fc2ブログ

悪の美化

再来年(2012年)NHK大河ドラマは,
      たいら の  きよもり 
 『平 清盛』
 
だとサ…。
別に,ナニやろうといいんだけどね,
 
平家と敵対した甲斐源氏一族の
流れを汲む恋夜としては,
血が逆立つ感覚を覚えてしまう…。
 
何故か…
その理由は…
平  清盛
武士のヒーローでR!




































 
などという超善良イメージで
PRしやがったからだッ!!
オコルトクチガワルクテスミマセン
 
 
…(゜o゜)絶句!
 
 
R伝もそうだけど,
どうも最近,歴史的認識の重視よりか,
史実をやけに美化する傾向にあるのが
妙に気になる。
もっとも,新選組や土方さん達にしても,
かなり美化されてはいるけどね…。
でも,それとは少し質が違って,ウケ狙いの作為を感じてしまうからイヤだ…。
 
そのうち,
大東亜共栄圏構想に基づく
 
かつての大日本帝国による侵略戦争も
随分と美化されっちまいそうで,
 
 
恐ろしくなる…。
 
武器商人が巨万の富を残したら,
その裏で,
巨万の人民が犠牲になっている
ということ。
美しいだけの権力者など,
存在しない。
遅かれ早かれ,盛者必滅の運命にある。
 
 
 
奢る者,久しからず…
ただ,春の夜の夢の如し…
 
 
「平家物語」は,
平氏をヒールサイドに置いて
描かれているから,
実在した平清盛像とはかなり違うと思う。
 
 
とはいえ,
当たらずとも遠からず…
火のないところに煙は立たない。
 
 
 
一族が滅亡の道を辿った歴史的な
背景からすれば,
それ相当に諸行無常の響きアリ…
 
 
権力の中枢は,ドロドロの
権謀術策渦巻く駆け引き地獄…
裏工作は当たり前,
人を蹴落として
(昔はブチコロシテ)
生き残るのが掟の世界…
 
それ故に,
 
昔の
悪夢の処世術を
現代人が
知ったかぶって
美化して賛美する
わけには参らぬ…
ましてや,
そんなものの
 
滅びの美学を
描こうと狙ってる
意図が
マル見えでイヤだ
と,ちょっとだけ
ほざいとくでござる。
多分,タイトルだけでイラッとくるから見やしないけどね
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

くるる様,沢山コメント頂戴し,有難うございます
まずは,日付の古いほうからリコメします…(^^ゞ。

最初と最後に登場しましたね,島田さん…ああいう展開だと,
そうだろうな~と思っていたとおり。
話の中身にまで出てくるかな…と期待したんですけど,
それはなかったから,ちょっと残念(^◇^)…でも大いに笑えました。

藤田まことさんの主税が,女性スキャンダルを恐れて,必殺女房とネンゴロしないあたりが面白い。
流れで他の未亡人年増女(永山さん)と一夜を共にする…そして,彼女がブチコロされたあとで仕事する…という安易な展開だったけど,
「菅井さん」とか「村上弘明さん…じゃ,ないですよね」などと,役者さんの名前を劇中で言うあたりが…特に爆
スペシャルなのに,時間が短く感じられるほど,全体的に面白かった。

No title

なんて言うか。。。あの島田さんが、島田さんだと、、、
生スタッフで通るじゃん!な、島田さんっぷりが、吾輩にはSP<スペシアル>でありました。
でもきっと、藤田まことさんも「スミマセン、偉そうにさせていただきます」だったかもしれないって想像しました。

No title

必殺SP見た…面白かった
でも,特に記事で上げるまでもなし…島田さんが本スジにもっと出てればね…残念(^^ゞ。

No title

くるる様,島田さんの「必殺監督SP」というのは,
多分,ソレのことですね…(^^ゞ。
再放送らしいので。
最近記事出すこともなかったし,ま,島田さんが面白かったらアップするかな…ってところです。

最近,更新する気が全然起きなくて,裏で遊んで(修行)ばかりなので…どうかなあ。

No title

N劇のダークヒーロー、ですか。
多分、何年かあと時代劇専門チャンネルで見て文句言うと思います(^_^;

「島田さんの『必殺監督SP』」って?なんですか?
時専の「必殺SP」タイムスリップの話で島田さんが監督役で出演してましたがそれとは違うんですよね?
姫のupが楽しみです(^^)

No title

ろくりん様,やっぱり恋夜,テレパシーみたいなものでも感じるのかな…つい最近,ろくりん様のお名前をチョイチョイ思い浮かべることがあったりして…(^^ゞ…ほんとに奇遇です。
(実は,他の方のお名前も,コメントを頂く前に,チョコチョコ浮かんでくることがあるんです。摩訶不思議)。

タイガ…のみならず,あそこの局は,最近ニュースからしてヘンです。
ワイドショーのような小間物を使ったり,
表現が大げさだったり,
海外のネタばかり流したり…国内のことが疎かで薄い…。

致命的にタイガを見なくなったのはいつ頃だったか…そうそう,
今話題のボコボコタコ殴りされて顔面重傷を負ったエビゾー氏のムサシの頃…いやいや…武蔵は武蔵でも,カミカワ武蔵の頃あたりから,もう見るに堪えなかったかもしれません。
もっとも,栗ちゃまの武蔵も「あんまりだあ~」{{s366}}でしたけど…栗ちゃまがカッコ良かったからアレは良し(^^ゞ。

島田さんの『必殺監督スペシャル』…録画予約しました(*^^)v…楽しみです。
情報ありがとうございま~す
面白かったら,記事に取り上げるかな。

No title

くるる様の仰る通り,「今」の時代に作るモノの多くは,どうしてこんなに軽くて薄くなっちゃったんでしょうね
現代ドラマにしても,コミック本あたりからチョイスするもんばかりだったり…時代劇なんか,もう現代の若手には雰囲気を出すことすら難しいのかな…なんてガッカリすることが多くて,ちょっと見ただけでイヤになっちゃう…頑張って演じているだけでも偉いな…と,誰にでも一応は思うんですが…残念ながら,その場所で生きてない(-_-;)…いつでも現代社会に生きているタレントさん達がなんか芝居してる…という顔しか見えないんですヨ…恋夜には。

いつの日か,このコは凄い!と唸れる人やモノカキや演出などを見てみたいんですが…どうやら,そういう本物の根性は,
こんなに軽い現代社会の中では,唯一,スポーツの世界くらいにしか見られませんです,ハイ。

No title

karutamago様,こちらにもコメント有難うございま~す
多くの新選組作品の場合,「誠の武士らしく生きる(死ぬ)」姿や生き様が,たとえ個々に不器用であったとしても,
たとえ最期は不様に散ってしまったとしても,
日本人の本来持っている誇や我慢強さ,義理堅さを感じることができるし,そこに退廃の美を見出すこともできるものですが,
キヨモリ(現代調でカタカナの方がいいかも)は…そう,仰る通り,そのシロアリ貴族になり下がった。
それを,今更「武士のヒーロー」だとか言う神経がトントわからんです…あ~アサちゃん斬ってェな(-_-;)。
最近,民放でも,ダークヒーロー的な主人公が登場しているようで,タイガまでその真似しようとしてるのか…なんにしても,致命的に痛そうな気がします…シチョーリツ(-_-;)。

No title

futacoro改めろくりんです、お久です。来年の大河は女性のドラマ、これどうもコケそうな気が・・元トレンディードラマ女優を使うんですってねえ・・・私が大河見なくなったのは恋夜城さんの書かれたのが大きな理由なんです。何でもヒーローに仕立てるのもねえ・・で島田さんのブログに書きましたが島田さんが撮影所の監督になり主水を演じてる現代の役者藤田まことと競演する変わった必殺、今度の土曜の早朝午前3時に時専chで再放送あるようです。ちょっと不思議な必殺スペシャルでした。

No title

時代劇のみならず、作る側の価値観と見る側の価値観にズレがあり、また「物語」としての密度も希薄になってきている気がしています。

大きな俳優さんがご逝去されるのが続いておりますが、その寂しさとはまたちょっと違う、「今」自体の薄さが淋しいです。

No title

そうですよねぇ。最近の大河、見るに堪えないです。
龍馬伝しかり、直江さんしかり、美化しすぎですよね。
もっと、主人公の子供っぽさとか、わがままとか、憎たらしさ、
残酷さとか出したって、いいと思うんですけどね~。

新選組は、己の真実に従って生きたと私も思うんですよ。
己の真実は世間の真実ではないかもしれない。でも頑なにそれを
貫いたあたりが、やはり魅力的なんじゃないかな。と。
彼らはだれよりも武士らしくあろうとした、反面、清盛は晩年
貴族であろうとしたんですよね…武士なのに。どうもそれが
私には受け付けられない気分です…。

あとはそんなのを打ち消すような、オーラ俳優さんと、
オーラ脚本家さんがいないのもあるかもですね。
個人的には独眼竜政宗がいっちゃん好きでした~。

No title

ちょっと言い過ぎたから消しちゃった…(^^ゞ。
西田さんは,ウチでは通称「ドテカボチャ」さんという呼び名で親しんでおります(^^ゞ。
「オカカッ!」の時からです。

あと,上のほうで,中井貴一さんのお名前が「喜一」と誤記ってました(-_-;)…イカンな~。

なんにしても,「時代劇」やるからには,もうちょいソレッぽくしてほしいです。髪型とか,地毛で茶髪でモロ現代風のカット…なんてのもあるし…,
見ていておかしいと思わんのかな…(-_-;)…ショボい。

No title

N大にはとっくにアイソつかしている吾輩ですが悔しくも「新選組!」は見てしまいました。でもN時代劇って、センス悪いし、だだ流しにしておいて受信料を請求する態度が許せない。だいたいがコンテンツへの愛情が感じられないんです。吾輩は西田敏之の西郷でゲロ吐きました。

No title

ヤボテンさんも途中で嫌になったタイガ…(^^ゞ。
その昔は,平将門や源純友という,国家権力に対抗し,転覆させようとする,一種の反逆児のような者も溌剌と描かれていましたが,
今は…髪型からして現代調で…もうソレ見ただけでゲンナリ…。
戦場で「愛情」を語る有様には…もう絶句…(ーー;)。

少なくとも,中井喜一さんが演じた『武田信玄』では,
「人の性は悪なり!」なんて主人公に言わせて,敵を滅ぼすという壮絶で残忍なシーンがあったけど,戦国時代の掟のようなものと,見ている方では,ちゃんと捉えることもできた。
直江は,ガキの頃のシーンから,恋夜,もうダメでした。

No title

ヤボテンも平家はあんまり好きではないですね。去年の直江兼継も現代風に美化されてたけど、もうチョッと考えてほしかったです。
そもそも人間なんてきれいな部分ばっかりやないでしょう。ある程度汚い部分も評価できてこそ、ホンマもんの愛でしょう。100%善人面してる直江はあんまり魅力が無かったです。途中から見なくなりました。

No title

来年のことを早々言うと「鬼が笑う」というけど,
再来年のことを早々言うと,ナニが笑うんだろな…
アクマでも笑うのかな(^◇^)。

No title

デスラー総統は,最期,美化できた。

No title

見たくもないもののために,強制的に視聴料払わされてるのもイヤだ。BSは,まだいいけど。

No title

(-_-;)かつて「人斬り集団」と揶揄された新選組を,
「誠(義)の集団」として描いたように,
「悪」のイメージのあるものを「善」で捉え直そうとする試みを「挑戦」としているようだけど,
後世に語り継がれた悪行の事実を真綿で包むように隠して,
善行を中心に描いて賞賛されるべき物語にする…と,
一見,どれも同じようではあるけれど,
致命的に違うところがあるように思う。

権力闘争に負けて賊軍扱いされ,
後世の記録で悪評が残されていたとしても,
武士として,誇り高い生き様を貫き通した事実が語り継がれていたならば,それなりに見直されてくるもの。
ところが,
手練手管を弄して権力の座に就いた過程を,
ヒーローなら,しょうがないよね…なんて,賞賛できるか否か…。
ましてや,「平氏でなければ,人にあらず!」とまで言い切って,反対勢力をことごとく追放した御仁を,
果たして賞賛できるのか否か。
そして,そんな奴の築いた権力が滅びるのを,美しいと思えるのか否か…。

先入観がありすぎるのかも知れない。
けれど…
少なくとも,恋夜には,清盛の「善」扱いは無理デス…(-
プロフィール

恋夜姫

Author:恋夜姫
恋夜姫Fc2blogへようこそ! Yahoo!ブログサービス終了に伴い、こちらへ記事を移行しました。今後ともヨロシクお願い致します。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
シンプルアーカイブ
書庫~Category Bar Graph
FC2移行後の記事(政治・経済・時事)(143)

ひめくり雑記(ヤフーブログから継続)(984)

ブログの「お知らせ」(21)

恋夜姫のアメブロ(1)

「土方歳三の謎」FC2ブログ (1)

ブログの概要(ヤフーブログ時代)(1)

TOPテーマ(7)

トシの はじめ(1)

主題歌 『新選組血風録』(1)

燃える命 『新撰組血風録』(1)

惜別 『新選組血風録』(1)

時事動画(148)

知っておくべきこと(233)

土方歳三(真相追及)(15)

2D(土方歳三)動画(7)

土方歳三3D(試作2)(6)

土方歳三3D(試作1)(3)

デジタル・トーク動画(18)

デジタル・ソング動画(3)

ツバメのヒナ(2017年)(4)

ツバメちゃん(2018年)(2)

ツバメちゃん(2019年)(2)

栗塚 旭(栗ちゃま)❤(69)

島田順司(沖田総司)(36)

新選組血風録(77)

燃えよ剣(43)

俺は用心棒(36)

風の新十郎(47)

栗塚武蔵(35)

帰ってきた用心棒(39)

怪談 首斬り浅右ヱ門(5)

T 新選組~モユヒジカタ(39)

暴れん坊の朝右衛門(26)

スポーツ&遊ぶもん(44)

浅田真央(17)

羽生 結弦(16)

漫画アニメ(29)

★J♪(11)

3.11 追悼の歌(自作)(1)

外部参照(2019年)(30)

外部参照(2018年)(329)

外部参照(2017年)(534)

外部参照(2016年)(82)

外部参照(2015年)(45)

外部参照(2014年)(8)

原発事故関連(180)

デモクラTVネット放送(14)

恋夜姫のFC2ブログ(3)

ツイッターまとめ記事(保管用)(239)

3D 土方歳三 (10)

ツバメの撮影(2020年)(0)

3D 土方歳三 (試作3)(2)

ツバメちゃん(2020年)(0)

ツバメちゃん(2021年)(0)

アニメ(0)

ツバメの撮影(2022年)(0)

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR