオ構成に至るまで、ほぼ自動で作成し、容易に人間の能力を凌駕しつつある昨今。

    これからは人間としての強烈な個性と独創性がなければ生き残っていけない時代。至極近い将来、「ありふれた普通の人間の真似」などは、AIやロボットに取って代わられてしまうことは確実。



    ( 一一)だからこそ、他人の猿真似なんゾ、まっぴらごめんだい!

    ・・という意気込みが肝心。



    上の動画『燃えよ剣』(結束信二脚本)の歳三のセリフのように、

    「なあに、私は私の流儀でいくさ」


    と、まあ、これに限るわけです。

     

    スポンサーサイト



    関連記事

    テーマ : 懐かしい歌謡曲
    ジャンル : 音楽

    気象操作と幼稚な情報操作。降雪10㎝前後で「大雪だ!」と空襲警報並みに騒ぐ過保護なマスゴミ。

    NEW !

    ( ̄▽ ̄)天気予報は軍事情報。1980年代半ば頃には、「人工地震」について盛んに新聞記事でも取り上げていた。それが米軍の箝口令で秘匿され、90年代以降は公的にメディア情報が出なくなった。95年にはWindowコンピューターシステムが市販化され、ネット上で「気象操作に関する内容」が軍の関係者や気象予報士などから告発され始めた。2000年代になると「気象操作は世界の軍事常識」という認識がネット民の間で常識に。昔は「陰謀論」と片付けられていたが、最近ではケムトレイル(動かぬ雲=線状降水帯)なども「あからさま(異常)」に気象用語化されている。



    軍用機からバラ撒かれるバリウムやアルミニウムやトリチウムといった放射性物質の噴霧装置が内部に搭載されていることまで暴露されている。それが人為的な気象操作であることなど、気象予報士の知るところではないから、たとえば例外的に台風が逆走しても「説明不能」になるばかり。海の中では潜水艦のレーダーで台風の進路や航行を操作している。大抵その影響を受け、クジラや魚の大量死だけでなく、深海魚までもが死んで浮かんでいる。



    「(軍事)気象操作」は以前から分かっていたが、最近は更に「あからさま」にやってるのがわかる。「キチガイ幼児に刃物」とでもいった傾向にある。少し前、マスゴミ連中は「10年に一度の最強寒波!」などと宣伝し、こぞって「最強の気象操作であることを賛美」していたが、もし自然現象であれば、今後も「更なる寒波があるかもしれない」という可能性を考慮し、「○年に一度」などという表現はできないし、しないものだ。それだけ幼稚であるだけでなく、「見え透いた阿呆」という証左でしかない。

     

    「最強寒波」の宣伝時には冷却しすぎて雪も殆ど降らなかった。成人式やセンター試験の日に「雪を降らせる」のは毎度のことらしく、今度は「建国記念日」に向けて雪を降らせる計画でも立てたのだろう。日本人に対する「いやがらせ」をやってるような悪趣味的気象操作。米軍と一体化した自衛隊の一部もそれに貢献してるのだろう。



    幼稚といえば、中国あたりの「偵察気球」とやらをミサイルで撃墜するという、阿呆すぎる自作自演も、同じような低脳連中がやってるはずだ。もし、気球になんらかの偵察(監視)装置が搭載されているとすれば、レーザー銃などで気球に僅かに穴をあけ、空気を抜いてしまえば、あとは落下するばかり。それを空中で回収すれば、非破壊で搭載装置を検証することができる。わざわざ「気球如きをミサイルで爆破する」こと自体、「本物の敵に対する処置」でもないし、派手な「敵対的行為」の宣伝でしかないことが、あからさまにわかるというもの。



    「米軍がミサイルで中国の偵察気球を爆撃した」だけでは足りないらしく、「広域(暴力団と警察絡みの)強盗詐欺容疑者の引き渡し」について異様なほど継続的に報道することで、本来、国民が知るべき法の改悪(高齢者の保険料値上げ、保険証廃止&マイナカード不所持者の罰金措置)や、重大な海外の暴露情報に目を向けさせないようにし、いたずらに狭い世界の「恐怖心」と「対立心」ばかりを煽る洗脳工作をしている。

    犬HKなどはその筆頭でしかないから、特に夜7時の時間帯は見ないほうがいい。あれは既に日本人のニュースではない。



    トルコで震度7レベルの地震があったが、震源の深さは僅か10キロ程度。もろに人工地震だ。トルコといえば、ウクライナとロシアの停戦を仲介する立場にあったから、そこで災害を発生させれば、国内のことで手一杯。とても他国紛争の停戦交渉などする余地はなくなる。仕掛けたのは、9.11や3.11の災害のときと、ほぼ同じ連中だろう。

     

    20180620085042088_2023021023203303a.jpg

     

     

     

    関連記事

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    プロフィール

    恋夜姫

    Author:恋夜姫
    恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

    カレンダー
    01 | 2023/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    最新記事
    シンプルアーカイブ
    書庫~Category Bar Graph
    FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

    ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

    ブログの「お知らせ」(21)

    恋夜姫のアメブロ(1)

    「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

    ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

    TOPテーマ(7)

    トシの はじめ(1)

    主題歌 『新選組血風録』(1)

    燃える命 『新撰組血風録』(1)

    惜別 『新選組血風録』(1)

    時事動画(148)

    知っておくべきこと(233)

    土方歳三(真相追及)(15)

    2D(土方歳三)動画(7)

    土方歳三3D(試作2)(6)

    土方歳三3D(試作1)(3)

    デジタル・トーク動画(18)

    デジタル・ソング動画(3)

    ツバメのヒナ(2017年)(4)

    ツバメちゃん(2018年)(2)

    ツバメちゃん(2019年)(2)

    栗塚 旭(栗ちゃま)❤(68)

    島田順司(沖田総司)(36)

    新選組血風録(77)

    燃えよ剣(43)

    俺は用心棒(36)

    風の新十郎(47)

    栗塚武蔵(35)

    帰ってきた用心棒(39)

    怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

    T 新選組~モユヒジカタ(39)

    暴れん坊の朝右衛門(26)

    スポーツ&遊ぶもん(44)

    浅田真央(17)

    羽生 結弦(16)

    漫画アニメ(29)

    ★J♪(11)

    3.11 追悼の歌(自作)(1)

    外部参照(2019年)(30)

    外部参照(2018年)(329)

    外部参照(2017年)(534)

    外部参照(2016年)(82)

    外部参照(2015年)(45)

    外部参照(2014年)(8)

    原発事故関連(180)

    デモクラTVネット放送(14)

    恋夜姫のFC2ブログ(3)

    ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

    3D 土方歳三 (10)

    ツバメの撮影(2020年)(0)

    3D 土方歳三 (試作3)(2)

    ツバメちゃん(2020年)(0)

    ツバメちゃん(2021年)(0)

    アニメ(0)

    ツバメの撮影(2022年)(0)

    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR