fc2ブログ

国有地売却交渉に政治家関与(参院:小池晃質疑)

共産党の小池晃議員が舌鋒鋭く、安倍首相を詰問。鴻池氏からの情報入手により国有地売却交渉過程に政治家の関与が如実となった。




森友学園の件で、政府与党は参考人招致も証人喚問も
頑なに拒否しているという。
隠ぺい工作ばかりで、真摯に調査しようという熱意も誠意もない。

異常なまでに国の立証責任も調査も放棄すればするほど、
国有地不正売却が「安倍グルミの隠ぺい工作」である疑いが増す。
しかも、安倍首相本人に国民の疑惑の目が向かい続けることになる。
安倍首相が昭恵同様、ズブズブに絡んでいるから隠すのだろうと。
犯罪者扱いされたくなければ身の潔白を自ら晴らすのが当然の行為。
普段から「説明責任を果たす」と豪語していながら、
いざとなると「説明責任を放棄」しているという異様な状況だ。


(以下、持論)

鴻池事務所から追い出された籠池理事長夫婦が頼りにした政治家とは、
一体誰か。籠池自身が最も信頼し、応援する政治家ではなかろうか?
3月11日以降、急激に進展することになった売買交渉過程には、
政府与党の、それも、官僚の人事権をも牛耳れる強い立場の政治家が
深く関与したからにほかならない。

衆議院での質疑の際、『安倍晋三小学校の件で、籠池氏がひつこく事務所を訪ねてきたが、お断りした』という安倍晋三の答弁が気になった。
籠池夫妻のしつこい熱意に感動した結果、
女房の昭恵は名誉校長を引き受けたではないか。
それを夫として強く反対した・・という言葉は一言もない。
籠池氏がしつこくて不愉快なら、鴻池同様、出入り禁止にすれば済む。
「何度も何度もお断りした」=「何度も何度も話す機会があった」
結果、引き受けた。

『安倍晋三記念小学校』の名称は、2014年(平成26年)4月の段階から使っており、幼児らに馴染ませていた・・昭恵も感動して涙。
安倍晋三が、自身の名を冠した小学校建設のために全く動かなかったとは考えにくい。何故なら、自らの考えに共鳴し、教育者として、実際に国粋教育を実践し、改憲願望までも強力に応援してくれる籠池の熱意に政治家として全く応えず、無視し続けることができるだろうか? 

普通に考えてみても、子宝に恵まれなかった安倍夫婦にとって、
「安倍晋三ガンバレ!って、他人様の子供が応援してくれたのよ!」
「なんて素晴らしい教育だ!」
「ここはひとつ、未来の美しい日本のためにも、
 小学校の建設に協力しようではないか!」
夫婦ともどもそういう心理になるのではなかろうかな?・・と。

だからこそ、安倍昭恵は籠池からの講演依頼を何度も受け、
父兄からは講演料も貰い(公人として145万円も税金が支出され)、
晋三も、その行動を承認してきた。
そのうち晋三自身にも講演依頼がきた。
(塚本幼稚園には実際、「足を運んでくださった」という籠池氏。)

安保法の成立時には、子供を使って応援賛美してくれた。
幼稚園だけでなく小学校でも同じ教育をし、それを拡大させることで、
国家に奉仕する(国のために命を捨てる覚悟がある)立派な人間を育てられる(という思い込み)。

そんな(狂った)夢に向かい、籠池と互いに意気投合・共鳴共感しなければ、今回の件のような国有地を破格の値引きによって取得させ、出鱈目な金額算定をさせ、その交渉経過まで破棄させるような隠ぺいを行い、前任者の尻拭い役となった官僚らにまで、口封じのような答弁をさせて嘘をつかせ、疑惑が深まると、しどろもどろの被害妄想に陥るほど、ひた隠しに隠すことで国民を欺き、メディアに権力体制を擁護させ、そして自分自身も嘘をつき通すという「人でなし」の芸当が、誰にでも容易にできるものではない。

ただ、それが可能な人間がいる。これまでやってきた人間がいる。
平気で嘘を吐き続けてきた人間がいる。
嘘が許される最高権力者がいる。それを庇う組織がある。
頑なに疑惑を晴らそうとしない政治家がいる。
そして、言われてもいないのに「犯罪者扱いだ」「印象操作だ」と
意味不明な被害妄想に陥る人間がいる。
思い当たる人間は、ただひとり。

※事実経過以外に、心理面(動機)も考慮してみた場合の推理説。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

> sekiyannさんは、そこらへんも理解されてるので、さすがに見えてるなあ~・・と感心すると同時に安心していろいろ頂戴しています。
消される前に画面ごとキャプチャしたりして。

でも、
そちらの3連続削除はブッ飛びました(爆!)
笑っちゃ悪いかもしれませんが、大爆笑!

消す方も必死なんだな~って。
想像するとなんだか面白くなっちゃうタチなんで、お許しを~。

No title

> sekiyannさん、「安倍の次」って考えたことありますか?

なんかそっちもヤバそうな気がしますが、

「癇癪もちの幼稚なメディア工作総大将」が逝っちまえば、もう遠慮することもない・・・
という気もしますが、
例えば安倍よりもっと狡賢いヤツ(例:ハシモト)が台頭してきた場合、
これは相当に厄介なことになりそうですが、

まあ、なんだか日本人そのものが劣化してるから、安倍が反面教師になって、
別の方向へ軌道修正されることになるとは思います。

なんていうのかな~・・・

野蛮な旧体制のおさらい的な合理性は排除されゆく運命で、
もっとクレバーな、しかも穏健な方針で
世界運営していったほうが、
戦の処理に無駄金や人員使わなくて
そっちのほうが効率的じゃん・・という
新たな価値観の若い勢力がウラの大きなところを支配してくれれば、それのほうがずっとマシかな~・・・という。

断然、ソッチにのりますが、
旧態依然のやり方に洗脳されきった人々は
その変化に嫌悪するかもしれませんね。

トランプ批判がそのいい例ではないかと?

No title

> あさりさん、転載感謝

No title

> 無名人さん、ウン、そうかもしれません。

ウンヌンも読めない首相に、
あれだけ狡猾な隠ぺい工作の指示ができるか?
・・と考えたとき、
事務方への処理は菅の指示あたりで、
社交上の口利きは安倍・・といったところでしょうか。

売却時の承認に、財務省の事務方が関与しますが、そのときの事務次官は安倍第一次内閣時代の首相秘書官で、「アベチン大のお気に入り官僚」だったというから、手配に安倍が絡んでいないことはないと思います。

例の「忖度」・・とでもいうんでしょうかね。

安倍の意向に沿うよう、動いた気配が
やはり濃厚です。

No title

おはようございます

お倉キャスターの番組みております
やはり
テレビの衆知の
破壊力
すごいですね

ようやくです
このように
健全メデイア

あってほしいですね
解散

選挙
ちかづいてるハズですしー

NHKには小池百合子出演中です
田舎の県では
この時間
ありえませんね


日向路、晴れ

14℃[-1]
4℃[-3]

佳き一日を

No title

転載させてくださいね。

No title

実際に動いたのは、おそらく菅官房長官あたりだと思う。
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR