fc2ブログ

水野議員の審議ブチ切れ机バンバン!オラオラ攻撃で大臣らの存立危機事態

日本国民と憲法の存立危機事態を招いている
張本人こそ、安倍政府だ。


▼水野賢一:参議院無所属議員(2:21~)

「日本の存立危機の認定なんですから、
この、武力の行使じゃなくて、
存立危機かどうかの認定なんですからね、
これェ、他国の要請の有無は、
この際、関係ないんじゃないですか?
逆に言えば、逆の言い方をすりゃあ、

『存立危機』というべき状態に至ってるにも拘わらず、

他国からの要請がないと、認定さえできない・

というのは、これは普通に常識で考えて、
おかしいというふうに思いませんか?」

 
▼中谷
「はい、ま、あのォ、存立危機事態の認定というのは、
あ~、対処基本方針の決定によって行うことになりますが、
その対処基本方針におきまして、え、事態の前提となる
事実を記載し、防衛出動などの対処措置について定めると、
ま、いうことになります。これはあの、閣議決定に至ります。
ま、従いまして、存立危機事態の認定と、
お~、対処基本方針、また、防衛出動が関係ないと、
ま、いうことはございませんで、
ま、存立危機事態の認定をするためには、
え、武力攻撃を受けた国の要請、または同意が必要であると、
ま、いう説明をしているところでございます」

 
委員長「水野君」

 
▼水野
「いや、だからァ、あの、答弁自体は、納得するかどうかは
別として、言ってる意味は分かるようになりましたよ。

だけれども、これ、存立危機なのにィ、
『他国の要請がなければ認定できない』・・・

そういう存立危機というのは、
そもそも概念そのものが、自己矛盾なんじゃないですか?

これは壮大な論理矛盾の上に、私、この、
存立危機事態だという、
この概念が出来上がってるんだというふうに思いますけど、

じゃあ、法文のほうで伺います。
法文でですねえ、配布した資料の2に・・2ですけれども、
2のところに、そのォ、『存立危機事態』について、
いわゆる事態対処法の改正案の条文
書いたわけですけれども、

まあ、この、定義を見てもですねェ、もしくは、
え~、いわゆる『新三要件』というのを見ても、
その認定に、『他国の要請が必要』っていうのは、
どこにも書いてないと思うんですけど、
一体どこに書いてあるんでしょうか?」
 

委員長「中谷ダイジ~ン」

 
▼中谷
「はい、あのォ、この条文のとおりでありまして、
あの、武力攻撃を受けた国の要請と同意については、
存立危機事態の定義、
え~、そのものには含まれておりませんが、
ま、その上で我が国が、
あ~、集団的自衛権を行使するに際して、
武力攻撃を受けた国の要請・同意、
これが存在しないにも拘らず、
え~、対処基本方針を定めることは、
あ~、ございません。
ま、即ち、我が国が集団的自衛権を行使するに際して、
存立危機事態を認定するためには、
ア、武力攻撃を受けた国の要請または、
ア、同意が必要になるわけで、
え、ございまして、
ま、このォ、存立危機事態の認定というのは、
あの、政府で、
え~、この~、対処基本方針を作りまして、
え~、それで、閣議決定を行うと、
まあ、いう時点で、私は『認定』と、
いうふうに理解しております」

 
委員長「水野君」

 
▼水野
「『法文には書いてない』・・ということで、いいですね?」

 
委員長「中谷大臣」

 
▼中谷
「はい、あ~、この点につきましては、
あのォ、存立・・
ゥ~、危機事態の、
ォ~、定義、あのこれは、
あのォ、法案で、書いたとおりでございますが、
あのォ、同じ、
ィ~、ようにですね、88条の2・・に、おきまして、
え~、国際、
え~、法規・・に、従うと、
ま、いうことで、ございますので、
え~、当然のことながら、
あ~、集団的自衛権の場合には、
あ~、この、該当国からの要請・同意、
これが必要だということでございます」

 
委員長「水野君」

 
▼水野
「いや、あの、国際法規を守るのは当たり前なんですよね。
当たり前なんだけれども、それは今仰ったのは、
自衛隊法88条の話ですよね。
これは自衛隊を出して武力行使をするときの話・・
じゃないですか? 存立危機を、認定・・
『存立危機なんだ』というふうに認定をするときには、
これは日本国内の話なんだからァ、
これ、国際法規は、直接は関係ないわけで・・、

じゃあ、じゃあ、国際法規について伺います。
要請のないままに、要請・・
他国からの要請・同意のないままに
存立危機事態だと認定したら、国際法の、
いったいどこに違反するんですか?
具体的に答えてください」
 

委員長「中谷大臣」・・
 
(岸田が手を挙げる)
 
委員長「岸田外務大臣」
 
 
▼岸田
「はい、え~と、国際法上、
え、集団的自衛権の要件としましては、
え~、『武力攻撃を受けた国からの要請・同意』、
え~、そして、
え~、『単に手段がない』という必要性、
え~、そして『必要最小限』という均衡性、
え、この三つが、
え~、要件とされています。
この『三つの要件』が、
国際法上求められているわけですので、
その、一番目の要件を欠くことになりますので、
集団的自衛権として、
え~、この、
え、武力行使を正当化することができなくなってしまう・・、
このように考えます」
 

委員長「水野君」

 
▼水野
「今、岸田大臣が答えたのは、武力行使をして
集団的自衛権を日本が発動するときには、
そういう要件が必要だということを言ってるんですね。
それは分かってるんですよ。私は中谷大臣にさっきから
聞いてるのは、存立危機事態を日本独自で認定しちゃったら、
国際法のどこに違反するんですか?・・ってことを、
防衛大臣、お答えください」

 
委員長「中谷ダイジ~ン」

 
▼中谷
「はい、ま、これは、あの、憲法上・・で、ございまして、
まァ、我が国が、武力行使、これを行い得るのは、
あくまでも、あの、『新三要件』、
え、これを満たす場合に、限られるわけでございます。
で、これは、あのォ、
オ~、存立危機事態、
オ、の、定義・・によりまして、
え~、それで、武力行使を行う、
ウ~、ためには、あのォ、あくまでも『新三要件』、
これを満たす場合に、限られますが、
実際に、存立危機事態において、我が国が、
ア~、武力の行使を行うこととなった場合には、
国際法上の根拠、これが、
あ~、集団的自衛権の行使となるのか、
まあ、そういった、
あ~、点でですね、
え~、最終的に、
あの、認定・・する・・場合には、
あのォ、政府でですね、閣議決定を行うわけでございまして、
まあ、その際、
え、対処基本方針を作成する際に、なにゆえに存立危機事態、
え~、を、
オ~、が、必要なのかという理由・・を、
書くわけでございますが、
ま、その際に、
え~、該当国からの要請・同意、
え~、これは、
あ~、書くと、いうことは、あの、必要なことでございます」

 
委員長「水野ク~ン」

 
▼水野
「ダァメだ・・」

 中断・・ヤジもろもろ…

(~8:38迄
 
(*´Д`)~…コレだ…。
 
水野議員の‟ブチ切れ机バンバン!オラオラ攻撃…は、
このあと…。お暇な~ら~♪見てよネッと♪



(▼中断が長く続くので、以下へ概略のみ記載)

安全保障法制担当の磯崎首相補佐官は、
国会への法案提出後の20156月、

『存立危機事態の認定には、他国からの要請が必要ですか?』
というツイッター上の質問に対し、


『認定の条件じゃないけど、国際法上、
 自衛権行使の時には必要だ』と言っていた。
 

水野「中谷大臣の答弁とは明らかに違う!矛盾してる!」
 
中谷「特段、矛盾するものではないと考えます」
 

 
(*´Д`)…所詮、憲法違反の法案。既に破綻している。


安保法制の破綻審議は、
切れ目のない駄犬らの意味不明な
ヨダレ答弁がダラダラと続き、
日程が消化されても、審議が尽くされることはない。

こんな違憲法案審議は、いくらやっても
政府側の虚偽答弁と法的不整合しか見えてこない。

 
政府が掲げる武力行使を正当化する新三要件の
『存立危機事態』というのも、
「日本国民の存立危機事態」という意味合いというより

「日本国内の米軍の存立危機」を指すようであり、

しかも、日本国内の存立危機事態でありながら、
集団的自衛権行使の『認定』要件としては、
『武力攻撃を受けた米軍の要請と同意が必要』だとする一方、
そんな認定は法文に書かれてない…という磯崎首相補佐官の
言説もあり、大臣らの答弁はとにかく矛盾しまくっている。


とにかく米国サマのために、指示されるがまま
日本の法規定を強引に捻じ曲げようとするから、
ボロがでまくって右往左往する。

厚顔無恥な政府の連中の認識はザッとこうだ。
 
黒を白と言い張る。
悪を善と言い張る。
戦争を平和と言い張る。
違憲を合憲と言い張る。
不義を正義と言い張る。
他衛を自衛と言い張る。
殺戮を防衛と言い張る。
侵略を解放と言い張る。
原発は安全と言い張る。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

> sho*ha*ng*5さま、恋夜は7年前からブログはじめてますが、当時から1500字でリミットでした。

時代劇を視聴したあとに
思い出しながら内容を書き記す作業に使ってました。

今はブログ全体にストックできる画像の容量制限が拡大したようですが、記事面での文字数制限は、以前と同じ1500字のままかもしれません。

No title

ホンマやなあ。
九つまちがいない。
防衛問題だけで、こんだけ出る!
あとの例えば、少子化に反する欺瞞政策、
福祉政策、、、
いろんな事項で、詐欺してる。
ここまで、国民をバカにするか!
なんで、こんな奴等を国会に送った!
我々も反省しなければいかん!

No title

ヤフーブログをボクが始めた8年前は次数制限がありました。
ひょっとしてまだ字数制限があって、ひっかかっているのでは??

2回に分けて投稿して確認してみたらどうでしょう。

No title

やっぱりまだ文末のところの文がフルでアップされずに
チョン切れる。

No title

原発はやめ、廃炉事業を推進する。

まだまだいろいろありますね。

今の政治ではできっこないことばかりです。

No title

そして、政治家の世襲を禁じる。

政権交代時に、霞が関の役人を総入れ替えする。

天下りもワタリも禁止する法律を作り、
罰則を設ける。

メディアと政権の癒着を禁じて
罰則を設ける。

秘密保全内容は5年で公開できるよう義務付ける。

No title

そして、安倍が憲法改正の発議をするならば、
国民投票によって改憲を決定的に阻止し、
戦争法は、改めて破棄する。

そして、内閣によって憲法解釈を変えることがないよう
憲法裁判所を正式に設置する。
必要以上に、米国から内政干渉されないための国内法をつくる。

日米地位協定は破棄する。

No title

> おじたりあんさま、いつも拝見してくださいまして、しかもコメントもくださいまして、ありがとうございます(^^)/。

「廃案にする方法」は、野党が審議放棄して内閣不信任決議案を連発して提出するとか、問責決議とか証人喚問とかを複数回提案するとかで法案審議不十分で会期末まで採決不能にし、60日ルールの採用も内閣不信任の趣旨説明で野党が延々と時間を使って審議日程オーバーに持ち込むという荒業もあるそうですが、それをやると大ヒンシュクなので現実的ではないですね。

数の上で廃案にはできません。

そうなると、法案成立後の全国的な裁判提起で、
最高裁の判断を仰ぎ、戦争法案は「違憲」で「無効」という判決を政府に突き付け、法的効力を削いで骨抜きにし、それと同時期に
参議院選挙で自民・公明の候補を根こそぎ落選させ、
国会を「ねじれ状態」にすれば、
選挙による大敗北とアベノミクスの完全なる失敗の表面化と所費税増税が重なることにより、
財界からも敬遠され、安倍内閣の支持率は風前の灯となり、弱り切った心身両面から安倍を追い詰めて、退陣まで持ち込む。

No title

違憲法案を阻止する方法はないのか・・・?、
いつも考えながらブログ拝見している~田舎の爺です。

No title

中谷の答弁、「アノアノエ~」で、酷いです。

No title

なんかウラで監視していることは間違い「ナイ」…でした。(*´Д`)。

引用枠は不具合が多いです。

固定されて、引用枠の下に改行をもうけてないと
枠の下に文字を打ち込めなくなる仕様で、
デリートキーとバックスペースの削除の区別さえ
おかしなことになっているので、行間が異様に下へ伸びてたり、間が空きすぎたり…、
アップする前の下書き段階の見た目とは違った文字体裁で決定稿が出てるなんてことがザラで、
あとから修正することが多いんです。

さっきはひどかった~。

コピペした文章も全然決定稿の修正として出ないし、
どんどん文末がカットされて出るし、


ウラでなんらかの操作をしてなきゃ、
こう酷くはならないですね。

No title

> sho*ha*ng*5さま、なんか、記事を直接ブログへ書きみながらまとめていると、アップ後に文字がすごく小さくされていたり、末尾がカットされていたりして、
酷いんですよ。

ワードで下書きしてはあるんですが、
もっとパッパと貼りつければ良かったかな…と。

なんかウラで監視してることは間違いです。

No title

ネットゲシュタポだけじゃなくて、ネット検閲まで始まってたんですか。
知らなかった。
安部ネトウヨ様の大好きな中国みたいな国づくりが着々と進行してるんですね。

中谷の答弁、意味不明。
よくぞ起こしてくれました。
拍手喝采~

No title

引用枠を使うと不具合が多いけれど、今度のような文字の意図的アップ後の削除の様子は酷すぎる。

文字数オーバーでもない部分から切っている。

安倍に阿るのもいい加減にしないと、
アンタらの子供世代がボロボロになるよ、バカだね。

No title

ここの部分だけじゃなく、新規投稿記事に全部移し替えて載せようとしたら、もっとカットされる。

犬の検閲かね。バカみたい。

No title

ヤフーシステムの監視で文末が意図的に遮断されて文字を削除され続けている。

文末は、ここにコピペしておきます。

(厚顔無恥な政府の連中の認識はコレ)

黒を白と言い張る。

悪を善と言い張る。

戦争を平和と言い張る。

違憲を合憲と言い張る。

不義を正義と言い張る。

他衛を自衛と言い張る。

殺戮を防衛と言い張る。

侵略を解放と言い張る。

原発は安全と言い張る。



そうやって国民を欺く。

既にまともな判断力を持ち合わせていない。

狂人ムラの悪党内閣を根底から覆さない限り、

戦争法の廃案はない。



日本国民と憲法の存立危機事態を招いている張本人こそ、

安倍政府だ。
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR