fc2ブログ

第12話…紅鼻緒(『新選組血風録』)




▼スライドショー(リンク)
http://pic80.picturetrail.com:80/VOL1925/11621644/flicks/1/8208428">http://flash.picturetrail.com/pflicks/3/spflick.swf? ql=2&src1=http://pic80.picturetrail.com:80/VOL1925/11621644/flicks/1/8208428
※↑コーナーに一時停止ボタンあり。
❤本来,白黒画像ですが,恋夜城ではカラー風の画像に変更試作中❤
❤CS時代劇専門チャンネル❤『新選組血風録』❤

(第12話)
▼履物屋・嘉助の倅(せがれ)清作(きよさく)は,病気の父に代わって店を継ぎ,妹のお加代とともに,商いで生計を立てていた。
しかし,倒幕・佐幕のご時勢に,祇園で女物の下駄や草履を売って銭を儲ける腰抜けめ!などと,通りすがりの侍達から馬鹿にされ,道端で蹴倒されるような有様だった。

▼沖田は,監察の島田魁が隊の用事で江戸へ出向く際,姉に京土産を届けて貰うため,女の好みにやたらと詳しい原田左之助と共に,町を歩いて品物を探していた。草履が良さそうだと思った沖田は,原田と付近の履物屋へ入る。店先で応待するお加代は,まだ接客に不慣れの様子であったが,
原田は,お加代に話しかけながら,その素直さが気に入り,身の上を聞き始める。お加代の母は既に他界し,病気の父を看病しながら兄と二人で履物屋をしているとの話を聞いた原田は,「京女は一見おとなしそうに見えても芯が強いんだな」と,益々感心し,土産物選びはそっちのけ。
結局,沖田が草履をさっさと選んだ。

▼店へ戻った清作は,以前から抱き続けていた「侍として身を立てたい」という願望を父に話す。先祖は「高田」という隠し姓のある武家の家柄だということを知っていた清作は,父や妹の心配をよそに,一念発起して商人をやめ,新選組に入隊することを決めた。新選組は,入隊志願者の身分や経歴など一切無視して隊士を募集していたので,商人の清作でも,武士になることが可能であった。しかし,隊士として採用されるには,相当,腕に覚えがなければならず,剣術師範頭の斎藤一が清作の腕試しをしたが,まるで見込みがなかったため不採用となった。清作は,斎藤から丁重に断られたにもかかわらず,いつまでたっても屯所から帰ろうとしない。

▼最初は放っておいた斎藤も,清作のことが気になって仕方がない。
沖田は,原田が巡察から帰ってきたら,うまく断って貰えばいいと提案するが,頼みの原田は,門前で兄の帰りを心配して待っていたお加代を見つけ,任せておけとばかりに,入隊志願の清作を入れてやるよう,近藤や土方に頼み込む。これを聞いた斎藤は,驚いて反対するが,原田から,かつて試衛館で,沖田の姉さんが土産に持ってきた大福を一番沢山食ったのは,あんただろうと指摘され,流石の斎藤も反論できない。

「沖田の姉さんが,そう仕組んだんだ,そうとしか思えん」

そう原田が言ったことから,近藤も土方も,江戸の試衛館時代を思い出し,淡い感傷を抱くと共に,妙な錯覚を起こしていた。沖田の姉さんと履物屋の倅清作は全く無縁であったにもかかわらず,結局,「沖田の姉さんに免じて…」という意味不明な理由で,近藤は清作の入隊を許可した。

▼「高田清作」は,当初,見習い隊士として仮採用され,御用部屋の勘定方へ配属された。帳簿付けや算盤(そろばん)など,商人の経験が生き,その仕事ぶりは的確であり,また,物腰の低さと謙虚な人柄も相まって,皆から「良き人材」として信頼を得た。やがて,僅かな期間で正隊士に昇格した清作は,実家の履物屋に多額の手当てを渡せるようになり,至って順風満帆のように見えた。

▼ある日,会津藩邸から公金を受領して屯所へ運ぶ御役目を初めて言い使った清作。運悪く,同行していた二人の護衛隊士が,帰り道で公金を強奪しようと,勢い抜刀して襲いかかってきた。運送に同道していた小者の半助は,隊士の一人に斬られながらも身を挺して公金箱を守ろうとしたが,清作は,隊士が刃を振り回して追いかけてきたことに恐れをなし,
橋の下を流れる小川の中を,ムチャクチャ必死こいて逃げ,公金を奪って逃走する隊士達を追うこともなかった。




▼このことは,一命を取り留めた半助の証言から明らかにされ,清作には,局中法度の「士道不覚悟」により,切腹の処断が下された。早朝,血のりを拭って刀を鞘に納めた沖田は,そこへ来た斎藤に,目をつむって人を斬ったのは,今日が初めてだと言う。清作が切腹できずに逃げ出したため,三人がかりで押さえつけたところを介錯したという。

「やっぱりあの人は,侍じゃなかったんだなァ」…沖田は呟く。




▼清作の存在が忘れ去られた頃,土方は斎藤を伴い,会津藩邸の所用へ出かける。その帰り道,待ち伏せしていた浪士数名に襲われた。が,全員斬り倒し,再び歩き始めたところ,土方の草履の鼻緒が緩んで切れそうになったため,二人は附近にある履物屋へ寄った。




▼店先には誰もいない。そこらに女物の草履が僅かばかり置いてあった。適当な草履を手にした土方は,それを斎藤へ渡す。斎藤が店の奥へ声をかけると,出てきたのは,お加代だった。しかし,お加代は,新選組の羽織を見た途端,驚きと憤りの入り混じった表情でじっと凝視したまま黙り込み,斎藤が値段を聞いても答えようとしなかった。お加代の不可解な様子に,土方は「新選組だ」と名乗るが,お加世は突然,店から去ってくれ(「去【い】んでおくれやす!」)と冷たく言い放つ。




お加代 「ようその新選組が,うちのところへ,
     草履なんか買いに来られたもんや」
土 方 「…」
お加代 「うちの兄さんは,新選組に殺されたんえ。
     うちの兄さんは,あんた達が殺したんえ」

はっとする土方と斎藤に,お加世は,「高田清作の妹だ」と,素性を明かす。

お加代 「兄さんの帰ってくるのを,楽しみにしていたお父さんは,
     兄さんのこと聞いてそのまま倒れて,死んでしまはった。
     あんたらは,兄さん殺しただけと違うえ,
     うちの父さんも殺したんえ,
     あんたらは鬼や,新選組は鬼や」




泣き叫ぶようなお加代の声に,ただ凝然と立ち尽くす土方と斎藤。

お加代 「あんたらは新選組の偉い人や,
     うちの兄さん一人位,どうでも出来たはずや,
     こんな履物屋の兄さんや,
     どうせ立派なお侍になれるはずあらへん。
     せやったら,仰山叱って,
     追い出してくれてもええやないか,
     なんで殺さなあかんのえ,
     うち,兄さんが,腰抜けでも弱虫でもかまへん,
     お父さんと三人で,
     一緒に,楽しゅうやっていきたかったんや,
     新選組がそれをめちゃめちゃにしてしもうたんや」
土 方 「…」
お加代 「早う去んでほしいわ,そんな顔みるのも厭や,鬼や,鬼や,
     鬼が草履みたいなもんはくことあらへん,裸足でええのや,
     裸足で歩いたらええのや」

泣き崩れるお加代。




土方と斎藤は黙って店を出た。

▼附近の道を土方と斎藤が,黙々と歩いてくる。
と,遂に土方の草履の鼻緒は切れた。

斎 藤 「きれましたな」
土 方 「いい,あの娘の言う通り,裸足で行こう」

土方は草履を捨てて歩み出す。
すると,後ろに人の気配が…。
土方と斎藤が振り返ると,離れたところにお加代の姿があった。
お加代は,じっと土方らの方を見つめたあと,
何かを地面に置いて,パッとその場から去った。
地面に置いてあるのは,新しい紅鼻緒の草履だった。
土方も斎藤も,ただ,無言のまま,それを見つめて立ち尽くす。




(了)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

過去記事内からコメントへ移動

2010/5/21(金) 午前 9:21
前回も,その前も,ビッシリ書きすぎて,ブログの制限文字数5000字を遥かにオーバーしてしまい,
カットするのも一苦労な状態でして…好きでやってるけど,くたばりそう…(^^ゞ。
画像も色付けが難航して,遅いうえに中途半端でゴメンなさ~い。
次から次への連チャンなので,実のところ,半分も使ってないの…(-_-;トホホ。
そんな具合ですが,今回のお話は,比較的単純なので記事は手短に。
血風録の中では,ラストシーンがとても印象に残る,好きな作品なので,画像も若干多めに。
色々迷ってしまって,なんかやけに手間取った…一服したい~(ToT)~でも次は副長久々の出動。
栗ちゃまがまた,カッコイイし…またメロメロでヘロヘロの恋夜。

No title

E2様,お久しブリ大根(^^ゞ…お元気でなによりです!!
恋夜がヘバリそうなところを,タイムリーにお声をかけてくださいまして,有難うございます。
もうね,なんか,我が道を行ってるだけみたいなので,
ちょっと面白みに欠けてて,なんだかなの世界です(^^ゞ。
血風録の細部まで見ていたつもりが,スカスカだったことに気がついて,いろいろと勉強している(つもりの)恋夜です。

おそらく,こんな長いの,誰も読まへんで…(ーー;)…と,思いつつ,
遅れないよう,今からまたTVへGOです!!

No title

恋夜さま、ジャイアントご無沙汰になってしまいまして、申し訳ありません。
血風録、毎回長文にてのご紹介、作品を愛するゆえ手抜きもなさらず、
たいへんなものだと思います。
どうぞご自愛なさりながら、無理せず続けてくださいませ。
天候もまた不順ですので、なお気をつけてくださいね。

No title

みっちゃん様,いつも温かいコメントありがとうございます。短時間でも爆睡し,部屋の相違などしてPCから離れると,また元気になる恋夜ですので,なんとなく大丈夫です…かな(^^ゞ。

実を言うと,島田さんのほうが,栗ちゃまよりバシバシ撮り易いんですよ。画像でアップしていないものも沢山あるので,
またいつか出したいと思います,

「強襲十津川屋敷」でも,
島田さんが「だってそうでしょう?」というときの表情が,
まあ,なんて可愛いらしいんでしょう!!…と,
ついつい注目しちゃいました。
勿論,その画像も今から出しますね。

No title

恋夜姫様 いつも島田総司ファンの私目をメロメロにしてくださる総司画像有難うございます。今回も胸キュンです。「侍でない人を斬る」やり切れない想いが伝わってきます。毎回楽しみにしていますが、恋夜姫様、相当お疲れご様子ご無理をされませんように。
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR