fc2ブログ

中途半端すぎる幽霊民進党。参院議員は離党して、立憲民主党へ行けば?

  • 2017-10-26 : 時事動画 : 編集✍

  • 安保法制(集団的自衛権の行使容認=戦争法案)強行採決の際、元自衛隊の自民党議員佐藤ヒゲ隊長から右ストレートのネコパンチによる後方支援をくらい、委員長席の背後へ転落したという、華々しい「強行採決阻止武勇伝」を誇る旧民主党(現民進党)参議院議員の小西洋之氏が、
    10月25日、外国特派員協会の記者会見に臨んだ。


    官僚経験もあるヒョットコ顔のコニタンが、頑張って理屈をこね回しながら自身の見解を述べ、「安倍のペテン」を世界に向け発信してゴザるのはヨロシイとしても、先の衆院選前の民進党ドタバタ劇(希望への合流)に伴う政党助成金の使途説明は、幾分ご都合主義的な矛盾があるように思われる。

    『小選挙区比例代表並立制』という選挙システム上、有権者は比例で政党名に投票し、その得票割合によって予め各政党が用意する名簿順に当選議員が選出され、晴れて国費から政党助成金が各党へ交付され、「党の綱領」に基づいて政治活動が約束(拘束)されるという趣旨(信義則)によって、所属する政党議員らへ資金分配がなされている。

    党の綱領に反することなく、且つ憲法違反でもない政治活動としての範囲であれば、他の政党または無所属として所属政党名だけを変更し、選挙戦に臨むに際しては従前どおり所属政党からの助成金の支出割り当てが認められ、離党でなく在籍した状態のまま、党の公認があれば違法ではないと、ざっとこんな内容でコニタンは正当性を主張する。

    一方、前原代表についての見解としては、民進党議員全員を「騙す形」で希望の党への合流を促した後、希望の党の綱領が民進党の綱領に反することがわかっていながら、選挙のために民進党の政党助成金を希望の党へ供託(提供)したとすれば、明らかに党の綱領違反であり、希望の党への入党の踏み絵として戦争法容認を受諾させる行為は、ほかならぬ民進党がこれまで主張してきた憲法違反を容認する行為になり、これも党の綱領・公約違反に当たるため、前原代表を告発することも辞さないことを主張している。

    『党の綱領』云々・・というお題目を前提にしているが、それでは、「無(党)所属」の場合は『綱領そのものが無い』わけだから、無所属で選挙に出る場合、そもそも綱領違反かそうでないかすら、判断しようが無いことになる。

    そうなると無所属で出馬する際に、それまでの政党助成金を『党の綱領』に基づいて使うのか、『無党の綱領無し』の状態で使うのか、はたまた、それが違法であるのか否かは、全く不明の状態となるため、国民有権者から見ると、離党もしないまま中途半端に所属政党を各自の勝手な都合で抜け出して、「無所属」という形で選挙に出ること自体、それまでの政党支援者や選挙協力者に対する裏切り行為になるのではないか。

    なによりも選挙において「有権者が政党名を記載する比例投票(の結果による議席確保)」を、過去においても反故にし、次の選挙においても反故にするという重過失的な信義に反する状態(不法行為?)になるので、投票の際には、果たして従前の党の方針のままなのか、無所属で綱領もないままなのか、さっぱり区別がつかない候補者に対して仕方なく従前の党の綱領を守ってるのだろうな・・と推察しながら個別に投票した結果、その候補者が当選した直後、有権者が比例で投票した(支持できる綱領を掲げている)政党ではないところへ勝手に入ってしまう...というケースもあり、そうなると、選挙前と選挙後の両方で、有権者は二重の裏切り行為を目の当たりにすることになる。

    無所属出馬の代議士が、離党しない状態でそれまで所属していた政党の助成金を自由に使うことができ、しかもそれまでの党の綱領をも完全に無視し、主義主張も選挙で勝つためだけにあっさりと変節させるという政治家の独善ともいえる勝手な振舞いに対し、有権者としては著しい不信感を抱く。「勝つため」に節義を曲げ、そのためには党の金(国の税金)も従来どおり遣っていいのだ・・という言い分が、屁理屈にも聞こえて空々しい。

    政党政治家としての綱領を自ら裏切り、他の政党の綱領がなんたるかも把握しないうちにさっさと党の代表が鞍替え(あからさまに移籍できないため無所属で)出馬し、党に籍を残しつつ「どこにも所属しない」幽霊代表の身分でありながら、在籍政党の代表ズラしたまま党の選挙資金などは従前どおりに分配する行為が、仮に違法でない(判断不能の不法行為)としても、道義的には決して正しいこととはみなされないと同時に、鞍替え出馬というのは有権者への裏切り行為だという認識が政治家らに乏しいことに愕然とするだけでなく、極端に言えば億単位の「政党交付金詐欺」になるという自覚など全くなさそうな政治家たちの神経こそが罪悪そのものに見える。

    政治家が所属政党の肩書だけを放棄する恰好で離党もせずに突然「無所属」に転向し、籍だけ残して従前の所属政党交付金を使い『党の綱領など捨てた状態で』選挙に出る。こんなことは本来なら許されるべきではないと思うし、国民有権者の政治家や政党に対する信頼や信用を著しく裏切るだけでなく、政党助成金詐欺に当たるのではないかと、痛烈に批判する次第。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    Secre

    プロフィール

    恋夜姫

    Author:恋夜姫
    恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    シンプルアーカイブ
    書庫~Category Bar Graph
    FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

    ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

    ブログの「お知らせ」(21)

    恋夜姫のアメブロ(1)

    「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

    ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

    TOPテーマ(7)

    トシの はじめ(1)

    主題歌 『新選組血風録』(1)

    燃える命 『新撰組血風録』(1)

    惜別 『新選組血風録』(1)

    時事動画(148)

    知っておくべきこと(233)

    土方歳三(真相追及)(15)

    2D(土方歳三)動画(7)

    土方歳三3D(試作2)(6)

    土方歳三3D(試作1)(3)

    デジタル・トーク動画(18)

    デジタル・ソング動画(3)

    ツバメのヒナ(2017年)(4)

    ツバメちゃん(2018年)(2)

    ツバメちゃん(2019年)(2)

    栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

    島田順司(沖田総司)(36)

    新選組血風録(77)

    燃えよ剣(43)

    俺は用心棒(36)

    風の新十郎(47)

    栗塚武蔵(35)

    帰ってきた用心棒(39)

    怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

    T 新選組~モユヒジカタ(39)

    暴れん坊の朝右衛門(26)

    スポーツ&遊ぶもん(44)

    浅田真央(17)

    羽生 結弦(16)

    漫画アニメ(29)

    ★J♪(11)

    3.11 追悼の歌(自作)(1)

    外部参照(2019年)(30)

    外部参照(2018年)(329)

    外部参照(2017年)(534)

    外部参照(2016年)(82)

    外部参照(2015年)(45)

    外部参照(2014年)(8)

    原発事故関連(180)

    デモクラTVネット放送(14)

    恋夜姫のFC2ブログ(3)

    ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

    3D 土方歳三 (10)

    ツバメの撮影(2020年)(0)

    3D 土方歳三 (試作3)(2)

    ツバメちゃん(2020年)(0)

    ツバメちゃん(2021年)(0)

    アニメ(0)

    ツバメの撮影(2022年)(0)

    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR